2020年09月13日

ガースーでいいんだってよ〜。

「政策にポエム的要素」は『一切』いらんからな。

残念ながら「与党も野党第一党も」党首がポエムである。ダブル・ばか。党首討論も不毛だろう。

アベ亡き後、また「痒い所に手が届かない」そんなことになりそう。まあ間違い無いもんね。


一難去ってまた一難。もどかしいね。党内クーデター必要だね・「both parties」。


おれはldpは石破でも岸田でもいいんじゃないか・と思ってきた。同い年のアマ評価ではなく、言葉が通じる。アベ由来の「うんこまみれ」の継承のガースー以外ならこちらの国も立ち直りの「きっかけ」にはなり得ただろうが、無理だな。更なる泥沼へガースーとともに沈んでいく。おれは「ゴメンだね」。


大阪からもこちらの国からもEscapadeしたい。


ガースーはバカのくせに、視野は3度ぐらいしかなく、思考停止の「権力維持装置」に過ぎない。ガースーは「ガースー」と読んでくれていい・と公言した。ガースーの中には「侮蔑」が内蔵されている・なんてこともわからない低脳ジジイである。もう「ヘイ・ガースー」でいいってよ。


石破・岸田なら「現状認識」はできている。共通認識まではいける。いい与野党協力ができそう。幻想かな?幻想かもしれないが、言葉の通じない・文盲首相がこれまで7年8ケ月おれたちを押さえつけていたのだ。

橋下が入閣という、「さらなる悪夢」も待っている。総務相だと思うが高市でもゲー吐きそうやったが、そこに橋下が来るとなると、もうメディアは「完全に」終わるね。あのバカならSNSにも手を突っ込んで来るだろう。少なくとも「玉川くん」は左遷だね。


そんな「敵」を前に「消費税」を選挙の争点にしないとか言ってる「バカ枝野」を羽交い締めしないと。

もう、解散総選挙も「ある」。10月 or 11月で間違い無い。太郎ちゃんも大変だよ。入閣した橋下は維新の当選増加のドライヴに間違いなくなる。一般人のバカって「ものすごく多い」のよ。だけどね、己の首を絞める人間を喜んで支持する・これは倒錯です。倒錯って「変態」なのね。変態は「治せない」のね。治せんもんをどうせえっちゅうねん。たださ、お前らはええよ・変態なら。でもおれも一緒くたにそんな壮絶な目に遭わないといかんことがおれにとっては理不尽極まりないのよ。どーしてくれる。

ガースーは本当にバカなので、財政・経済のアドヴァイザーは間違いなく平蔵だろう。もうクソ時代遅れのネオリベ野郎。誰も見向きもしないようなそんなカビ生えた経済理論でどうもならんよ。合法的に人が死ぬだけ。あ、それが望み?そーかそーか。アメリカもさあ、そこから「離れようと」している。アメリカなんてさ、今でこそ「アングロアメリカ」だが、どんどん増えるlatinos、知らん間に「ラテンアメリカ」なってるよ。公用語も「英語・スペイン語」となるよ。混ざって「変な言語」ができるかもしれない。クレオールみたいな。それはそれで面白いが。


ldpもさあ、キミらが「反社」だよね。ガースーに明日投票する奴らみんなそう。


明日から「地獄・第二章」始まるけどね。いま浮かれてるやつ・全員「go to fuckin' hell」

















posted by 浪速のCAETANO at 15:45| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする