2020年04月30日

Look for the silver lining in the darkness

仏壇のある奥の座敷で、作業をしているが、腹が減ってリヴィングにいくと、お袋と話をする。

TVをつけると「コロナ禍」だらけであり、なんとなくふたりとも不機嫌になっているのに気づく。

だが、コロナが悪いのではなく、コロナに適切な対応をせず、未必の故意を貫こうとする政府に絶望とイライラが募っていることに気付いた。

昨日の森ゆう子議員の「で、いったいこの国に何人の感染者かいるの?」の質問に政府は答えられなかった。バカにも「程があった」。ヤマ勘で、やってんの?

医療従事者には負担ばかりを強いて、インセンティヴはスズメの涙。他国とはえらい違いである。「英雄的行為」だよ、彼らが今やってることは。

こちらに来て、ハシシタ、ヨシムラ、マツイの人気が結構高いことに、ビックリ。大阪の知人もまた「騙されつつ」ある。

CSISルートから、なにかの「指令」が出ているとしか思えない。あるいは、そのルートは「二股」かけたのかもしれない。そっちかな。pmのオルタナティヴをハシシタにする。そっちルートにとっては「安泰」。おれたちにとっては「別の地獄」。

ヨシムラくんの、会見にやられてる人、多いね。これにはpmの「不甲斐なさ」が一役買っている。そのオルタナティヴが維新とは。

そんな人は、おそらく「十三市民病院」をなんの打診もせずに「コロナ専用」と発表したことや、これまで大阪の病院のベッドを減らすことにものすごい「情熱」をかけてきたことなど、知らないのだろう。大阪は「ほんと・心配」。

土曜日のお昼の「関テレ」、ヤバい。日曜の朝の「フジ」もヤバい。大阪ではどちらも8channelだったね。

9月入学やgo toなど、なんかさ、気が紛れたいみなさまには効果的なんだろうな、と感じる。息が詰まるもんね。だが、先ほども言ったように、コロナが閉塞感をもたらしてるというのも正確には違って、その対策が、どんなシロートさんにも、遅い、十分じゃない、大日本帝国、なことが「閉塞感の正体」だったりするのよ。

この時期に「公的医療機関のベッドを削減のための費用」が644億円も計上されてることが「正気の沙汰」とは思えない。


みなさん、「looks 保守」に騙されすぎではないかなあ。これには「病理」をおれは感じます。


保身に回るのは政治家だけじゃない。専門家委員会の委員たち、「4日の発熱」言ってないよ〜、はあかんやろ。カマヤチ、突っ込みどころ多すぎ。

アメリカの400兆超の積極財政、これはまちがいなくBernie Sandarsの功績だ。

緊縮財政の嘘にみんな早く気づかないと。国の借金はみんなの資産。それで、これから「経済成長さえ」可能になる。気になるのは「供給能力」だけ。コロナでそれが消滅する蓋然性が。


遠隔授業にも流石に慣れた。od大の「無理難題」もひと波終わったかにみえる。緊急事態宣言はanother 1 monthだろう。

この、収入「0」の4月も終わり。なんとか生き延びた。

5月からは、不自由なりのやり方をそれぞれが考えることだろう。

もうおれたちは腹を括って、コロナは「そう簡単に「終息」はしない」。「こんな端金の給付ではとてもじゃないが生きていけない」。「もっと金を刷って配るしかない」。そんなことをいろんな場で訴えていくしかないね。


また、別の観点に立つなら、資本主義が終わるのとこちらの国が終わるのとどっちが早い?今のHarshな資本主義ではない、もっとマイルドな何か、これに多くの人が気づき期待するようになる、そんな可能性もあるとおもう。少なくない人がそれには気付いている。多くは知性的な人々。それに乗り遅れた人たちはハシシタに騙されるだろうが、しかし、「底が割れる」のも早い。大きな失望が待っている。学習しないとね。


まあいい。期待はしない。先祖の祀られている部屋で曲を書こうという、「ない体験」をする気満々である。


そして次の配信は「リアル・マルタニカズ・ソロ」であるよ。ほとんど「1人」で全ての楽器もミックスも、そんな一枚です。ちょっとだけ期待して!
posted by 浪速のCAETANO at 17:13| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さて、いかほどの人々が、、、?

人間は自分の運命を支配する自由な者のことである。


カール マルクス
posted by 浪速のCAETANO at 09:42| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

マイナス40%と報じられ

アメリカの4〜6月のGDPを「マイナス40%」と予測している。

450兆の財政出動のアメリカでこの惨状である。翻って、こちらの国。ショボ過ぎる、どケチ国家の、この程度の財政的措置では、と考えたらクラクラくる。ふーっ、となる。

今をみなさん凝視してみてくださいよ。

お客の数半減どころじゃないやろ?「9割減」なんて言ってるお店だらけなのね。

アメリカでマイナス40%、だとすると、こちらの国は「マイナス70%」ではないか?

まあ、正直に言わんだろうが、政府は。

キャッシュフロウが止まってしまってる。お金が「消えて」しまってるのだよね。

こちらの国の落ちた分のGDPと同額を「刷って・配る」以外に「何がある?」

200兆要るんじゃないかな。ほんとに人と国を「救う気」あれば、ね。


でもその200兆の「鶴の恩返し」が意外にも即効性をもって現れるんですけど。目先ケチる。、が最も頭悪い。
posted by 浪速のCAETANO at 09:15| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バカが構成するバカの国

バカなんじゃないのかな?と、前から思っていたが、やっぱりそうね、だよね、と再確認をするわけだった。

何が9月新学期なのだ。アホの高校生の「短絡的」な呟きに、「制度を変える」→「カネの匂いが」そんな反応であることは、まあわかりやすい。


まあ、みなさん、経験ないことへの、論理的想像力を使えないのが悲しい。哀しいの方が近いな。


もう、戻れないのよ。


9月へ、は、先送り、であるとともに、そこに乗っかってるヤツは「グローバリスト」である、ということね、憎むべき。


先送り、というのは、誰でもわかるかと思う。第二波、第三波の「飛んで火にいるなんとか」となる。半年前(現在)のことの3割減での「リピート」となるだけだ。


これは「現実逃避」。わかりやすいね。


で、もひとつの方を言うなら、もう散々手垢のついた「グローバル スタンダード」への擦り寄り。

それ、やっちゃダメ、ロクなもんじゃない、って教訓を「もう忘れてる」。

あのね、こちらの国は今「閉じながら、腐っていってる」その仕上げの時期なんです。


腐るものは消えていき、腐らなかったものは、見えないものはアメリカが、見えるものはChinaが、おれたちを「鳥葬」の死体のようについばむことになる。


多くの方が半年先への論理的想像力さえも持ち合わせちゃいない、ことが露呈した。

わかってたよ。



posted by 浪速のCAETANO at 08:51| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

アホがねっ!

もう、基本的に「イヤな仕事」は一切したくなくて、それで餓死しても、別に、なのに、イヤじゃないことの裏に「イヤ過ぎる」もんが待っとった、おれを。
これも「コロナ禍」の為せるわざ。

もう戻れないんだね、おれたち。

おれは、もう昔から、こんな国、こんな社会は終わる、終わる、と周囲の人間に言ってきた。

「普段、楽しそうって言うか、アホみたいなんですけど、なんで真剣な話になるとsoooo pessimisticなの?youは」よくされた質問だが、「いや、普通考えたらそやろ」の一説が説得力なかった過去に比べて、もう雲泥の差のあるいま現在。そんなん、当たっても嬉しないわ。

先取りをする。先取りし過ぎて、飽きた頃に、アホよりちょっと先行ってる商売上手に上前はねられ続け、だが、いまはビンボーがカッコいい。

分からんやつはわからんでいいのだが、かつておれが金持ってたころは、カネ持ってる方がカッコ良かったのよ。

でもいまは、令和新撰組と共産を支持するのがカッコいいのよ。これ、わかんなけりゃ、もういいです。もういいですぅ。

優れてコロナ後への先見的対応なんだよ。

新自由主義、と言うかね、資本主義ですが、もう「御臨終」でしょう。チーンでしょう。

拡大再生産、無理でしょ、どー考えても。

やめよう、いい機会だ、

おれは21世紀は「分配の世紀」であるよ、と事あるごとに言ってきた。過去blogでも何度も言ってる。何百度も、かな。

まあ、空気に向かって言う、喋る、最近は「歌う」まで、何ともなくなってるが、だはは。


長崎で、coworking spaceに通いながらテレワークをやりつつ、録音をする予定が、大学がミョーに張り切って、ガチガチの非対面授業のマニュアルを作りやがって。その対応に追われてる、って言うか、ヤメろよ、イキんなよ、ばーか。

なんか非常勤イヂメ。わかりやすい。イヂメられといたるわ。

なんか、大阪にいる方が全然楽だった。タイミングだね。別にいいけど。

昨日は過去5年で最も忙しかった。情け無くもあった。

だが、もう忘れた。

アホがいいねっ!
posted by 浪速のCAETANO at 22:46| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西の端から見ててもそう見える

CNNは、昨日、日本駐在の北朝鮮専門の特派員が長めの時間を担当して、日本におけるPCR検査の操作ほか、様々な問題を指摘し日本はもう持たないという意味を含ませた報道をしている。

CNN

CNNのほかも既に同様な見解で、海外メディアは、もう日本は破滅一直線という判断をしている。
posted by 浪速のCAETANO at 08:41| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

んなアホな

東京の感染者は激減ではなく、単純にPCR検査を超絞ったか、ウソついてるか。
posted by 浪速のCAETANO at 01:06| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

脳が痺れる

「自粛要請」とか「電話帰省」とか何語なん?

おれ
posted by 浪速のCAETANO at 10:12| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんどん値打ちを下げて何が嬉しいんだろう?

ドイツで報道
「政府から汚いマスクが配布。」
posted by 浪速のCAETANO at 07:06| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだバカが40000000人、ふぅ〜

Japan, Morning Consult poll:

PM Abe (LDP-Conservative) approval 

Approve: 31% (-3)
Disapprove: 60% (+7)

(+/- with 07/01/20)

Fieldwork: 21/04/20
Sample size: 3,129

#Japan
posted by 浪速のCAETANO at 07:03| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

何してんの?

あー、もーぐったり。

大学のwebclassのrésuméの作成に追われてもう死ぬ。

15日分てvolume。そんなんもっと早よ言うてや。

実家でのwihi環境整備だ、と思いモバイルルーターを買ったのたけど、最後のアクセスポイントネームで止まってしまってる。

で、その作業もまたwifi環境の下でしかできないわけで、pcもiPadも持って来てるのに、実家ではスマホのちいちゃな画面を見ている。

アホみたいである。

いつまでこんなことすんねん。

コロナで死ぬ前に貧乏で死ぬ前に過労で死ぬのはいやだ。

おれが過労て。笑かす。

明日でなんとか終わりたい。なんでこんなに仕事してんねん。意味がわからん。

おれ、誰やねん。
posted by 浪速のCAETANO at 21:42| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

長崎にて

長崎に来て1週間。

お袋の介護の方がいらして、「あんたが大阪から来たから、2週間、無事じゃないと介護は出来ません。」と言われる。

正論。

ですよねー、と言う。

長崎は、市内の感染者は1人なんだけど、クルーズ船が3桁単位の感染者が出てしまって、TVの都道府県感染者ランキングで中位まで一気に駆け上がってしまった。

変な感じだ。しかし、船のヤツがちょろちょろしてた、という情報もあり、ちょっと不穏な空気感だ。

おれは、モバイルルーターの設定が出来ず、駅前のコワーキングスペースに通っているが、昨日甥っ子と飲み過ぎて、今日は断念。

明日からまた。


大阪のバカが、「言うこときかない店の名前を公開」。らしいね。府民の中に「敵」を作る、が維新のやり方。

公務員にはじまり、今回は店。村八分政治というか監視社会を作り出すやり方。まあしかし、大阪府民はgovernorに見合うバカの人々多いから。その証拠に、governor、評価が高まってる。

数日前に予言した、維新とユリコのタッグが、ldpのオルタナティヴとして大っぴらに語られだしてる。

「検査には行くな」と散々言っておきながら、おのれが36.8度でびびってPCR検査受けたのがハシシタくん、だけどね。

pm一味のイヤーな資質をさらに表面化させた政党が「維新」である。

より、あからさまに「ナチス」に近い、とおれは思いますが。しかし、みなさんを覆っている閉塞感は、その出口を求めている。その出口でトラップ仕掛けて待っているのが、彼らであるが、そこまでみなさん客観する目はないだろうね。

いや、グローバリストですよ。わかりやすい。

大阪のベッド数を減らすことに異常な情熱を傾けていたのが、彼らだしね。

あいつらのけんか腰のツイートもゲー吐きそうだし、特に極道右翼のmayorは、アホすぎて、ツッコミどころ満載。


外からだとさらによーく、見える。


連休中はすべての交通機関がストップするみたいだ。

長崎はその時どうなってるのだろうか?
posted by 浪速のCAETANO at 14:28| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ldpとか維新とかのグローバリスト、目ー覚ませよ、ええかげんに

このパンデミックを機にグローバル化は「民主主義を蝕んでいる」と言い「終わりに近付いている」と言明する時代になりました。


あのグローバリスト、マクロン(仏)でさえも。
posted by 浪速のCAETANO at 13:47| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

アホがpm・は「災難」

「他国が緊急対策を打っていた間、何一つ備えをせず、安倍首相はオリンピックのことしか考えていなかった。準備できたはずの時間を無駄にし、患者数が激増。医師の防護服さえ足りていない日本」


CNN
posted by 浪速のCAETANO at 17:16| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

on marutanikaz historia #1

野田達哉くんが、昨日の文章について書いてくれていた。

彼はノーコメンツ、ノンカテリアンズを経て、A Decade-IN FAKEの2代目ベーシストとして参加。

まあ、当時、お互い「トンガった」やつ同士、会えばボロクソに言い合うが、ボトム オヴ ハートではリトル ビット オヴ リスペクト、みたいな。

モデル女子の奪い合い、とか、まあ楽しかった、バカ時代、またsavvy編集長次代は後に「束の間のiyashi」となる連載をオファーしてくれたり、なんやかや色々世話になったし、今もなってる。

まあ表現者って、特におれたちの世代は自分でパプリシティのようなことは苦手。P&Gの若手有望マーケティングマンだったおれも、仕事なら出来るが、おのれのことになるとからきしダメ。

まあでもね、全12枚のアルバムがアヴェイラブルとなった後、腰を据えてちょっとした「世界向けキャンペーン」を始めようと思ってる。

今回からがその「配信」は面白くなる。

marutanikazのコムポーザーとしての「天才性」がわかりやすいと、思う。

配信は一番下のそれぞれのアドレスから。

じゃあ、野田くん、いつものように:


「昨秋から雑誌やネットメディアとファッションの仕事を少し減らして、音楽配信の仕事をスタートしている。

昔、一緒にやったアーティストたちの作品がオンライン上にないまま忘れられていくのがもったいなくて、その手伝いになればと思って始めたのだけれど、これがなかなか難しい。単に配信してもアーティスト本人がSNSなどに慣れていないと、ネットの藻屑となる。

俺自身はファッションと寝たからどうでもいいけど、40年近くミュージシャンを続けている友人たちは、みんなそれなりに頑固で簡単には時代や社会に媚びない。自分の宣伝は決して上手くない。

85年頃にノンカテリアンズが解散。京都のニューウェーブシーンを離れて、大阪のインフェイクに加入したときからの付き合いだからもう35年。ステージ衣装はマルタニはGRASS MENS、俺は古着のどちらも肩幅の張ったダボダボスーツだった。

自分のタイムラインで配信情報を載せないのは彼の頑固さか、ネットを信頼していないのか?

STOP MAKING SENSE!」

<iTunes>

<spotify>

<mora>
posted by 浪速のCAETANO at 07:08| 大阪 | Comment(0) | The LABEL Rafflesia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

第5弾は「marutanikaz historia # 1」

まあ、お暇な方だけお読みくださいね

The Label Rafflesia 第五弾は、「marutanikaz historia # 1」。一連の配信、この辺から実は面白くなります。

今日配信開始される作品群は、#4「parabola spins」より少し(2〜5年)前に書いた曲です。

これから書くことはですね、前提として「ヒトの細胞は5年で入れ替わるとするなら当時からすると6〜7回は入れ替わっていてもう既に当時のマルタニカズと今のマルタニさんは・別人である」ということですので。もう当時のことは完全に相対化されてますので、そこんとこ、誤解なきようによろしくお願い申し上げます。

この時代、まあ自分で言うのもなんだけど、各方面で「発情」していまして、もちろん曲を書くということに関しても次から次に「湧いてくる」そんな状態で、「曲を書く・詞を書く・アレンジする」と同時に頭に中で16チャンネルで音が鳴ってた。

一緒に音を出す音楽仲間(それも凄腕の)がいて、みなさんにプレゼンする時にはほぼ完璧に頭の中で出来上がっていたから、みんなかなり楽だったと思います。

自分自身は興味の赴くままに世界のPOPを聴いていた。そして触発され、曲を書き、詞を書いてた。世界のリズムっていうのは、元punkには「えっ、こんな関節の曲げ方あったの?!」喩えて言うなら。まあしかし、驚きは一瞬で次の瞬間には血や肉になる、そんな回路が体内にできてた。たまに食い合わせ悪くて下痢したけど。

こちらの国で、「だ〜れもやってない音楽を」やってる、そんな自負もありました。確かに、その後、おれたちみたいなバンドは見たことがない。後にXOUちゃん(岩田晶くん)が21世紀入ってからだけど、かつてのレパートリーを別のメンツと演ってるのを聴いて「Banda Mel」みたい、なんて言ってたけど。

じゃあメンバー紹介をしておこうか;

Dr.北林純、B.友野修平、G.カオリーニョ藤原、Vl.HONZI、Vo.&dance Sheila D.、Per.Vo岩崎秀昭、milkman斎藤と亜熱帯horns&G.Key.Voマルタニ。(guestとしてG.アンツ元木)

ここで聴けるのはA Decade-IN FAKEの後半からSonna BANANAまでと思っていただいていいです。Fandangoでバナナ投げてた頃ね。Switch関係の東京のバンドとよく共演してた。ヨタロウちゃん以外のメトロのメンツや一色さんたち、だけど、ダイナミズムにおいては負けると思ったことは一度もないです。この頃かな、Switchのライターに腰にガンガンくるサウンドなんだけど「クールな歌詞がきらりと光る」なんて形容されたのは。

曲解説;

コンドル1、 コンドル2。この録音は、よく言ってるけど1986年。ギターはカオルちゃんではなく大槻トリオ。Keyは丸谷功二。

エポックメイキングな作品だと思う。ロックバンドが本来持つべき「雑食性」、おれたちにおけるその始まり「えー?そっちも食っちゃう?」「まあなんでも食ってみようよ、とりあえず」そんなアティチュードの始まりになった2曲です。

コンドル2は後によくやることになったが(珠玉のBoleroだけど)、コンドル1のオリジナルが「やっと聴ける」ことになりました。ロックにしてはちゃんとラテンだが、ラテンというにはロック過ぎる。今思うのはそういうこと。ライヴでこの曲で目の前で踊り狂っていた数十名の妙齢女子たちのことを懐かしく思い出すけどね。marutanikaz のLatinの原点かな。Sentimiento、最初っからわかってたよ。

いろんなところで言ってるけど「David ByrneのNaked」は1987年ですからね〜。その「含むところお察しくださいね〜」。よろしくお願い申し上げます。

次の4曲とアルバム最後の「スカイジッパー」は「一塊の録音」。神奈川の「なんちゃら温泉(忘れた)」そこから大阪のInterlink で仕上げた。

「ant=man(ありにんげん)」LmagaだったかMeetsだったか忘れたが、袖岡くんが「ありにんげんで騒ごう!」か、なんか書いてたな。カオルちゃんのセネガル風のリフが大変良いね。

「SM Rumba」「手錠はメディア」普通書けんよね、こういうの。マルタニさんの声、史上最高にガッツに溢れてる。インターのsaxはなんと「Ganz toi ✖️3」の足立っちゃん。頼みもせんのに神奈川くんだりまで付いてきて頼みもせんのに吹きやがって予想に反して一発OKテイク。ようわからんわ。

「Hard Core」「一緒にお医者さん行ってね」ふつう書けません(というか書きません・やな)こんな歌詞。今の「南部を目指せムーヴメント」の無意識的出発点なのかな、と思う。カオルちゃんのスライドとベーシックのみごとなアンサンブル、CASIO CZ230という名器の47番の音があって初めてできた曲。Casio、えらい!I miss u.
ナーヴカッツェ参加。

「Endorphin」Zouk(punkyじゃないzouk)。Fandangoの終わりかけ、去年・一昨年と何度も出たが、オールドスクールな人々にはこの曲が(コンドル2はおいといて)nostalgia だった。

この辺り、mixは杉山勇二。らしいMIX。

ここから2曲は「CVS Cowboys」の前身The Vibratoorsの録音@Studio Ant‘s mixed by 前川典也。

「バタームーン」。イタロ・カルヴィーノ好きが昂じて極初期(mid 20s)に書いた曲。take2。実はこの曲、take3までありまして、その2番目の録音。北林純の「ブラシ捌き」聴き物ね。

「10$少女」この曲もいろんなversionで演奏しました。その中でも珍しい「reggae (元々はgogo)」アレンジ。

「Who am I?(ワタシ誰アル?)」mixed by ZAK。この曲の熱量はすごい、と思う。録音がこの曲だけだった/1日、というのもあったかな?にしても、おれたちの90sの「PEAK」がこの曲だった、で合ってると思う。ここのリズムはアレだけどそっちはソレで、あれっセカンドコーラスはコレやんか、みたいにリズムの専門家、分析してごらん。これ見よがしにやってないとこがわかりにくいけどね。

ひょっとして、おまけつき?

「shoot〜veranda」marutanikaz 初めてのBossaNovaです。90年の作品。shootはカオリーニョとの共作、verandaはマルタニさんの。初のボッサとは言え、この完成度。

「sky zipper」某企業のCMに使われそうになった。folk rock。「一筋のサイレン、、、唇にサイレンス」。ナーヴカッツェ参加。

以上marutanikaz historia # 1について、でした。読了、ありがとね。 76DBA11F-83CC-4D7F-843C-17893C0B869C.jpg



posted by 浪速のCAETANO at 14:33| 大阪 ☁| Comment(0) | The LABEL Rafflesia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Très bien

DB89BBAA-4CFF-4C20-937D-479B15CC5659.jpg

わかりやすく:

1.個人商店に、すぐに100 万円
来週中に、賃料2か月分を緊急支援
2. ひとり親家庭に、さらに5万円
5月分の児童扶養手当に上乗せ(約10万円支給)
3. 生活にお困りの方に、さらに10万円
生活福祉資金利用者への追加支援


明石市。素晴らしくって移住したい。山田くん、ええとこ住んでるね。
posted by 浪速のCAETANO at 07:50| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カスの大元

52086D6A-2A39-433D-9083-945116946ED8.jpg
posted by 浪速のCAETANO at 07:47| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カス

BDFA25B0-87DD-4129-BE1E-822814FA764D.jpg
posted by 浪速のCAETANO at 07:46| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更なる給付を素早く・何度も

『神の見えざる手より、政府の見える手』を!

posted by 浪速のCAETANO at 06:51| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

国民がちゃんと権力を持つ国。羨ましい。

Japanese「コロナ対策で韓国すごいよね❗️」

Korean「文大統領は多分、国民が怖くて必死に頑張ってるんだと思うよ。前の大統領が今どこにいるか、知ってるでしょ…?」
posted by 浪速のCAETANO at 09:34| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

コロナ後(楽観版)

くそfascistのくせに、緊縮財政には反対とかだからややこしいのである。
例えば、西田昌司とか。

どこからどう見ても「くそfascist」であることは間違い無いのに、国債のこと、よく分かってる。

他は「ニワカ反緊縮」もおおいのだけど、ヤツは本物。

ではなんで、fascistになるかがようわからん。


おれはもう、反緊縮で、リベラルというより「プログレッシヴ」。


れいわと共産党しか「信用できない」。外見で判断しちゃダメよん。大抵、太郎ちゃんの「お話し会」見てない・共産党の綱領変更、知らない。

なんかそっち方面アレルゲンの人多いんだけど、まあそんなひとこそ、次、ハシシタに騙される。まあ、騙されといて。同情なんてしないから。

国と大阪の共通点。平時に「危機を煽って」、有事に「役に立たん」。

それがわかんないようなら、もうお終いよ。決して幸せはやってはこないでしょうね、あなたの元へは。もう、どーでもええわ、そんな人々。

でも、いつか「覚醒した」暁には、コロナが治まってたら「Hug」しましょうか。


大学がK大は5/18、O大は6/1から始まる、と報告が来た。

塾関連は全て「テレワーク」にしているから、そして店も17〜20時営業というとこだし、もう大阪にいる意味ないじゃん、と長崎にいる。

モバイルルーターを注文しているがまだ「SIM」が来ない。というわけで、駅前の「coworking space」のニワカ会員になって、そこで「テレ授業」をしている。毎日「通勤」です。人生は何が起こるかわからんね。

長崎市は在住長崎市の人の感染は未だ起きていない。気のせいか、空気が「澄んでいる」かのように感じる。いや、リアルにそうなのだと思う。


が、イヤな兆候もまたある。パスタであるとかラーメンとかが「品薄」になりつつある。

大変重かったのだけど「Roland 1680」を担いできた。実家で録音をしようと思ったのだった。ただ、この機材はおれのミステイクで「初期化」されてしまっていたのだった。北村先生からもらった方持ってきたら良かった〜、と嘆いても後の祭り。

今Rolandに「Re-Formatting 」の方法を訊いている。それがもしできたら、録音をしよう。「Godin」のアコギを借りて、エレキも借りパチしている。keyboardは買った。明日くる。リズムマシーンも持ってきた。マイクも持ってきた。奥の座敷にぜんぶ今置いている。仏さんの部屋である。「橋本多佳子」の句が額に入ってたり、床の間には「四国八十八ヶ所巡り」のうち「八十六ヶ所分」の印の並んだ掛軸も掛かっている。


滞在予定は未定で、予備校たちの予定次第。まあどっちでもいいです。


コロナ後の社会は(世界は・でもいいけど)変わってなきゃおかしい。新自由主義は相対化されているべきだと思う。自然にそうならんかねえ、とまあおれのいつもの甘ちゃんはそうおれに言わせるのだが、そうでもないのかな?


コロナ禍においても、「ちょっと金持ってるヤツが助かって、ビンボー人が死ぬ」、。これが新自由主義的社会の推移であるが、圧倒的な医療現場の貧弱と感染者の多さ、を思うに少々の小金持ちがその「恩恵」に与れるかねえ?そんな疑問がある。

そんなこともあるにはあるだろうけれど、それ「一色」では無いのでは?

十分、小金持ちも「死ぬ」のでは?まあ年齢の問題もある。


新自由主義はbottomに降りていくと「人よりもちょっとでもいい思いを」という「マスク・トイレットペーパー状況」となって現れてくる。

まあそうは言うてもそんな綺麗事では済まんよ、そんな意見もわかる。だが、コロナ後とは、「綺麗事が」説得力を持つ時代にしなければならない。コロナという世界中に蔓延した厄災の処理後ということだから、そこに生きる人々も「the next corona」の出現は十分予測でき、ではそれにどう備えるか、となった時には、世界中で協力・とならなければおかしい。

今よりも、「有限な資源をより平等なやり方で」とならなければ、今回の被害の教訓がいかされないことになる。もちろん、今回の被害がもし偏在化するとしたら、そのことと新自由主義の関連はもちろん誰かによって論じられるに違いない。それは思想的に大きな潮流の一つとなるだろう。

グリーン・ニューディールとも親和性があるしね。アメリカにおける「Socialism」ともね。

より、富の偏在をなくす方向に行かないと、「みなさん」の利益が損なわれる。「自分だけ」という感覚が「だせー・サイテー・アウトオヴデイト」そうなる。

綺麗事は再度力を持つ。でなけりゃ、生き延びてもしょうがなく無いですか?おれはそんな風に考えてるけどね。



posted by 浪速のCAETANO at 14:29| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

officeは倉庫とちゃうしな

カッパ30万枚
医療崩壊とともに市役所崩壊」



@大阪市
posted by 浪速のCAETANO at 09:21| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

外の目は客観

政治がコロナ対応を遅らせた日本
経済を優先し五輪延期まで検査をせずに感染者数を隠蔽。コロナは今爆発的に増加。コロナ増加は、コストを重視し安全性怠った結果起きた福島原発事故と同じく政治責任による」



仏ル・モンド誌
posted by 浪速のCAETANO at 21:30| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性格としては憧れる、が。

「This invisible enemy is tough,smart & vicious.」

dt
posted by 浪速のCAETANO at 17:43| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

can identify "who" with ease

「世界一間抜けなファーストレディー」

その夫:

「臆病でナメクジのように遅い」


ロイター通信
posted by 浪速のCAETANO at 15:05| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの口喧嘩レヴェル(恥)

「布マスクに466億円という問題が…」

朝日


「御社の公式サイトでも3300円で売ってましたよね」


安倍晋三
posted by 浪速のCAETANO at 09:38| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優れた手段。身近はダメ

「辛いと思った時には、その辛さや怒りを「辛い!」「ふざけるな!」と政治にぶつけるのは優れた手段です!」

ある精神科医。
posted by 浪速のCAETANO at 09:32| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

特定感染症なんだから

10万円はいいとしてもなんで「30万」無くすかな。それバーターなん?目的が「随分と」違ったんじゃなかった?両方いると思うが。

バカのオンパレードで呆れる。で、なんでそれ・出し渋るかな?

バカは何?ウシ?サカナ?え・マスク?マスクに500億使うバカが太平洋のこちら側にいて、600億で「ECMO」30000台買ったdtが太平洋挟んで向こう側にいる。

マスクの間に10万はさむ・ぐらいの「気の利いたこと」せえよ。嵩張るんなら政府小切手でもいいのでは。

で、それ・いつなんですか?補正予算やり直す・とか言うてるけど。speedってわかりますか?「speed」のやつおったんちゃうん?ジョークにもならん。


だけど10万円ぽっち、なんになる?「大火事に目薬」みたいな。



『裏話』

「今・やらないと私も総理もおしまいですよ」言ったのは公明・山口。山口はskg会から「選挙協力しないよ〜」と脅されてたみたいね。しないでええやん・公明党。君らが離脱して総選挙突入しようよ。


やっぱ、pmという人間は、とんでもないサルなんだな・とこれはメタファーではなく。そして、ものすごく「ズレてる」。もちろん、奴が庶民であるわけないけどさ。あの「イヌが犬を撫でる」は見事に国民の気持ちの逆撫ですしね。camera by 誰なん?


10万円にかかる予算は12兆。「108兆」って威張ってたやん。嘘を言うな・と思うなあ。同時に、こいつに「騙されてる」国民って、どんだけアホなんだろうと思うが。

過去・民主党に、現在・pmに・未来・ハシシタに。いつでも騙される。いつまでも気づかない。どこまでも騙される。どこまでも気づかない。

新自由主義者の「顔」挿げ替えても、気分が変わるだけなんですけどね。あ・気分だけでいいんだろうね。


10万円・一回で終われるなんて・あり得ない。あんさ、ホンマ・アホだと思うこと言うときます。


その後、コロナが長引いて(長引きますが)給付金をさらに配らなくてはならなくなった時(なります)、それに関わる「事務経費」ってのが要るね。

10万✖︎3回と30万✖︎1回とどっちが「安上がり」?

と書いて気づいたけど、この「コンセプト」だね。ちょっとだけでも目先の経費・とショボい利益に目が眩み、利益を減らす・大損する、そういうタイプなんだな。

感染症学会のおっさんらも「科学者」じゃないね。十分「政治的」。御都合主義。まあ、感染症学会=731。最初っから「原罪」背負ってるような団体ではある。


その裏で「黒川」のこと、種のこと・進んでるんじゃなかった?憲法改悪もね。もう全てを「正す」なんて無理なんだね。Japan型民主主義の機能不全は誰の目にも明らか。一つの政治項目が他のヤバい政治項目のスピンとなり、またそれは「都合によって」入れ替わり。おれたちにとって「いいことな〜んにも」ない。

「黒川」に関して;

『検察法改定案』が衆院で審議入り・もうしたのかな?これはホンマのヤバいやつ。検察上層部の人事に内閣が介入できるようになる・というもの。「三権分立」などもう「絵に描いた餅」となる。公民の教科書には「三権分立的」な、とか「三権分立を目指して」とか記述されることになるだろう。「なんちゃって三権分立の〜」でもええぐらいだが。

大阪の公立中・さすが・なのだが社会の教科書「育鵬社」である。フジサンケイグループのおぞましいマークがプリントされてる。中身もまたおぞましい。政党ポスター、pm・前原・山口・ハシシタ。以上。ldpのポスターのキャッチは「この道しかない」だった。ごっつい「偏ってるよ」さすがは「維新の大阪」でしょ。どの都道府県よりも「大日本帝国」なんだから〜。


最低の国民に即った最低の政府。その証拠に「コロナの治療に当たって要る医師・看護師の家族に対する差別」の横行。コンビニ店員に対する蔑視。最近は対抗策なのだろう・もんのすごい愛想・悪い。悪くもなるわね。

そもそも、おのれの身が可愛すぎるあまり、ハラスメントがあちこちで起こってるこのクソ・メンタル。終息してもこんな国に「未来」があるとは思えんな〜。

あとひとつ。なんとなく理不尽に思うこと:

PCR検査なんだけどね、「陰性」だったら請求は「124870円」ということみたいです。特定感染症なんだから、国持ちにしてよ。






















posted by 浪速のCAETANO at 13:35| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

不都合だが、真実は

「Korea」の総選挙、投票率・2/3だってさ。何もかも、おれたち「置いてかれてる」けどね。


70%近い投票率。このコロナ禍において。「情熱」の問題もあるかも知らんですね。

民主主義の根付き・とはこういうことなんだよね。こんなことを言うと「ムカつく」人いるかと思うが、事実だね。その人たちには不愉快な事実。

だけど、pmがあかんか〜、だったらハシシタに熱狂、そんなもんであるこちらの国の未来は・・・・やっぱり暗いと思わざるをえない。


さっき長崎の友人から「うわ〜出た。でもヨソ者」とメール。市内は今まで「0人」だったのだ。福岡在住の人みたい。「今」ならその人の行動をトレースすれば、潰せる。かつての東京・大阪の「極初期段階」の作戦でなんとかなるだろう。まだ間に合う。


気になってること。

*『BCG』がどうなのか?

*ウイルスが「白血球」に取り付く。白血球で「増殖」する。それ・ホント?

*免疫細胞の暴走。それも・ホント?

上記の真偽はしかし、ものすごいキーポイントであるよ。どっちなのか?果たして。


スマホに「〇〇県で・・人感染」と現れる頻度もまた・ハートにくる。


とにかく、お金貰って・家に籠って、1ヶ月。それで間違いなく「下火」になる。


だが、本当の闘いは「そこから」。自粛から解放されて人は「瞬間的浮かれポンチ」化するだろう。そこから「第二波」。

幸か不幸か、家に籠ったおれたちの多くは「抗体」を持たないまま、また社会に放り出される。地方の人たちなどまさにそうで、長崎がいい例だと思うけども、次の波は大都市以外で「起こる」。

メディアってさ、大きな都市・例えば東京でこれだけアウトブレイクしているからこそこんだけ、取り上げるんだけど、豪雨でも台風でもいいが、地方の災害は扱いが「小さい」。

都市に住む人間の意識からはどんどん遠ざかりながら、それと反比例する形で地方ではアウトブレイクが起こる。コロナの話題がシュリンクする状況で地方で死者が増えていく。2度目は今年の梅雨から秋ぐらいだろうね。(0.8)の何乗・みたいなことでいずれ収拾へと向かうとは思う。2乗で0.64、3乗で0.5、4乗で4割ほど、5乗で3割ほど、6乗で2割、乗に先立つ数字が「n回目の蔓延」の「n」ということね。3ヶ月インタヴァルぐらいじゃないかな。種火ほどになるには2年ぐらいだろうか。そんな時になって、こちらの国の人々はやっとこのウイルスの「全貌」を理解することになる。だいぶ・遅い、遅すぎる。小さな都市では「医療破壊」。修羅場だね。病院ってさ、コロナ以外にもいろんな疾病に対応しないとあかんからね。

インターンたちも「学徒出陣」命令出るみたい。


いずれ、その頃になると生き残った者は抗体を持つことになる。しかし、その間に「何人の人・いくつの店」が亡くなるのだろう。ただ亡くなるのではない。「闇から闇へ・と葬られる」かのように人や店は消えていくのだ。その後、生き残った人がそこで見える「風景」とはいかがなものか?

Survivorにとってのリアル「悪夢」がもたらすトラウマは想像できないほど。PTSDだらけの国。


olympiadはまず・無理。強行したなら、おれたちは心の底に「痛み」を内包しつつ・の苦い大会となるだろう。


こちらの国の「logic」の通らない対策がもうやっぱり致命的だと思うのだが、あんまり「反省」してる風でもないのね。
posted by 浪速のCAETANO at 09:34| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

声は効果

国会議員の歳費など減らす必要ないよ。

一つはそんなもん・「スズメの涙ほどの額」にしかならないこと。もう一つは「おれらも収入減らしたからキミらも我慢してね」なんて言いそうだから。

そういう「チンケ」なこと言わんでよろしい。もらえるもんはもらっといていいからちゃんと仕事してよ。今・仕事とは「合法的に国民にお金を渡すこと」それさえやってくれれば、おれは別に文句ない。


声を上げることが奏功してきてる。ldp幹事長が「10万円」と言い出した。これは実現する。実は与野党で3月中に決まってたらしいよ。それを「今井」とかいうばかがpmに「耳打ち」してひっくり返されたみたい。この今井とかいうガキは「2マスクス」の発案者ね。(佐伯説もあり)。pmはこいつのいうことしかきかんみたい。同世代・東大。ほんま、ロクなんおらん。


大阪もやっぱ・お笑いやな。「雨合羽」ってな。「エロガッパ」思い出したけどね。ケイスケ師匠。これはおれがアホなだけ。


松井がアホであることは「有名」で、おれの住んでる中津の川向こうの十三市民病院を病院に報告もなく「コロナ専門にしま〜す」だってさ。「おいおい・待ったらんかい」となるよね。


pcrなど受けるな・と散々ほざいていたハシシタは「あれ・かかったんじゃね」と思った瞬間に速攻受けとったね・PCR。そんなヤツ。二重基準の王様である。有名。


「都構想」などという一旦ケリのついたバカ構想のおかげで、府と市のそれぞれのリソースを潰した挙句の今回の伝染病(感染症)である。太田房江のことよりお前らが一番・能天気なんじゃね?おれはそう思う。


感染症より伝染病といったほうが「リアリティ」が増す。怖さもます。



テレ授業やっているが、それをやることは「かなり」意味があると思える。まあどうせ、物珍しさもなくなるのは時間の問題だろうが、それでも、意義はある。学生から「勉強の場」を奪ってはいけない。やる・やらん・とは、これは別の話である。

そのうち、緊張感なくなってきたら「ルチャ・リブレ」のマスクで「ほら〜」とやってやる。

教材の共有があると、テレ・でも十分やれそうだ。今日また・大学関連の連絡で、5/18からにしましょう・と、来た。どんどん「後ろ倒し」である。

開講してもまたすぐ休校となるだろうね。補正予算も3度ほど組まないと無理ね。全然いいんじゃない?どんどんやって。IMFが(ー5%)とこちらの国のGDPを予想していたが、「天地真理」だ。まあ、19年・final quarterの(ー7.1%)もあった上での話だろうけれど、もっと「落ち込む」とおれは思う。


もうしばらくは「声を上げる」こと。そんな程度の補償では「全然・足らない」。これをいい機会に「ネオリベ」はウンコである・と決定しよう。そこまで行きたいね。

未だ・全然・道半ばだ。







posted by 浪速のCAETANO at 17:45| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月14日

嫌な予感

「会社をこの際潰そう」だけではなく、「人もついでに殺そう」とldp内で、マヂに話し合われている・って知ってた?


「働かざる者食うべからず」って、今一体何世紀なのだ?

その発言は「幹部クラス」と言うから、●木かな●利かな?わかんない。わかんないが、彼らの国会における「野党=国民」への、なんでそこまで・な敵視の様子から類推するに、、、、●木かね?やっぱり。


あんさ、お前らの給料ってこれもね、「ほんと言うと」国の借金で支払われてるのね。おれたちへの給付金と同じ財源。自分らだけはそれで食わせてもらってそれを一般の国民にはあげずに「殺そう」なんてね。思い上がりにもほどがあるんだけど。もうかつての「マシだったldp」の面影は「全く消えた」。

未必の故意・からもう一歩積極的になってる。

でもね、「食えないから働いてる人」が多い中で、あんたらが言うてることはなんか、ちょっと使い方・ずれてる、と言うか、バカの子分だから「間違いなくバカ」であるのはいいとして、なんかズレてるよ。あ、休業・自粛させといて、給付金あ〜げない・って言ってるの?それならわかる・・・・・・、死んでしまえ。ボケが!


いや〜なデータがあって。

それはハシシタ一派「跋扈」の兆し。

pm supporters同様、維新supportersも「サルの集団」であるから、おれはそのサルたちに囲まれて生活しているため、もうそのバカバカしさ・イライラにも慣れてしまっているし、もうハシシタなどは「オワコン」だとおもってたんだが、こやつは「ゾンビ」だった。需要はある。pmと異なるパーソナリティを持った「同様の」厄災。おれにとっての厄災はサルにとっては「信奉」の対象。ここ大阪はもうどうしようもなく、今維新3バカが揃って「太田房江」を攻め込んでるが、財政を「改善」したのであるなら、こないだの吉村の「お金ないんですわ」はないやろ・と思うよね。

一般的に「株を上げた」人間たちがいて、それはユリコと吉村とハシシタだと思う。ユリコはpmと比べて見た場合の評価。危機対応にはある時点から力は発揮してると思う。だが、初動を遅らせた「張本人の一人」であることは忘れるべきじゃない。

ハシシタは大阪では大変人気がある。大阪人の「サルの証明」なのだが、おれはもう大阪人辞めてしまおうか・とも思うんだが、彼の「作り話」にコロッと騙されてる。嬉しそうに騙されている。その様子に辟易だし、もう付き合ってられん。ヤツの「知ったか」に軽〜く騙されるのね。人は「内容」ではなく「口調」を聴いてるんだな・と言う悪い例。

嫌な予感がするのは、ユリコとハシシタのタッグ。ユリコの「排除」をもう人は忘れてると思うし、その反動でできたえだのチームの体たらく(緊縮石頭plus万年野党体質)により相対的に「浮き上がってきた」。このタッグは「厄介」だ。太郎ちゃんにはもう一つめんどくさい壁が出現することになる。

実際、あるpollによれば、野党第一党がハシシタ一派・となった。また別の騙され方をしたいのか?そんな脱力感がある。

懲りないなあ。学習しないなあ。コロナ禍のトンネルの先にあり得る・生き残った挙句のもう一つの嫌な予感。





posted by 浪速のCAETANO at 09:03| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

さてどうするか

「ldp」は『この危機を乗り切れない会社は潰す』んだってよ。安藤議員が言ってた。

サラリーマンの皆さん・自粛してますか?サラリーマンの皆様は「社会人未満」なので、そうなったら困るね。心配ですね。おれたちがまず先に死ぬから、でもまあ、その後ぐらいかな?政府からの『Mercy』はない・と思っといていいよ。「守られてる」って意外に「儚い現実」なのかもしれませんね。人は自分のフィクションの中でそれぞれ生きてるのね。一番の理想は「国に護られる」が理想です。言うまでもなく。こちらの国以外では「そういう国」意外にも多いってのも今回皆さん「発見」したね。


最近の傾向。MMTを皆さん「齧って」きつつある。それはいいこと。歓迎する。だが、命あっての物種。命First。ハシシタとかまで「いやそんなもん昔から知ってたよ」なニュアンスで言い出した。嘘つけ。「緊縮財政」と言えば維新と立憲民主。

無駄遣い・と一概に言うが、ステアリングには「遊び」が要る。えだのの原理主義的「石頭固吉」同様、ハシシタなんて経済に特に明るいってこともないから、それ言うのはいいと思うんだが、だったら子飼いの吉村にも・松井にも「薫陶」しなさいよ。「知ったか」でいいので。

MMT理論で、行くとこまで行くしかない。それはなんども言うが「失われることになるGDPを回復する唯一の手段」です。その先はそこで考えればいいの。



近くのローソン、レジと客の間にアクリルが張られていた。それでいいよ。ある日の東京都のPCR検査の「陽性率52%」と言う話だった。恐ろしい。

PCR拒否率・と言う数字もまた恐ろしい。90%超えてたりする。算数ちょいとできる人・考えて見て。


おれは家に籠るの・なんのストレスもないんだが、それがストレスフルな人もいるのは理解してる。

さあ、明日から大阪の「休業要請」が決まったみたいだ。店も20時までの営業にする。17時ぐらいから開けて。「ご飯食べにおいで」と言っている。

塾はテレワークにした。今日これから3回目のskype授業だ。高校生には「入試問題」を送っている。中坊は、オンライン・ばか授業をするつもり。大学が連休前後で解禁になるとは到底思えない。なんか大阪にいる理由がほとんどなくなってきた。


posted by 浪速のCAETANO at 14:40| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遅漏の国

二、三日前のblogで「ウソ」書いた。ゴメン。ボ〜ッとしてた。

吉村や森田やセメント屋が「東京だけはカネがある」から都独自の補償ができる・という話。これはウソ。

ここでも「財政規律」に騙されている(あぶないあぶない)。そもそも維新が(ということはハシシタが)、その嘘を前面に押し出して大阪府民を騙したことが、事の始まりだったね。ボ〜ッとしてた・ごめんちゃい。

どこの府・県でも可能です。

だから国に対して・と同様におれたちは府・県に対して「カネ出さんかい・早く」と言うべき・ね。府・県にもちろん「通貨発行権」はないが、府・県はその声に対応して「国に」掛け合わないといけない・ちゅうことね。「何のためのGovenorやねん」ということになる。「普段・補完してるんだからちょっと回してよ」ぐらい言えよ・吉村。


さて、なんかこういう危機的な時に限って「情緒的もの言い」が散見される。うっとおしい。pmの「原稿」はあまりに稚拙で(どんなバカが書いてるんだろう?知ってるけど)話にならんが、あれに騙される30000000人のことを思えば暗澹たる気持ちになるが、もうちょっと狡猾なものはネット上に溢れている。

だが、やや滑稽であると思う。まあ言うても彼らは明日の生活には困らん・と言う意味での「雲の上から」の発言なんだけど、それでもなんか「みなさんの(と言うかおのれのファンの・かな)ために」発言していると思うんだけど、どれもこれもが彼らには「荷が重い」。ファンでもない人間にとっては「お前ほどのアホにそんなまとめられたないわ」と言った感情を持たれてると思う。

plus・ここが肝腎なのだが、雲の上からの意見だったにも関わらず、雲の上にもウイルスはおったりする。そこウイルスの「カミ的」なとこである。そのバカ達よりもずっと上位の存在だった・ということなのね。誰もが平等に感染する恐れがある。まとめて滑稽。

まあ、そうは言っても「理論上」そうなだけで、被害が弱者に多いのは事実。ちょっと現実によりtone down。


戻ろう!

情緒的もの言い。「まとまって」とか「一致団結して」とかには、じゃか〜し〜!で十分だが、何かを「信じて」や「信頼して」には要注意。特に信頼して・は。

おれたちが今信頼するとするならその対象は「政府」「地方政府」「病院」「検査」「数字」「感染率」「専門家委員会」「死亡者数」「死亡率」などだが、今ザーッと挙げたうちでなんか信用できるのってあった?


信頼・とかは「言葉にする」ものではないの。時間と人同士の密度の結果がもたらした「一形態」にすぎない。良質の一形態。意思の表れとか動作のことではない。信頼できんものを信頼せよとは「うんこ食え・」ほどの無理筋で、いやそれはマニアならね・ってことである。そこは「お好きに」です。


いろんなレイヤーで工作は進んでるね。ランサーズの「クソバイト」に警棒持ったpolicemen。上記のような「自主的なイヌ」の人々。硬軟柔暴・いろいろ。

なかなか厄介である。


今の状態だと「ネタのない途上国」に成り果てる。

pmの、イヌが犬と寛いでる・アレ、「挑発」してるのだろうか?

「友だちに会えない・飲み会ができない」それを苦難てか。此の期に及んでふやけた中産階級的と言うか・バカ大学生的と言うか、何だろね?中産階級もうそういないんですけどね。バカ大学生も数減ってると思うよ。でもまあ、言うてることはわかる。減ったと言えどもそこが支持基盤なのであって、それ以外は「見捨てても」選挙にはどうせ勝つんだから今「生活」に苦しんでるヤツなど「意識の外」。自分らと一緒に小銭・小金ゲットする・それもビンボー人の懐からちょっとづつ抜いてさ〜、それがメッセージなのだろう。おれは左側「ゾンビ」版が好み。

で、ネタのない途上国になったところで、別に・だろう。おれはpmこそが「刹那的」だと思うよ。子どもいない。ただでさえ「バッタ脳」。目の前のことにしか反応できない。想像力はない。先のことなど想像できてるとは思えない。子どもとかいたら、「この子の将来が・・・」とか「経験論的」に考えが及ぶが、バッタ脳ってさ、「目の前のこと」にしか反応できない。あの小さな脳は「おのれの保身」にフル稼働して終わりですね。


ネタのない途上国・ミジメだね。そうなったら明らかに人災。また・人災。

「核のゴミ・受け入れます」ぐらいしかないよ。それ産業と言えるのか?地球の「toilet」かよ。

目に見えないとこはアメリカに、目に見えるとこはChinaに食い散らかされて、名実ともに消滅する。そんなことない〜・とか思ってる人のその心象が「大日本帝国」なんだけどね。ち〜とは科学的になれば。


GDPの落ち込みは凄まじいものがあると思います。コロナはまだ全然収束しません。ぶり返すから、また休校:また自粛となる。もっともっとGDPは落ちる。財政出動もっとしないといけない。それも(なんでもそうだが)早いうちにね。ところが、全て遅い。遅漏です。


なんか、ぜ〜んぶ、バカみたい。
posted by 浪速のCAETANO at 02:42| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

おれたちにあるだろうか?そんなものが

■「どんなことも7世代先まで考えて決めなければならない。」【イロコイ族】
posted by 浪速のCAETANO at 17:26| 大阪 ☔| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結局・バカだったのか

今日はそうでもないんだけど、昨日のようないいお天気の日には「SFの中」に閉じ込められた・かのような気になる。

だから本日のような「たいした天気じゃない日」の方が「しらふ」でいれる。気象環境に罪はないが。気象環境ほど気まぐれなものはないが。

だからいい天気の日ほどおれたちは「翻弄」される。危機感が一瞬遠のく。

「ああ、そやったそやった」とすぐ戻るんだけど。


妙な「既視感」があるな・と思っていた。何かな?と思っていたら思いだした。

2012年の春だった。花巻の大沢温泉に逗留した後、宮沢賢治ゆかりの土地を周り、仙台のゲストハウスに一泊して福島まで戻って、レンタカーで「福島第一」の極力近くまで行ってみたのだった。

あの時もいい天気だった。

天気はすごくいいのだけど、目の前の空気感が「微妙に揺らいでいるか」のような、蜃気楼が目と対象物の間に存在しているかのような気がしたものだった。

目に見える空気は「悪い空気」そんな予断もあったと思う。β線にγ線。もちろん目に見えない。長閑な田舎の風景が続き、奇妙なのは「人の姿」がないこと。

事故後、まだ一年の時期である。

詳しくはそこらへんの日時のこのblogにある。


dejavuの正体は「それ」だった。今、目の前の空気もまた「悪い空気」。天気がよければ良いほど、「妙な違和感」は募っていく。


放射線にウイルス。小さなものが最も強い。小さなものが最も怖い。目に見えないものが「支配」する。

おれたちは、目に見えないものを文字通り無視し、切り捨て、「ないもの」としてきた。現代人の「劣った」点。その対処法が、この科学が進んだとされる現代においても、根本的なものがないということは、それはおれたちは古代人並みの「無防備」である事を意味する。

思い出すべきことは、「目に見えるものだけが存在するものではない」ということだろうね。

でもってクソ新自由主義の世である。おれたちは「カネ」にだけしか反応しない・そんな「劣化した感受性」の生き物に成り果ててしまっている。多くの人がことが終われば、様々を忘れ、また劣化したままで生活を始めると思うが、まあ「生き残ったらね」という留保条件つきだ。

目に見えないものの代表格は「heart=soul」だと思う。特におれたちは他者の感情にあまりに疎く鈍感になってはいないか?自分の能動的感情には必要以上に値打ちこくくせにである。


ウイルスは一種の「カミ」の位置にいる。おれたちは謙虚になる必要がないかな?ウイルスはおれたちの体内にもいる。「カミ」は宿ってる。相性の良し悪しあるけども。これは残酷な修羅場はあるけれども「共存」が運命であることを意味する。


どんなに「進んだ」としても、おれたちは古代人同様に「無力」だということに変わりはない。古代人より劣っているのは「見えないものを存在しない」とイージーに切り捨てる「浅はかさ」を身につけてしまってることだ。古代人は見えないものを見ていた。これって「すごい才能・能力」。おれたちは時代を下るごとにどんどん「バカ」になってきてるのだろうか?


感受性の精度の劣化。想像力の劣化。plus論理とそれらを整合させる能力。どれも「ダメじゃん」なのかもしれないね。


みなさん、その無力感に苛まれるべき・ではないのかな?本日はそんな気がしてる。










posted by 浪速のCAETANO at 14:26| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大変意味はあったよ

Sanders "broke the spell" of Neo liberalism as Trump pushes Coronavirus Capitalism.

トランプがコロナウイルス資本主義を押し進めている間にサンダースはネオリベの呪縛を解いた。

Naomi Klein



When the spell is broken (by Richard Thompson)

https://youtu.be/-EabP0fh6LU
posted by 浪速のCAETANO at 10:02| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロナ後の、、

心底哀れだと思う事、それは「嫌韓・反中」で生きているオヤジ、だけじゃないと思うんだけど、まあそれに類するひとびとね。

キミらの頼みの綱だったpmは実はキミらが、キミらこそが「まず、ヤっとかなあかん」かったヤツだった、ということがあきらかになってくる。

別に同情なんてしないが、こちらの国は米中の「奪い合い」となる。FTAによりアメリカから(公的にね)、私的にはChina資本から。


これが「コロナ後」のざっくり言えば、のこちらの国の「現実」である。

さあ、耐えれるかな?そして、お前らはその責任をとれるかな?

取れない。pmを支持した責任をお前らが取れるのかな?

取れない。火炙りとか八裂きとか、そんな中世的な刑罰で死んでいただかないと「示しがつかん」ちゅう話になるんだけどね。

コロナ後の事。

また明日、ゆっくりと。
posted by 浪速のCAETANO at 02:41| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

「通貨発行権」

dtは「450兆円」の財政支出をもう決めている。これはもう皆さんご存知だと思う。

一方、こちらの国の今回のコロナ対策『事業規模で108兆円』。おお、Japanもやるね、安倍ちゃんやっとわたしたちのこと考えてくれたか、さすがはpm。

そんなおめでたい脳内桜満開の人、どれくらいいるの?

いるんだろうな。本当のお金もちなら、こんな状況なんともない。痛いのは、notお金もち・なのに「脳内サクラお満開」の方々である。

もう一種類。「勝ってる方・マウントしてる方に条件反射で肩入れ」する方々である。

あとは「オヤジ」。それらが三つ巴に重なっている。「ベン図」が分かりやすいだろうね。


さて、事業規模は108兆円なのに対してその中身(つまり政府が実際に出すお金)はわずか16.7兆円。あとはそれに「乗っかってくる民間の」資金や、支払いを猶予する国民の社会保険料の分も入っていて、要は「衣のすんげえでっかいエビフリャ〜」みたいなもの。断面見たら「エビ・ほっそ!」ってやつに喩えられる。


なんともならんよ。夏までしかもたない。余命3ヶ月・ほどのものね。それはなぜか;


4〜6期のGDPが「年率換算でマイナス25%」と言われている。30%という説もある。これ何を意味するの?

少なくとも『150兆円』のGDPが失われる事を意味する。ピンと来ない方は思い出してみよう。GDPの6〜7割は『内需・つまりおれたちの消費活動』だった事を。

お金は回り回るもので、おれたちはなんか仕事してお金稼いで、それでメシ食ったり、酒飲んだり、モノ買ったり、サーヴィスを買ったり、する。それが、滞る。滞る分が150兆円。滞る・は「消える」ということね。おれたちが「消費」できないわけだからね。お金がいかに回ってるか・が、その国の経済状態がいいかどうか、ということです。

じゃあ、その「消えた分」どうすんの?


ここで『通貨発行権』を持つかどうか・が各国の「生命線」となる。可哀想なギリシア。通貨は「ユーロ」だった。借金をするとなるとこれは「外貨」と一緒。言わば、他所の国にしかお金を借りれないギリシアは「破綻するしかない」。いわゆる国債の金利がどんどん上がって行く。借金超過の国に金貸すなんて、怖くて年利を上げないことには貸せないもんね。ギリシアの不幸はそこにあった。

翻って、アメリカ、中国、イギリス、Japan。これらの国は自国で自国の『通貨発行権』を持つ。Japanの(アメリカもだが)円はドルやユーロとしっかり「リンク」している。「安全通貨」などといった称号さえある。


そこで財務省の嘘が問題になる。財務省の長の問題もある。セメント屋は、今だとその態度や口の利き方・が顰蹙買ってるが、おれに言わせると、そんなことはどうでもよく、おっさんは「通貨発行権の解説」ができるぐらいにそこ熟知しているにも関わらず、「財務省(緊縮財政の権化)」の言いなりになってアホのフリをしているところなのだ。Japanの「闇の中枢・財務省」はおそらくアメリカの闇部分とも通底し、事実上の「支配」者とも言われる。裏社会とも密接であると思われる。今までにあった政治家の暗殺・官僚の『自殺』、関わりがある。これ以上はちょっと言うのが怖い。


まあ、ど真ん中のことはとりあえず忘れて、「通貨発行権」をいかに上手く使うか、だけでおれたち国民は「助かり」、国もまた、いまの状況でいうなら「先進国」のままでいることが出来る。逆に言うなら、そこ間違ってけち臭い事をするなら(しそうだが)、もはや先進国ではなくなり、一旦そうなると、もう元には戻れない(リソースがない)。すでにKoreaにDGP/person、抜かれたよ。コロナ対策も「最高!」。ハンガンの奇跡、またも。standard。

もはやこちらの国って「rising sun」ではなく「sinking sun」ですよ。なんか訳のわからん「メンツ」みたいな事で「嫌韓・反中」な立場を取ってる「オヤジたち」、絶滅していただきたいね。おれの世代にもいっぱいおるからね。勘違いした「愛国者」。愛国には「外部」は必要ありません。キミらのそれは「偏狭なナショナリズム」やで。外部を必要とした瞬間からね。


飛んだが、戻るが、予想するに、コロナは一旦収まっても、またぶり返します。結論から言うなら「olympiad」はもうgive up。olympiadの条件は「世界がコロナを克服」だと思うからね。で、こちらの国の状態は、もう今年は「壊滅的」。2021の時点で「三流国」に成り果ててしまっている。かつての「豊かさ」を根拠とする、多くの「文化的item(pop culture)」が消滅してしまう。そこには「いい飲み屋」なども含まれる。結果・いわゆる(おれにとってはつまらない)クールジャパン的カルチュアと国からの補助がある伝統文化だけが残る。


イナカモンの外国からのツーリストしか喜ばない・そんな国が残る。


おれは「真水」100兆円でも足らんと思うよ。だって150兆のGDPのLossなんだから。小学生の引き算だね。

同じだけ金を刷って・バラ撒いて、それでやっと『チャラ』です。

政治って、というか「誰が」政治をするかって、とっても大事ですね。























posted by 浪速のCAETANO at 10:54| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

怒りを解放

ずっと前に書いていたことをもう一度書くけれど、ブルッキングス研究所の報告というか「Estimate」だが。

the best scenarioで120000人・the worst scenarioで570000人の死者が出る。

もう完全に「増加に加速度」がつき、こちらの国のベッド・マンパワー不足、前線の人々の疲労感、トリアージュの不徹底、政府の補償政策の致命的な遅滞を思えば、possibilityだね。というよりProbability。いや・Inevitabilityまではもうすぐ。全て「●倍●三」の責任である。『万死に値する』

一万回死んでいただこう。本当は「死亡者」の数だけ死を体験していただきたい。最悪の人格を持った最低の無能politician。チャウシェスクの運命をなぞっていただきたい。チャウシェスク「夫婦」だったね。不幸だね・おれたち。みんな、もっと怒ろうよ。


「革命」が起こってもいいぐらいの気がするんだね。


おれも大学は全て休み。塾もtutorもテレ授業にする。Todo O Mundoもおそらく来週から閉める。まあ中でおれと店長が仲悪そうに「カエターノ聴きながらカウンターの端と端」で飲んでるかもしれないけど。


世界のこれまでの様子を見てると、こちらの国でもおそらくそうなるが、「疑わしきはバイキン扱い」が起こる。人は自分に自信がなくなり・不安になると「とりあえずのスケープゴート」を外部に求めることになる。頭悪いな・とおもうのはその「羊のポジション」はこのウイルス禍においては、あっという間に「キミ」に回ってくる事を知ってか知らずか、薄々感じているからこそ、その態度はより「Harsh」になっていくことね。

海外でもそうであったようにこちらの国でももう起こっている。delivery関係の方への蔑視と差別的態度。こちらの国のメンタルはコロナ以前に新自由主義の蔓延により、そして厄災は「おのれにだけは起こらない」という「バカの信仰」により、社会のベースを、それを崩壊させないように、一生懸命頑張ってる方への蔑視的態度を取らせる。pmに殉死せよ・と言いたい。


昨日、大阪Governorがいみじくも言っていたが、「大阪独自の補償」はないんか?という質問に対して「うーん・無い袖は振れない」と、これはハシシタ以降の3バカがバカそのものであるということとはまたちょっと意味が異なり、「通貨発行権」は『国にしかない』ということに由来する。大阪にはその余裕がないというのは本当で、「悪いポピュリズム」の維新ならば、もしそれができるとするなら「すぐにやる」はずである。バカ#2(大阪mayor)が無理やり、今の状況の解決策が都構想であるよ・みたいな事を言ってるんだけど、全く逆ですからね。まあサルの大阪人騙される人・3000000人はいると思うけど。もう別に知らんし。維新に殉死しなさい。で、ちょっとバカ批判が楽しくなってたが、そこじゃなく、ユリコが都独自の補償を・と言えるのは、都が単に金がある、というだけである。「内部留保」1.4兆円。だから、根本に戻るなら他の地域における「休業要請には『国』による損失補償が不可欠」となるの。


話の順番がそもそも・おかしいのね。

「お金心配せんでもいいから休んでね」が正しい。「ちょ・休んでくれへん→お金・え〜とムニャムニャ・・・・」そんなんで「誰が休めんねん・ボケが!」ですよ。それ・あったりまえ。だから、もっとみんな「怒りましょう」。さらなる財政出動が必ず必要になり、おれは今回それは「実現」するのではないか・とフんでいる。「羨ましい海外の事情」が周知されつつあることに加え。みなさんの惨状がハンパないからである。どうせ死ぬんやったら言いたいこと「吠えて」死のうや、いや・死なんでええように「吠えようよ」。おれも順番間違えましたね。


もっと怒ろう。「怒りを解放させよう」それ悪いことじゃない。











posted by 浪速のCAETANO at 10:09| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bernie is not gone 2

While this campaign is coming to an end, our movement is not. Please stay in this fight with me.

キャンペーンは終局を迎えたけれども、わたしたちの試みは終わらない。どうか、わたしと共に闘い続けてください。


バーニー サンダース
posted by 浪速のCAETANO at 09:06| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

Bernie is not gone.




「サンダースの選挙運動が失敗だったと誰もがいうがそれは間違いだ。ディベートとディスカッションのアリーナを完全に変えたという点で大成功だからだ」



ノーム・チョムスキー
posted by 浪速のCAETANO at 17:59| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本末転倒のhyper-inflation

「休めよ〜・でもお金はあげない・自分でなんとかしてね〜・キミらがもうあかんっていうのを待ってるよ〜」

そう、あいつらは「待っている」。緊急事態『条項』をみんなが「望む」ことを待っている。


も〜!

「自粛と補償はセット」。この原則をしっかり守らないと、2種類のやり方で人が死ぬ。


あいつらは逆に、「強い制限をこちらから求める」ように仕向けている。おれたちはむざむざ死にたくないわけで、そのためにはどこにも行かずに「生活」をしたいわけ。じゃあそのためには何がいるの?単純に「お金」です。

ほら、やっぱり国の「ドケチ」がネックでした。


「ウイルスとビンボー・どっちで死ぬか選んでね〜」

おれたちは自分と愛する人たちの命と「自由の喪失」を天秤に掛けさせられている。わかりますか?

ずるい。とことんずるい。


国の「ドケチ」の根拠は財政規律という「なんの意味もなさない基準」だが、財務省は凝り固まっている。100兆ぐらい出してもハイパーインフレにはならないって。GDPの20%にしか過ぎない。アメリカは450兆よ。バランス考えれば、このままじゃ「円高」ですよ。財政支出のインバランスにより。まあ円高はおれは歓迎だが。そこは置いといて、大切なことは、財政出動のショボさが『供給能力』に致命的ダメッジを与え、それが原因でのハイパーインフレの可能性が出てくる。

「本末転倒」だ。

もう本気で「国」を潰そうとしてるとしか思えないんだね。狂ってるのだろうか?

世界一の「悪い政府」。ブラジルも大概だが、それに匹敵する最低の最悪。


ハイパーインフレ下では少々の小銭もちごときは「飲み込まれるよ」。


誤解のないよう言っておくが、財政出動をたっぷりやって、国民を底辺まで助けることがハイパーインフレを『防ぐ』んです。ケチる・とヤバいってこと。

お金をばら撒くとハイパーインフレになるんじゃなくてね。ここ本当に誤解しないでいただきたいところ。一般の知識とは『真逆』です。

ハイパーインフレの現在考えられる『唯一の原因』は供給能力の欠如です。円はドルやユーロと支え合ってる。アメリカやEUが出動した財政に見合うだけのお金を撒いて初めてバランスが取れる。今のままなら、「デフレがさらに進行するだけ」。

供給能力の欠如とは例えばある商品が必要なときに、「あ〜もうその工場・不況でなくなっちゃいました〜」そんなこと。今はそっち向かってるでしょ?

お金刷って配る・だけが唯一の方法です。実は、それ「簡単な」こと。



posted by 浪速のCAETANO at 09:18| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Decade-IN FAKEの「ダンス天国」

A Decade-IN FAKEの「ダンス天国」


オトナは寝てる  地下鉄止まる

夢のチャンネル  そっとoffにして

影をベッドに残し ばくは外に出る

    遅れてごめんね


霧も出てて  LONDONを思う

手探りで歩く  足はもうSTEP

街が寝てる間  ぼくらだけのPaRTY

w/LONG TALL SALLY(のっぽのサリーと)



Parabola Spinsに続いて#5配信は『marutanikaz historia numero um』です。もうすぐです。

コンドル1&2のオリジナルが聴けます。『Who am I?(ワタシ誰ある?)』も入ってます。この曲の内蔵する熱量と技術・ちょっとすんごいです。

Endorphinも、ハードコアも、ありにんげんも。で最後に「ダンス天国」大阪museでのライヴです。こんだけ(もっと入ってます)で1500円です。『安!(◎_◎;)』


artistに「タバコ代」を!


posted by 浪速のCAETANO at 03:15| 大阪 | Comment(0) | MarutaniKaz 詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

Try a little tenderness &「SCREAM」

実際に人を殺しに来てる、というか何度も言うてるが、死ぬ人を「間違いなく死ぬだろうな・・」とその場を立ち去る「未必の故意」作戦を「すごいよ・うちの108兆円は・・」などいけしゃあしゃあと全国民の前で「抜かしやがる」バカで人でなしをpmと仰ぐおれたちのなんと不幸なことよ。

大阪府市民は身近な首長が「うんこ2連発」という、地震と大雨が一緒にした挙句、避難所でコロナ蔓延・みたいな、あれ・これ「例えにも何にもなっとらんな・現実にあり得るで」、書いてて寒気した。


pmの会見、「一番ひどかった」ね。一律給付をしない根拠を「自分ら政治家や公務員」が収入に影響がない、と言ったことは「あまりに愚かな冷酷発言」として、そして「ばかの見本」としてこれから語り続けられることだろう。


「責任を取ればいいってもんじゃない」もまた。「責任とったこと見たことない」やつに責任なんていうてもしゃーないことを、いうこと自体唇も寒いが、そんなんがじゃあ、一体なんでpmなの?とこれは澄んだ目をした可愛いjcなどに、公開質問して欲しい。あのイタリア人の記者と江川紹子の質問だけが予定調和を崩してたね。江川紹子の後半の質問には答えなかったし、イタリア人記者には「お前んとこの国より全然少ないし」みたいな「言い返し」してたね。恥ずかしいわ。そもそも検査してへんやん。正論の通じないばかにはどうしたらいいのだろう。タイガージェットシンがいて欲しい。やっぱ・太郎ちゃんかな。


だが、思うのだが、今回はほんと・「冗談じゃない」。戦後最大の「恐慌」に見舞われている。


おれたちは、だから騒ぐ必要があって、予言するが、これは「大きな声」になる。おれたちは「いろんな場で騒ぐ(Scream)こと」を提案したい。 SNSでもいいし、デモだっていいと思う。「騒ぎ続けること」「諦めないこと」「つながること」「その声をアップデート&パワーアップ」していくこと。これしかないと思う。もっともっと「大きな声」になれば、政府も無視できない。野党の政治家も巻き込んで、世論が沸けば政策も変わらざるを得ないと思う。おれたちはひょっとして、初めて「Democracyの機会」に立ち会っているのかもしれない。その可能性は・ある。何かを勝ち取る「初めての機会」になる可能性がある。百姓一揆・打ちこわし・米騒動、そんなこと。

おれはライヴハウスが、やっぱり心配である。若い頃からずっと世話になって来た。おれが生き延びたとしても、ライヴハウスがなくなったら、どこで大音量出せばいいのだ?この考えを「おれ影響ないわ・よかった〜」と胸をなで下ろしている人々によくわかっていただきたい。よく言ってるけども、一人だけ「助かって」おもしろい?その後。


今回はあなたの一緒に時間を過ごす人・その人と過ごす場所、まとめて「なくなる可能性」が高い。そんな人やそんな店は「デザインして創れる」もんではない。なんとなく「成り行き」でそうなったのだ。過ごして来たこれまでの豊かだった時代にも大きく関係して、ちょっとした・それは「奇跡」なのだ。

そういったいいものが「整理」された後にもまた「そういう」店・人は現れるかもしれない。だが、それはおそらくどちらも「薄っぺらい」だろう。社会がこんだけ「ペラい」のに、それをベースにした人・店がその影響下にないわけがないじゃないか。ふつーに考えて分かれへん?そこで「整理」された人・店は戦後のこちらの国の豊かさの中で培われて来た。豊かさゆえの豊かなヴァリエーションだったのだ。

切羽詰まった人は「騒ぎ(Scream)続け」よう。余裕のある人は「Try a little Tenderness」を。




posted by 浪速のCAETANO at 15:13| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

けっ、くそショボいぜ

「自宅が、大火事。そこで隣の家の風呂の残り湯をご近所総出でバケツリレー。でも、あ〜、バケツ10往復でお湯終わり、ちゃんちゃん」
そんな感じ。政府の財政対策のこと。

いやー、人は死ぬ。店は潰れる。まだ今日明日は死なないし、潰れないが、早ければ来月、死に始める、潰れ始める。

大火事、と分かってないのか、あるいは、いい機会だから人口減ってくれないかなあ、なんて「悪意」さえ感じてるけど。

「そんなわけないでしょ」ってのが大勢なの?

よくわからない。そんな「お人好し」のままでいれるほどおれたちは豊かなんでしょうか?中間層がかなり薄くなってる今、そうではないでしょ、おそらくだけど。

アメリカの450兆円に「指咥える」ね。

pmは「総額」108兆円と豪語するが、なんのなんの、政府の支出は「ほんの」20兆円に過ぎない。太郎ちゃんの解説がわかりやすい。YouTubeで見れるので。

正しく理解すれば的確に批判できる。その解説は政治家に任せていい。太郎ちゃんや小池くんが上手く説明してくれてます。


Boris JohnsonがICUに入ったと報じられた。サッチャーに反旗を翻した時から、彼はいいヤツになった。いいヤツは死んではいけない。dtも450兆円なら間違いなくいいヤツ。


dtの場合は「思想」が見えないから、イデオロギー的に批判してもあんまり意味ないのね。だから、こちらの国にとっても「最初で最後の」チャンスだったのだけど、みすみす掌中の魚を逃してしまった。

さて、アメリカだが、Democraticの大統領選代表選びが滞っている。Sleepy Joeへと流れが完全に行った、という所でストップしている。で、コロナ禍。

どうなんだろう? Bernieの「Medicare for all」いまこそ、訴求しないだろうか?dtは保険のない人たちも一律にcare freeとしたみたいだが、有事のコストと平時からのコストの差をdtなら考えないかな?

「雨降って地固まる」になればいいね、と思う。

アメリカにおける「Socialism」注目している。Bernieの後にはAOCという、とんでもなく魅力的で有能な人材もいる。彼女の「身体全体での」演説を一度聴いて欲しい。
その内蔵された熱量を。AOCと山本太郎が太平洋のこちらとあちらで向かい合う日が来ないかな。そうなったら従来の「日米関係」という言葉の含むものとは全く異なる意味を持つ可能性がある。奇跡が二つ起こらないとあかんけどね。タイミングもコミで。

まあしかし、こちらの国の「どケチでなんと、ショボいこと」。

怒る気力も削がれる。それが「手」でもあるのね。タバコ巻いてもう一回、怒り直し。

posted by 浪速のCAETANO at 11:04| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月06日

失われた半世紀へ

朝晩はまだひんやりする。
緊急事態宣言が出ようとしてるね。今日明日の話だけど。

憲法の緊急事態条項とは異なり、これは「自由にとって致命的」というわけじゃない。

「先輩たち」は心配しすぎなほど心配しているが、「法で縛れる事柄」は限られている。

あちら側はこう考える。強制力を伴わない緊急事態宣言は同時に「徹底した補償もまた伴わない」と。

そして「緊急事態」という言葉とムードに国民を慣れさせよう。バカな国民は憲法の緊急事態条項もまた今回の緊急事態宣言に「毛が生えた」ぐらいのものだろう、と思うだろうことを「期待」してる。

うーん、どっちに転んでも敵のペース。彼ら、いい人たちじゃないから。おれたちはどっちにしてもポイントを落とすことになる。

ビンボーになるか、自由を失くす未来を引き寄せるか、あるいはそのどちらも、か。


「一つの国が文明国家であるかどうかの基準は、高層ビルが多いとか、クルマが疾走しているとか、芸術が多彩とか、派手なイベントができるとか、決してそうしたことがすべてではない。基準はただ一つしかない、それは弱者に接する態度である」

方方@武漢

Chineseに教えられる。大方のこちらの国の人々の心情とは裏腹に、また「古代」に戻ったがのような、こちらの国の「非近代国家・非民主国家ぶり」だと思う。

おれの同世代の友人たちも、「中国が」と口にすること、多し、だが、よく考えてみてほしい。事は春節の際に、目の前の小銭に目が眩んで「中国の方々、いらっしゃ〜い!」とpmが桂三枝(いま文枝)化したこととOlympiadを無理筋でやろうとギリギリまで粘ったことに端を発するってもう忘れたのだろうか?だろうね。その後の「後回し」「事なかれ」がこれから最短でも1か月、最悪最長なら、先のことだからだいしょうぶじゃね、と決めた来年の夏のOlympiadまで終息しないよ。何度も「波」きますよ。Boris Johnsonは病院へと搬送された。メルケルも罹ったんじゃなかった?

キミら罹らんの?罹ってもいいのに。いえいえ、どんな方でも「生命」は大切ね。


おれが危機感を感じてるのは、私事ながら、一旦帰阪したらもうこちら(長崎)へ戻れないのではないか?そう予想するからなのだ。今回も、だいぶ「バイキン扱い」に遭ったもんね。

まあだが、それ責められない。こちらから見る大阪は東京同様「マミレてる」。

実際にキャリアとなってしまえば、=スプレッダーである。政府の事なかれ主義はそうやって国民に物理的、精神的に負荷をかけている。

今提示されている補償では、こちらの国の「コロナ後」は悲惨である。人が死ぬ、という意味もコミで、今いる場所から「いなくなる」。こちらの国はただ今「失われ始めて30年」だが、このままでは「Lost half century」となること必至で、最悪「消えて無くなる」。瀬戸際と言うなら「そこの」瀬戸際なんだけどね。危機感、足らんと思うが。何度も言うが、ここでカネを刷って、みんなにばら撒かないと、「先進国の栄光」は二度と享受できない。間違いない。
posted by 浪速のCAETANO at 11:42| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

「大本営」ってこんなんやった、かな

「ギリギリ持ち堪えている」


内閣総理大臣 安倍晋三
posted by 浪速のCAETANO at 23:08| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あるひとつのコロナ後

pm、はよex-pmになってよ。
もう、ええよ。たいがいみんな疲れてるよ。疲弊させるだけさせて感染症やで。これどうしようもないよ。どうしようもないけども、ダメージ極小化することはできたよ。

国のうちそと、腐らすだけ腐らしといて「未知のウイルス」とか、ほんと絵に描いたような、わかりやすい、国の崩壊パターン。意外なとこがちっともなくて小説にもならん。

「事実は小説よりも、、、、ばかだった」


今、長崎にいる。県内の感染者はおれが来た時(1)から(11)に増えた。ただ、まだ長崎市内の感染者は0。鉄道路線にしても「行き止まり」なことが奏功してるのかもしれないが。それも確かにあるだろね。

端っこでいいよ、マージナル上等。

抗がん剤投与直後の母親の体調をモニターしながら、悔しいぐらいの好天のなか、縁側で酒を飲んで過ごしている。

大学、予備校ともに4月の授業は飛んで、だが、5月がちゃんとあるかについておれは懐疑的。

このことはもっと年少の子どもたちにも言え、島根、鳥取ならいざ知らず、大阪は夏休みまで休校になるとフンでいる。

島根、鳥取。今のままでずっと感染者フリーでいてね、と願ってます。出雲大社に伯耆の四隅突出型古墳、また(何度も)行きたいのね。


新型コロナが変えるパラダイム。社会的なパラダイムもまた変えることになる。

キミのことが好きだから、離れている。そんな「愛のかたち」が王道に今なりつつあるね。

好きだからしょっちゅう一緒にいたい、とか、おれは昔から「うわ、動物」とか思ってた、かな?言い過ぎ、ならごめんなさいね。

必要な「距離感」てあるだろうし、要るだろう。

1人になる時間って必要。しょっちゅう関係性を確認しないとね。面と向かってる時間が、長けりゃ長いほど、1人の時間が大切になる。

人はどんなことにも慣れる。ええかっこ言えば「順応」する。

慣れ、は、飽き、に容易に変容する。

「キミ、自分のこと言うとんか?」と右斜め上の「メタ・おれ」が久しぶりに出現したが。「え、うーん、かも」とお茶を濁しとくんだけどね。

新型コロナは、「ついこないだ初チューをしたばかり都市に住む若いカップル」とかにはかなりの「障害」になるね。

別に若い、に限定しなくてもええが、ええ歳コイた「遅れてきた発情組」もいるし。「何かを取り返したい」かのような、ね。

ま、その出演者はどうでもいいんですが、「密接希望」のお二人にはもんのすごいハードルになるよね、と思う。

いや、新型コロナはリアルに人と人の間に打ち込まれた「楔」だね、と思うわけ。

密接、ほら「密」。ユリコが言う避けるべき「密」。


ひょっとしたら「人類に対する新型コロナ」は「恐竜に対しての隕石」なのかもしれず、まあ、恐竜だってメキシコから遠いとこにいたやつなんて、「いま、ちょっと揺れたな、それがどーした」くらいに思ってたことだろう。だが、そこから、おそらく何百年がかけながらゆっくりと例えば遮られた陽光などか原因の、最終的には食物不足により滅んで行った、と推定される。


今もまた、そんなことの、つまり「終わりの始まり」ということかもね、と言っておきたい。


コロナ後というかポストコロナ時代に自分が生きているのかは「?」なのだか、長いトンネルに例えた人がいたが、じゃあそのトンネルを抜けた際に見る風景は、あまりに「違って」たりするのでは、と想像する。

寒々とした光景が目に入ってくるだろうな、ということが想像できる。

愛しい存在には近づけないわけで、気持ちが募れば募るほど、一定の距離を保つ(keep your distance)ことが求められる。


安易な密接は「バカなのか」となるかもしれず、なんかさあ、時代が120〜130年ほど遡ってしまったようなことになってるかも。も一回最初から、「はいどーぞ」みたいな、ね。


まあ、それもこれも「survive」できて、の話ですが。



posted by 浪速のCAETANO at 15:27| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

ホントの緊急事態なんやから

クオモNY州知事「最善を尽くしてますというだけならなんの役にも立たない。必要なことを実施することに成功しなければいけない」
posted by 浪速のCAETANO at 15:14| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外部からのメッセージ

dtがAmericans in japanに「帰ってきなさい」と。
アウトブレイクが間近に迫ってるからね。そこいたらなんもしてもらえんからね。

そう、暗に言ってる。

「japan モデルは注目されている」専門家会議。

そうそうその通り。ただ、それnegativeな意味よ。

医療崩壊は避けられん。「いや、そんなことはない」なんて思ってるおめでたいの、いる?いるかもしらんな?だが、タレント、アスリートの発病には「何か」感じることでしょう。そして、「お金持ち」以外はこれから生活が、苦しくなる、悪くすると崩壊するわけだから遅かれ早かれ「自分ごと」になると思うんだけどね。

給付金にしても、一律で「はいっ、あげる!」と言えばいいものを、手続き、超邪魔くさそうである。どの期間のことをどんな書類で証明すればいいのか?具体的な話、まだ、出てないよね。チャレンジしてみたいと思う。さて、どうなるか?個人事業主。

困ったときに政府が「真水」を国民に、とは「至極真っ当」な話で(それは諸外国の見事な姿勢を見てたらわかる)、もうネオリベはとうの昔に辞めてる身としては、将来のこちらの国の「先進国維持」のためにも真水をゲットしてみたい。

自分だけがいい思い、ってのが、そんな目に遭わなかった「過去に対するルサンチマン」が動機じゃないか、と思える事例、多いと思うのね。ルサンチマンが解消されたあかつきには普通に戻った方がいいよ。弱者、外国人差別とかの罠にかる〜く、引っかかる彼らは新自由主義的教育の犠牲者でもあるが、犠牲者とか誰かから見なされてる時点でもう「すでに可哀想な存在」なんですけど。

哀れみの目で見ている「誰か」がいるのね。覚えといた方がいい。

今、何不自由なく生きれてる人たち、ちょっとした軽いイジメの主体(合法的な、ね)の空気の中に身を置いてる気分なのかもしれないが。笑い方が「いひひひ」なんだろうな、と思えば、なんかいい死に方しないんじゃないかな、と思うよ。

小沢くんのよく言う「お天道様が見ている」

アマテラスに代表される、太陽神を戴く国なんだからさ、そんな精神、伝統的に大切にしないといかんのじゃないの。

アマテラスは「侵略者」だが、太陽神はこの列島ではそれ以前から重要視されていたみたいよ。饒速日も「アマテルクニテルヒコアメノホアカリクシタマニギハヤヒノミコト」なわけで。早口言葉のlessonに是非どーぞ。

やはり「農耕」のクニでは豊穣をもたらすその根源という意味において「太陽」は絶対的なものだった、とは、容易に想像できる。砂漠においての太陽とは、ひょっとしたら「疎ましい」かもしらんでしょ。クソ暑さの大元みたいな、ね。

今、長崎にいるが、県内では9人の感染者が出てるが、長崎市内はまだ0人。まあ時間の問題なんだろうが、おれとか(from Osakaという意味で)かなり距離を取られる。「バイキン」の気分だが、それはまあ正しいわけで、バイキンプレイを続けるわけだった。

みなさん、いろんな場で声をあげるのがいいよね。諸外国との違い=差がこんなにわかりやすかったことはなく、さらには多くの人にとって自分ごとですからね。政府のケチ度も、そしてケチだけに留まらず、国民を「殺し」に来てることを多くの人々が実感するいい機会だと感じる。どんどん「悪口」言うべきだと思う。矛先鈍るのは「余裕こいてる」人ね。時代というかもろ、パラダイムが変わろうとしている時に、もうお忘れになっていると思うが、「現状にtoo much適応していると次の事態に対応できないよ」というこの地球上で「何度も繰り返しあったことなんだけど、現代人の浅はかさがそこを気付くことの障害となっている」ことを無視する。それはたかが多くとも80数年ほどの、地球年齢からするなら瞬きよりも余裕で短いその瞬間を「一個体の永遠と思い込む勘違い、もっと言うなら倒錯」に由来するのだ。

早く考え直した方がいいと思うが恵まれてることを相対化できない人にはもう無理ね。


posted by 浪速のCAETANO at 13:22| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

#4 パラボラスピンズ❣️

The LABEL Rafflesia 配信#4。
「Let's Spin!」by Parabola Spinsです。

Parabola Spinsと名乗ってはいるが、実質「SONNA BANANAあるいはA Decade-IN FAKE」です。

当時、気分転換にクルマ乗り換える、みたいな気でバンド改名する、が自分内流行やったみたいです。Citroen→Lanciaみたいなノリで。十分ケーハクだったよね。だははは30 years ago. ま、ええやん。

このアルバムのリリースは93年1月。だけどこの10曲はアレンジもコミで80sのうちに完了しておりました。録音が遅れたのはおれがカネなかったから。大所帯だからね。12〜13人の集団。当然段取りに手間が掛かる。ホーン隊もいるから譜面も書かなきゃならない。

スタジオは豊津のご近所「studio ant's」.

エンジニアは今をトキめく「ZAK」。

Dr.北林純、

Per. 芳垣安洋、山北健二、山下純

B.友野修平

E.G.カオリーニョ藤原、マルタニカズ 

 A.G. カオリーニョ藤原

P.Key. マルタニカズ 

Vl. HONZI

Tp. 永田、西田、ミルクマン斎藤

Sax. 川越智夫

Vo. シーラD. マルタニカズ 

Cho. &飛び道具、みなさんで。

そんな感じ。大所帯だから難航したな。

まあでも、最後は、お金足りなくなって、Fiat pandaをaomi店長に売った。

まあすぐにシトロエンBXGTi買うとったが。、、、バカ。


このアルバムはかなり重要だと思います。この手の音楽集団が、もっとショボいレヴェルでは「mixture」なんちって、その後現れては消えていったけども、80s後半の段階で「ラテンアメリカ〜カリブ」のビートを大胆に取り入れ、それを「rock…pop」の範疇の中に力業で押し込んだ、という意味で。

いつの時代にも「アホのコピーバンド」はいるのね。まあアホは死ぬまでアホですから「触らない、放っとく」。問題外。先達の、欧米のロックの日本化みたいな試行錯誤の「ラテン〜カリブ版発展的展開」なのかも知らんね、とも思えるわけ。当時は渦中にいたから自覚なかったけど、今倍ぐらいの歳になってそんなことを思ったりする。

当時「世界の音楽を噛んで噛んで、下痢してまた噛んで、、」なんてよく言ってたんだけど、そうやって身体に負荷掛けて、まあ「血肉化」されたものしか作品としては意味がない、とは言わんが、時々中途半端で面白いもんもあるんだけどさ、高い完成度の「連続した」新しい音楽とはある一定のVolumeを伴って出現するのである。

このアルバムとおそらく次(かな?)に配信される「marutanikaz historia numero um(1)」を聴いていただければ、いま言ってる意味は伝わると思うよ。いや、まぢで。

Rumba Flamenca〜Punk〜Jazz「揺れる街」

Merrengeの「疲労天国」「遠い結論」

Cha cha cha〜R&Bの「プールサイドは日本晴れ」

おそらくこちらの国で最初のCumbiaの録音された曲「恋のバンジージャンプ」

アロウも真っ青「Punky Zouk=Soca」の「ハッカー1/2」

PachangaがPunk化してしまう「ジョブレス 
ホームレス ミー&ユー&ブラック」

マルタニカズ 20代の最高傑作.Bolero「コンドル2」

きっとこれを超えるjapanese Sambaはなかろう、と今も思えるカオリーニョとの共作「手品師の帽子」

エンディングはBossa Nova「タワーの下で」

これに「土曜を逃げろ」や「ルパン〜ワタシ誰アル?」時にはクレッツマーを散りばめたレパートリーでいろいろ「大きな」舞台でたね。

横浜国大の学祭は対バンが「近田春夫とビブラスドーン」「頭脳警察」「シーナ&ロケッツ」

パンタに「西部警察のパンタさんですよね」と言って誰がシバかれる〜、とか、シーナ&ロケッツはリハは別人がやってた、とか、ビブラのTommyが初期ア ディケイド イン フェイクの解散危機の際のバナナホールでのライヴを見に来てて、そんときの「ラジカセ」持って演った「10$少女」がむっちゃ印象的やった、なんて盛り上がったり。

S Ken兄貴のカメレオンナイト(あれは90〜91やったんかな)@クワトロでの「カウントダウン」がおれたちで今は亡きPilipiliが「大阪が世界に誇る、ソンナバナナ〜!」なんて紹介してくれて見事に「ハッピィ ニューーーーギニア」でみんなコカす、とかギャグの自家中毒がおれたちの「持ち味(なんやそれ)」

芝浦インクスティックのライヴではこれもまた「今は亡きレッドシューズの社長(セックコーポレーション)」に気に入られ、「レッドシューズ貸切」そんな信じられない目にも遭った。当時の外タレ(デヴィッド ボウイはじめ、すごいメンツやで)来日の際にはかならず寄るレッドシューズだからね。僥倖って言うのね、こういうの。

土佐堀のクラブ「パラノイア」も、対バンがピリピリや伊丹くんの「カーリーショッケール」田島くんの「オリジナル ラブ」で、おれたちがトリ。カーリーのパーカスが乱入してきて、わやくちゃになりそでウッフンなとこを盛り返して、逆に超盛り上がったな。

青山CAYや京都MUSEのライヴの映像はネットで見れます。マルタニカズ かソンナバナナかで検索してみてください。


ホンモノともいっぱい演りました。

富士通カリビアンカーニヴァルは92.93日本代表で92はNY Salsaの大御所「Johney Pacheco」と。93では「Milly,Jocelyn & Los Vecinos」と。ベシーノスのやつらが、おれたちのリハ見て大騒ぎしてました。梅雨明けのジャストなタイミングでよく覚えてる。

Socaのスーパースター「David Rudder」との共演の時はカオルちゃん不在で、急遽アンツを呼んで、おれパートをアンツに、カオルパートをおれが、みたいなことにして、久々にトロピカルギターを弾きまくって楽しかった。


そんな数々の「戦歴(まあまあ栄光の)」を持つ「SONNA BANANA〜Parabola Spins」の「脱国境音楽」が強烈に詰まったアルバム「Let's Spin!」ぜひ聴いてみてくださいね。

超長文で大変失礼ぶっこきまして、ごめんちゃい。











posted by 浪速のCAETANO at 17:46| 大阪 | Comment(0) | The LABEL Rafflesia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手術終わりを待っていた

感染爆発はもう起きている、と考えるのが妥当だろうね。おれたちは地方政府の発表よりも、おのれの「肌感覚」でそのことを実感することになる。

「周囲にこんだけ調子悪い人がいるのに、本日の感染者数、たったこんだけ?」みたいな。近いうちに。そもそも「母集団」からしてサバ読まれてるわけだし。

too lateだけども。

悪い予想、その中でもまだましな方、もう最悪な方、とあるが、最悪な方へとスキューして行きつつある、と考える。だから、その予想の未来を予想通り生きざるを得ないことかツラい。

日本株BCGぐらいしか慰めの可能性がないことがさらにつらい。科学的根拠があればいいなあ。もう一回、いいなあ、、、。

東京がやっと軽症者をホテルに収容するみたい。体育館でもいいのね。新国立競技場はど〜や?オープンエアだし。少々の雨ぐらいええやん。象徴的なの、好きよ、おれ。


「国民の生命と財産を守る」と、おそらくよく意味もわからず、枕詞感覚でpm、よく答弁で使ってるが、であれば、少なくとも「どっちか」は守って欲しいものだが、どっちも「守る気がない」とは絶句である。言葉がこんなに滑るバカも珍しい。

サイコパス。手強い。

本日は東京の感染者「数えただけでも」三桁になるだろう。数えただけでも、というのが、既に非科学的なんだが。

昨日はお袋の手術のあいだ、ちょっとしたアテとビールで、原爆資料館横で花見。2時間ほどで戻ったが、手術は更に1時間半ほど続き、医大生の甥っ子と話をするでもなく、しないでもなく、過ごしていた。外でワインでもさらに飲んどくべきだった。長崎ならではの小高い丘の上の13階に病室はあり、窓からは「鶴の港」が見渡せ、その先の橋まで見える。長崎は湾なので。なんか海を見ると安心する。なんなんでしょう?

さて、最後に政治家に対する「暴言」おれは容赦なくていい、と思う。何故か?政治家だがら。権力を持つ公人に対しては、anything ok。anything。

おれはその時、politically correctを傍に置くタイプ。ごめんなさいね〜。

posted by 浪速のCAETANO at 09:03| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

たきこには酷評されるだろうが、

「原爆の 証知るひと 花は咲く」

E20740DB-42A3-40A3-A9F4-A616589C0C6D.jpg
posted by 浪速のCAETANO at 15:11| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とにかく、遅い

うーん、こちらの国は「ワクチンのない新型コロナにはフツーのやり方ではあかん」と閣議決定でもしたのだろうか?

あるいは「ここはカラダ張って世界を笑かそう。志村けん亡きいま、ユニヴァーサルとはアクションだよ、言葉?ちゃうちゃう」とか?

どーでもいいが、2枚のマスクと60億の送料の相関関係がシュール過ぎる。嘲笑は続いてるよ。安心しな。

D7FFABD7-4402-480A-AA58-09EF781D3CF6.jpg

各国首脳も驚いてることだろう。
「shinzo,your joke is .kinda...,」

12000円から始まって、和牛、お魚、すし、ときて、マスク。さて、次なに来るだろうね?上記のストラテジーであるならこれまでは奏功してるよ。国民は蚊帳の外、ながら。

みんながよく知ってる人々の感染も報じられつつあって、そしていわゆる「濃厚感染」状態の感染率がものすごすぎて驚くわけである。京産とか院内感染とか藤浪周辺とか、だが。


今、お袋の手術の付き添いで「実家に疎開中」だが、ここ長崎の感染者も「1→5」と増えた。

大阪では自分とこの店名を公表したら補償する、と。維新らしいやり方だなあ。


PCR検査を出来るだけ多くして、重症者は入院、軽症者は施設に。施設はまず公的な施設。次にホテルとか。国家的厄災だからね。

で、街を閉める。補償もセットで。


もう医療崩壊は予言されてるわけだからきっと起こるのであって、それは年代の異なる最重症患者がなけなしの人工心肺を奪い合う、そんな、リアル地獄が必ずやってくる、すぐに、ということを意味する。

軽症者たちの施設は、体育館とかでいいので。感染者同士だからね。野戦病院みたいだがそれでいいのね。

東京のpcr検査での陽性率は6〜7割である。もう見た瞬間、キミコロナね、と分かるやつばかりを検査してる。どちらかわからない心配だらけの人々はほとんど検査されとらん、ちゅうことである。

だから、5%とかの感染率がリアルだとすると感染者の総数はやっぱり少なくとも10倍はいることになる。

おれたちは、プラン🅰️で殺されるか、プラン🅱️で殺されるか。

その蓋然性はpmとその周辺の危機感のなさの2乗ほどに比例して上がるはず。


posted by 浪速のCAETANO at 09:10| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

再度「1世紀前の未来」へ

へーっクション!
「マスクぐらいせんかい、ボケが!」

「売ってないんじゃ、アホ!」

無益な口喧嘩。あちこちで起こってるんだろう。

今日の、参院決算委員会。西田昌司が「MMT」を解説してたね。オマエ、ファシストじゃなけりゃもっと「説得力」あるのにね。なんか残念なおっさんである。

ファシストなんだけど、その財政の知は正しく、値打ちである。だが、NHKは西田がPMに「論破」されたかのような絵になってたな。マンセー、やな。

まあ、でもデフレ下で増税はもう「絶対」やったらあかん「禁じ手」なわけで、それを、リーマンクラスのヤバいことか起こればやりません。そう言ってて、やっちゃったあげく、リーマン以上の「事」が起こる。アホにも程がある。

で、国民を救わない。黙って「見ている」.未必の故意ストラテジーは健在。大日本プロレス、じゃなかった、大日本帝国マインドも健在。

「国体」なんてものを信じてるかのような、いまだに。

えーと、今年どこの県でした?とか、そっちのボケ、要らんからね。

大日本帝国には大日本プロレスの「ほとんどすべてが、凶器攻撃」ぐらいで、ちょうどいいかもね。会議テーブル、蛍光灯は「武器」だった。

もうすべての大学、予備校、連休明けが新学期、ということになった、自分のことでいうなら。小中高もまた、少なくとも首都圏、近畿圏もまたそうなるに違いない。

だからと言って、連休明けに収まっている保証もないんだけどね。

今となっては「非常事態宣言」で1か月、しかなかろうね。憲法の「緊急事態条項」ではないからね。

とにかく、「じっとする、1か月」しかないだろう。移動には許可が、でもいいだろう。emergencyだから。その代わり、みんなには補償が要るよ。

それはやりたがらない。なんか、むにゃむにゃ言っている。

公務員、リーマン以外は「いつ死のうか」という選択を今月中に迫られるんだけどね。

死のうか死なないでおこうか、ではなく、その時期はいつ?そんな選択よ。逼迫してる。

50年前はほんとにいい国だったのに、50年後の今は世界で最低の国の一つと成り果ててしまった。蔓延対策も、補償対策も、どっちもアカン国は世界でもレア。我が身の不幸を嘆くしかない。中央政府の体たらくは、比べるものがないほどであるね。ユリコは、それに比べてよくやってると思う。
非常時のリーダーとしてはちょっと見直す。pmの目が、現実的になったな。

こちらの国の初動の遅さ(上から下まで)はもう「アカン芸風」みたいになってる。

そして、ほぼ全員が自分の意思が感じられず、上からの指示を口開けて待っている。

独裁して〜、という無意識か意識してんのか分からんが、そんな意思が見えるからね。「被独裁希望の思考停止状態」が、楽なんだろうね。責任取らんでええからね。自己の意思を持つことは「危険視」されることになるだろう。

「1世紀前の未来」まではもうすぐね。

深く絶望する。多くの方、そうじゃないだろうか。





posted by 浪速のCAETANO at 16:05| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボリスがサッチャーを(新自由主義を)否定した瞬間

「There is such a thing as society.」

社会っちゅうもんは確かに存在する。


Boris Johnson
posted by 浪速のCAETANO at 07:50| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする