2020年11月02日

市は残ったけれど

最近では「最も心配の少ない朝」かもしれない。

だが、グッタリしてる。ボケを一人辞めさせるのに、こんだけエネルギー使うことの割の合わなさ、なんとかしていただきたい。だが、誰に頼む?

自分らでやるしかないのね。結局。

おれは運動家でも政治家でもないが、それでも二十人以上には話をしたし、説得もした。「my own matter」だとちゃうな。


だが「住民投票の罪深さ」もひどく感じてる。やるもんじゃない。上から「降ってきた」クソ維新による住民投票などほぼ「暴力」だ。

雨ガッパの「リコール」、武富士の「リコール」ならええかな。

だがどっちにしても禍根は残る。おれも、何人か、顔浮かぶが、知り合いで維新支持を公言するヤツなど、顔も見たくない、が本音である。こんだけ「バカバカ」言うたしね。


それだけハシシタ、マツイのボケらは罪深い。おのれらが辞めて済むと思うなよ。大阪市民による「損害賠償請求」とかはリアルではないのだろうか?

ノブエせんせい、どうなん、そこ?


反対派の方々、いい機会やから何故「維新の暴挙だけでなくその政策」があかんのか、そしてそれは今の政権のそれと「どれほど親和性があり」「どれほど世界の潮流から遅れているのか」まで認識を深めるべきだと思う。

「緊縮にした上で、無駄な競争心を煽り、敵を発見して、糾弾する」それをルサンチマンの発露とする、そのやり方の不毛とそこにつけ込むレントシーカーの存在によってそのクソ政策が進化してしまうという悪循環にまで認識を深めることこそが必要だろうね。


喉元すぎるとなんとか、で、3回目もあり得る、とおれは思うからさ。信用なんかしてない、クソ維新など。

勝った勝ったでは片手落ち、というものだ。

カネを出さないクソドケチ政府のout of dateな政策をしらーっと実行するその態度こそ、国政で追及しないといかんのだけど「自助」などほざくガースーなど、public enemyそのものだが「共助」で終わるエダノも補完勢力に過ぎない。財政がわかっとらん文系弁護士の限界だね。

たまたま久しぶりに見た朝生で李平蔵に言いくるめられる小川くんを見てしまったが、東大脳の限界が見えたかな。せっかくMMTなんてことを言い出したのに残念。そんな理論的に裏付けがどうこうより、USAの財政支出の規模を見てみたら。今がどんな緊急事態なのかの認識、甘すぎるのだ。きみ、香川の地元回ってんちゃうん?だったらみなさんの「疲弊」がわかるだろうが。


やっぱり「国の借金」に騙されている人多すぎるんだよね。騙されてばっかりなのか、こちらの国の人々は。

今日吉富くんが初めて「れいわ」と太郎ちゃんの存在が大きかった、とTVで言ってた。TVには雨ガッパと大阪市LDPの北野妙子氏(なんと阪大人科の一つ後輩だったが)しか出ない。

おかしい。

太郎ちゃんの、2週間以上の張り付きこそが、「熱」を「真実」をいわゆる無党派と言われる人々に伝えたのではなかったか?

物事は「正確に」伝えようよ。それもできずに高い給料もらってんじゃないよ。メディアの人間。

おそらく、維新に騙されるメンタリティが燻り続けることになるし、それはみなさんが「財政のウソ」に騙されてるから。雨ガッパの嘘など小学生でも見破れるが、池上彰に代表されるウソを見抜くのは一般の人には至難の業。権威が背景にあるからね。権威主義者、というか権威に弱い人は「わんさか」いる。

ある程度は自分の頭でかんがえるんだけど、わかんなくなったらそこらへんの一番ありふれた権威を「借りる」、それはしょうがないことなのかも知らんが、それが永遠に騙され続ける「コツ」だったりするから厄介だ。

勝った勝った、ではなく、負けなかった、かろうじて、が正しいとおもうし、根本が解決されたわけじゃ、全くない。

まだいろいろ危ない。本当は。

でもね、維新がやってきたことがすでにベース化してることが(例えば区役所職員がパソナであるとかよ)もうその崩壊を根本から治療することを妨げることになるでしょう。府大と市大の統合までもうきまっちゃってるんだろ?都構想ありきでもう始まってしまってるその政策一つ一つ見直すべきじゃないのか?

それはどうなんの?

依然として議会は維新だよ。府下の市長もどんどん維新化が進んでるよ。大阪市以外の市は必ずしも「。反対」ではないはずやで。

ほら、手放しで喜べんというのはそういうことだったりする。

より混沌と、問題解決できないことによるに「股裂き」状態は続くのね@ 大阪府。

局部的には崩壊防げたけれど、大阪人のメンタリティの拠り所は漂い続けますよ。

朝は心配事なくなってたが今は昨日とそう変わんなくなったわ。
posted by 浪速のCAETANO at 11:01| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦術

だいたいさ、投票で「勝ったことない」からさ。
二度の住民投票ぐらいなんじゃないかなあ、と振り返ってる。

新幹線の岡山ぐらいで投票打ち切りで、かもめに、乗り換えて諫早ぐらいで勝ったのわかった。博多〜肥前山口間は、「出口調査の、うそつき」と恨んどった。

まあ前回もそんなだったなあ、と思い出してる。

だが、勝ったというか「負けなかった」のは良かったが、維新が提示した「夢(ウソだけど)」に「抗い切れない」人々がほぼ同数いるのだ。そして雨ガッパ、明日にでも辞任するかなと思ってたら(思ってなかったけど)、任期全う、だって。

ふざけんなよ。今すぐ辞めろよ。right now.right here。


この政治的無力感の払拭はいいトラウマを植え付けたね。

「ならぬものはならぬ」

太郎ちゃんにもちょっとした成功体験を味わってもらえて良かった。コロナと都知事選とつねきくん事件のからの出口、見えたね。


上書きしていくしかないんだよね。latestにはよわいね、みんな、ね。あとカロリー。ほんますごいわ。

巨悪に対峙するやり方、戦術的に教えてくれたね。寄ってたかって。


同じコンテンツを、違う場で、異なるマナーでやる。


おれも勉強になりました。

みなさん一晩ぐらいは全能感に浸ってもいのでは。いいよ。

随分「久しぶり」では?


おれはそう。
posted by 浪速のCAETANO at 00:58| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする