2020年05月09日

嗚〜呼

今日は長崎はすごい雨が降ってて、外出るの嫌だったのだが、駅前コワーキングスペースにいる。タバコも切らしてたしね。

今日は右手に湾というか港というか、が見える席。

先ほどもaomi店長から梅田の「からっぽ」写真が送られてきたが、ほんと、人いませんね。長崎はパチンコ屋にも客が入っていた。

だが、「長崎市」は岩手県同様、自前の感染者がいないmeans「コロナ処女(あるいは童貞)」である。


第二波の洗礼モロに降り掛かるのではないかと危惧する。そんな「簡単」ではないよね。

ちょっと心配だ。

お袋が「コロナ鬱」の手前まで行ってるな、と判断して、コロナ関連のTVはあまり選ばないようにした。解決の兆しの見えないこの「コロナ禍」は晩年には「こたえる」だろうな。ダメージの蓄積で精神をやられる。


さて、みなさん、どうしようもなく今って経済が(市民経済がだけど)どーしようもないってのはコンセンサスだと思うのね。で、ですよ、そのときに「なぜ株価がダダ下がり・にならない?」不思議やね。

こちらの国の株価って「演出」されてるの、これでチョンバレちゃう?これが7年間(8年?)続いてきたわけよね。

年金どんだけ「溶けた」んだろう?

タネもアウト。三権分立もアウト。で、維新が人気。コロナかかる以前に「アタマ湧いてる」よね。検察庁法はldpと維新が推してます。覚えておこうね。

本題のコロナに関しては、「やることやらずに」なんとなく「解除」。

「37.5度、4日間」言うてませーん、て酷いな。加藤は死刑ではないかな。あと尾身も。西浦も。人「殺してる」からね。



先に死んだ友人たちのことをふと思い出し、「キミらが逝く時はまだマシやったなあ」と語りかける。当時、生き延びることはまだeasier だった。この半年(あっという間だったね)で世界は様変わりしてしまった。元に戻れないほどの「変わりよう」だ。何か恐ろしいことが起こる、とは確信はしていたが、こっちやったか、という気になる。いやしかし、これは本格的カタストロフの序盤に過ぎなくて、その「最終章の始まり」なのかも知れず、人は「安心したくってしょうがない生き物」だから、甘い言説に流れてしまうかもしれないが、そんな時もう一つの、さらに続いてもう一つ別の悲劇に見舞われるかもしれない。可能性。

どうしたらいいのか、わかんないもんね。

新自由主義の下、「備える」が大変疎かにされていた。省いてきた無駄は無駄ではなかった。rent seekerのクソ野郎が小銭にたかる。政党そのものがrent seekerであったりするこの地獄のような現実の中で、justice からは程遠いもう一つの現実が世の中を覆いつつあると感じるもんね。

ldpはskgを切って維新と組むだろう。結局世の中は変わらない。変わらないばかりか、余計ひどくなる。ショックドクトリンそのもの。維新はldpと「猿芝居」続けてるうちはまだいいが、正体を現す日は近いと見ている。

太郎ちゃんは羽をもがれた鳥みたいになっている。集会ができないのってきついね。


フナゴ氏、キムラ氏に譲ったこともそれで良かったのかどうか疑問符がつく。

ldpも維新もわかりやすく「小銭」をチラつかせてる。吉本のクソ芸人たちは今や「維新のビッグサポーター」である。pmおよびldpをクサして、目をgovernor に向けさせる。おれの知り合いも「早くも」governorに「騙されてる」もん。嗚〜呼、です。

おれは「寝起きのカバ」みたいだが愛知県知事を推すけどね。吉村の「目」が怖いの、わっかんないかなあ、と松鶴家千とせ師匠で終わっとこう。嗚〜呼。


posted by 浪速のCAETANO at 14:27| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする