2020年03月13日

バカがばかに

バカがバカを注意してなにか効果があるのか?

バカ1)=pm.バカ2)=まさこ。

普通なら、辞任。昨日、pmのぶら下り、記者団が質問しようとした際にも、言うだけ言うて帰りやがったあの男、NHKのairでは、記者の音声を消し、なんの質問もなく「円満に」会見が終わったかのように「edit」されていた。一般には全然ざわつかない。

「ぶっ潰す」の人たちとはここで意見は合う。後は、死んだ方がいいヤツらだが。

「作り変える」がいいかな、ホントはね。あるいは政治部だけをぶっ潰す。岩田だけを国外追放する、でも随分風通し良くなるだろうね。

ところで森雅子、怖い。「ブリ声」で答弁しているが、ある委員会で「超低音」で話していた。恐ろしいほどの「低音」だったよ。

こんな女に「死刑執行」されたくないよなあ。

森をはじめ、稲田、片山、杉田、小野田、松川、ldpにおけるfemales、共通の属性がある。

もちろん、pmのpreferenceもあるだろう。だが、それはこういうことね:

「旧い男社会(昭和の、あるいは明治のと言ってもいいと思うが)の中の女性の「制限的な」役割」で、近いと思う。

ldpという旧くさい、旧すぎる、集団、これはこちらの国の「あかんところ」を象徴していると考えるが、こういう慣習と言ってもいいんだろうと思うが、今もなお社会の様々な中心点に「蔓延」している。蔓延なんて言葉を使ったが、目に見えないものでもあったりするからvirus的でもある。

opposite partiesで言うなら、クソ維新を除けばどれも憲法を(男女equal)しっかり守ってると思うよ。

政府与党が、世界の潮流から、ひどく遅れ・ズレてるっちゅうのがこちらの国の現状。ダッサ〜。

実家に行ってる間に状況は変わった。

米日の株価の垂直落下、大恐慌である。21世紀にも「black Monday」があった。そら、あるわね。

リーマンクラスのショックがあれば増税は控える。それがお約束だった。それが、増税したらブラックマンデーなんてね。「マヌケ」にも程があるということね。「貧すりゃ鈍す」なんて諺か格言かわかんないが、思い起こす。

dtがolympiad延期、の言及をしたことは大きい。もうみなさん「今年は無理」ってのは暗黙の了解だったろう。もう辞めていいとおれは思ってるが、というのは、たとえ来年に延期されたとしても、おそらくドケチ国家の財政対策ではこちらの国に、五輪開催の「体力」はもう残っていない、と思うから。

日米とも、と言うか、全世界的にGDPにおける「内需」は60%ほどもある。中にはアラブの産油国のような例もあると思うが、OECD諸国の中では共通といったところ。ここでは「現金をばら撒く」「税を下げる」しかないのだ。早くやれよ。

国の借金など「どーでもいいのだ」。550兆のGDPの国において、借金が30兆ほど増えたところでハイパーインフレとか、なるかよ。こう言うことを言うヤツは「全員、財務省のイヌ」であるからね。慶応の土居とかですが。

本日も「法務委員会」で森雅子が「吊るされて」るが、かわいそうとか思っちゃいけない。さっきも言ったように、この女は「死刑執行」を決断できる立場にいる。そしてpmのイヌである。pmの逮捕・起訴をさけるための人事(言い出しっぺは官邸だが)を「主導した役割」これが今回の芝居内容である。おれの知り合いに「ナカ〜た」というバカ役者がいるが、ナカ〜たが、それに比べたらロバート デ ニーロに思えてくるほどの「超三文芝居」である。おれ今、冷静さを失くしたかも知らんな。

まあいい。藁人形答弁の連続で、「ビンタ」したくなってくるんだよね。

そんなんが現キャビネットには多いね。

posted by 浪速のCAETANO at 17:17| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする