2020年02月20日

幸せ・ってさ

うい〜、5:30起き。「night life」がなけりゃ、楽勝だろうなとは思う、年齢的に。だがね、意外と夜・長いんだよね。

で、睡眠時間が縮小される。かてて加えて、肩・腕の「激痛」がある。もう痺れなどという悠長なもんではなくなってきている。寝返りが打てない。「寝返り〜を打った〜」などという曲もあったが、それはhistoria#2に入ってはいるが、そんなことではなく、おれは今「生命の危機」に直面しているのであって、な〜にを大げさな、そういう奴もいると思うが、ちょっと待ってな、その立場にならないとわかんないことってあるのよ、わかる?昨夜でいうなら、店に顔だしたから帰って0:30、そこから「ジブンノミ」は控えた、おれには珍しく、なぜか?5:30起きだったからだ、その上で、まあ歯磨いたりとか、寝る準備をしてる間に30分ぐらいは過ぎるし、オンザベッドに至ったとは言え、すぐに寝れるとは限らないし、そして寝れた・としても、腕が「しびれ〜痛み」で目が覚めるし、で寝返りを打てば「首に激痛」であるからそうなればもう「寝れん」のよ。


この三ヶ月でおれの「QOL」は激しく低下してしまった。三ヶ月間あってない人(店長以外の全ての人)ならある意味ショッキングに見えるだろうし、初めて会った人々には、「終わりかけのオヤジ」に見えるだろう。来年度の出講が思いやられる。おれは無意識におふくろの寿命に自分のそれを「順応」させようとしてるのだろうか?

そうかもしれない。


若い時代のtoo much なhappy happy radicalが「デフォルト」となってしまった身の「ザマアミロ」なのだが、でもさあ、いい思いをしてきたからいい思いをさせてあげれるわけで、そういった、「正の連鎖」は『絶対に』悪いことじゃない。『GIFTの受け渡し』と言ってもいい。


まあ人生50年・60年・70年・80年〜100年ともう「ちょっと待ってよ」なのだが、100年はちょっとな・やで。それは一種の「greed」である。結果ならしょうがないが。だけど、それが幸せかね?幸せ・って一体何?過去からずーっと揺らぎのない「幸せ」なんてあったの?何かの不足があって、それが補われるときに「充足という名の幸せ」がポッと生じるという気もするんだね。私見ながら。


幸せな状況というのは「ちょっとか激しくかは色々あるが、辛い状況が訪れ、それになんとか耐えれる体力精神力を備え、で最終的にそのマイナスが充足される」ということではないかな?


今日も国会は「ひどい」。京阪特急で行き帰り見聞きし続け、京橋でのビール・酒のハーフタイムの間も、帰って塾生待ちの今も見聞きし続けている、

ヤンキーが街中で、おじいさんを殴るとか、そのようなことに心痛めるのもありだとは思うが、それらは「ここ」に端を発するのだ・という意識を持って見ている。見てるからなんなのよ・と言われれば「え〜っとね・・・」と言葉に詰まるんだけど。

















posted by 浪速のCAETANO at 16:01| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイジョブデスカ?

宴会の見積や明細を隠す人と
コロナの対策を指揮する人が
同じ人ですが大丈夫ですか?」


No name, No face.

posted by 浪速のCAETANO at 06:36| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする