2020年02月05日

それぞれの生存競争

おれたちに乗っかって「commute & spread & survive」したいコロナウイルス、successfulにことを成し遂げてる。

これ、ひょっとして「olympiad」中止になる可能性だってあるね。

習近平の来日はもう無理だろう。今、海外に行くと、欧米だが、差別に遭うだろうね。

ミクロネシア連邦はこちらの国をChinaとともに「危険国」に認定した。この危機感のなさ、ユルさ、外から見たら「けしからん」と思えるのだろう。

検査キットがあまりに少ない。陽性・陰性判断にものすごい時間がかかる。ワクチンは・ない、これから。

国内もそうだが、豪華客船、大変だ。広義の「閉鎖空間」だし。おそらくまだ陽性は出るよね。そうなると、どんどん感染は広がり、延々と続くだろうことは容易に想像できる。もう2週間で収束するわけがないよね。3700人というから、ちょっとやそっとでは彼ら全員の解放はない。気の毒だ。殺人事件とか起こらなきゃいいが。

ウイルスの戦略とは「commute & spread & survive」なのであるから。乗り物の理想は「死んでもらっちゃ困る・時々やりすぎるけど、あ・ごめ〜ん、じゃ次行ってみよ〜」である。情緒はないのね。感情も。

ウイルスも必死だから、政府も必死でやんなきゃあかんでしょう。本気で国民を守りたいなら。守ってるフリだけなら別だが。


今日は京都だったが、帰りにスジカレーうどんを食って店を出たら「にわかに」寒くなった。阪急でもドアが開くたびに冷たい空気がツーンと入ってきて、久しぶりに「冬」を感じた。今日感じた寒さは「冬の終わりのコンチクショー」なそれだった。一番寒いのって2月でしたね。


一般の風邪とコロナを「混同」しちゃいかんが、なんとなくウイルスには追い風吹いてる・そんな気がする。



















posted by 浪速のCAETANO at 20:29| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする