2020年02月14日

4コマ授業で疲れた・今日はO11o Anniversario

クソ維新(クソという形容がこんなに似合うparty・ないなあ。全然使っても後悔しないし、やりすぎ・とも思わない。清々しいぐらい『そぐっている』)の足立とpmによるCommunist Partyへの公的な場での中傷、ないな。

志位くんはもっと怒ったらいい。怒っているが、もっともっと怒っていい。

もう辟易してるんだが。ゲー吐きそうなほど。


おれは大阪市民。mayor/governer/prime minister、全て「ありえない」のよ。こんな不幸・なかなかないで。自分の頭の上がこんなに「腐臭」漂うのもなかなかないよ。救いは腐臭および香りというものは「上へ」と登る。コアは上へ。その名残だけが下へ。これ・上で嗅いでたら「死んでる」よ。

不幸中の幸い・ってどこが幸いやねん。


おれは連立政権に「Communist Party」が入るのは賛成だ。芯がある唯一の人たちだから。


太郎ちゃんがpmとなり、小川淳也くん、原口くん、志位くん、山下くん、辰巳くん、宮本くん、石垣くん、宮本徹くん、川内くん、黒岩くん、田村くん、穀田くん、山際くん、そして「顧問」には小沢くん。そんなおれが評価する人々でCabinetを構成し、国民のための政策を次々打ち出し、国債をバンバン発行して、国民の「足りないとこ」に投資し、こちらの国を再度、「先進国」にというか違う違う、「生まれて初めまして」『先進国』になっていただきたい。まあ・おれはクソジジイになってると思うが。まあ安心して死なせてよ。


pm一味が従来的な「保守」を崩してしまったのにも関わらず、かつての「保守」なんてもうグダグダになっちゃってるのだ。だから今保守であるからとかそうでないからとかはあんまり「関係」がない。今は「生活」こそが大切なの。

変えないでいいとこいっぱいあるからね。StaticなDynamismとでもいうかな。そこにい続けるためには動き続けてなければいけない・みたいなこと。それは一件一件の個別具体的な話・であることを再認識してさ。Policyありき・ではないの。


Go・Bernie・Go,やっとアメリカに「社会主義」が根ざしてきた。だからね、資本主義と社会主義は「どっちがいい」なんて頭悪い議論はもうやめましょうよ。結論はどっちも「良くない」。だからそのsomewhere in betweenを固定せず、うろうろすればいいのだ。っていうかそれ以外ないのだ。

他にはもうないの。かつての「知見」で必要十分である。経済理論もマルクスとケインズがあればいいのだ。MMTも問題提起の根源はマルクスで、そのコアはout of ケインズである。

今またどんどん危機に近づいてるの、自覚してますか?新型肺炎ウイルスの対処に顕著だが、本格的に「間引き」にかかってるよ。間引かれたくないねえ。

国内でどんどん感染を放置というか「進めている」という評価だけどね、おれから言わせると。


3/11が現政権であったとしたらもっとひどいことになってるね。間違いない。菅も枝野もそれに比べれば殊勝によくやったと思う。これがabe/sugaチームだったらもっとずっとえらいことになってるよ。それは「確信」してる。

これから出勤。まあいつものやうに、少数精鋭第ゲリラ部隊の方々と、ね。















posted by 浪速のCAETANO at 20:39| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする