2020年03月14日

こちらの国とは真逆だった


・非常事態宣言を発出
・ロッシュと協力して検査数を増やす(日本が断ったやつ)
・グーグルがアプリを作って検査や診療を受けやすくする
・ドライブスルー式の検査を米国各地で導入する(日本がバカにしてたやつ)
・韓国を参考にする。


ドナルド・トランプ


posted by 浪速のCAETANO at 14:31| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Go!Bernie.Go!

Now is the time for solidarity. We must fight with love and compassion for those most vulnerable to the effects of this pandemic.

今がまさに連帯の時だ。わたしたちは愛と共感を持ち、今回のパンデミックのもたらすもの対して、もっとも傷つきやすい人々のために戦わなければならない。


Bernie Sanders
posted by 浪速のCAETANO at 13:16| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だって そおゆう くにだもの

セメント屋には「国民を助けよう」などという良心はハナっからなく、えだのは経済がわかってなさ過ぎる。

かつて、「えだののようなアベシンゾー」が出現したら「一番怖いな」と思ったことがあった。えだのもまた国民の敵であることが顕在化してきた。PBの黒字化・など、バカじゃないの?だとおれは思ってる。ビンボー人はほとんど「死に絶えて」しまうだろう。

野党第一党・っていうのは「楽しい」のだな・というのが「国会watching」を続けているとよくわかる。「負け癖」のようなものも最近は付いて来てる。抵抗のフリでおのれの存在感をかろうじて成り立たせている。まあ・なんとか与野党均衡まで持っていかないといかんな。皆さん、次の選挙は投票行ってくださいね。「決められない・政治」ぐらいでちょうどいいのだ。さほど良くもならないが「最悪もまた」ない。これがこの7年間で「身に染みた教訓」ではないのかな。

憲法の「緊急事態条項」ではないとしても、法律でも「民放の放送内容の変更」の可能性を政府は否定しなかった。なんで、そんなんに「yes」って言うかな?野党第一党という立ち位置が「快適」なのだろう。早く太郎ちゃんに戻って来てほしい。切に願う。

プロレスではなく、手加減しないシバき合い・が見たい。

野党・特に立憲の議員の質問は「溜飲が下がる」ことはある。皆さん真っ当な感覚を持ってることもよくわかる。能力はおそらくldpのそれぞれの二倍はあるだろう。ただし代表が政権を取る気がないことが周知されてしまった以上、代表選挙をした方がいいな。とっても静的になっている。ダイナミズムが顕在化しない。マグマは感じるんだから、若手に暴れさせてほしい。山尾志桜里、小川淳也、石垣のりこ、暴れてほしいね。小川くんはどうかな?女性議員頑張れ・といいたい。

しかし、今太郎ちゃんが全国行脚して政策提案していたことが、そうしなければ「どうもならん」状況になっている。本人はmmtとは言うとらんが、その理解もだいぶ進んだ。今もなおミクロとマクロの違いのわからん「石頭」はいるものの、「貨幣はまず政府(中央銀行)が発行する」という「イロハのイ」が「う〜ん・そーかも〜」と感じてる人も多いんじゃないかな。

10〜12月期の『ー7,1%』に加えて、新型コロナのダブルショックは「リーマン以上」であることがもうすぐ表面化してくる。ものすごいことになる。1〜3月期は「−10%」ではすまないだろう。怖いね。梅田なんかの「店の閑散」は「恐ろしさのサイン」よね。まあうちの店とかはそもそもが「低値安定」だからいいんだけどさ。

うちの店のお客にはそんな悲壮感はあんまりない。「恵まれている」のだろう。まあ余裕のない人はうちみたいな店には来ないだろうけど。

大雑把ではあかん気がするけどね。


なんでこちらの国で「pcr検査」が活性化しない理由がわかった。やっぱり予算をつけてたから。送ってもらった機器はないない・使わない。新型コロナもまた「カネ」へと繋がっている。醜い構造。



『だって そおゆう くにだもの』
posted by 浪速のCAETANO at 11:37| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しゃーない

「だってそおゆうくにだもの」


みつお(うそ)
posted by 浪速のCAETANO at 08:38| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする