2008年06月19日

EURO決勝トーナメントへの4

 あんなに強いスペインに対して、ロシアは0ー3の完敗。スウェーデンはほとんどドローの1ー2。その2チームが闘うとなれば、まあこりゃスウェーデンかな・と普通思う。

 最後のQtr. Finalへの切符懸けてのグループ・リーグ最後のゲームは先のチェコvsトルコぐらいおもろかった。

 「いいサッカー」をしたから勝てるとは限らない。それはポルトガルがこれまで証明してることだし、裏返せばイタリアがどんな大会でも常にいいとこまでいく・なんてことからもわかる。しかし、「とんでもなくいいサッカー」をすればどんなチームにも勝てるのだ。そのくらいロシアはこのゲーム素晴らしく、2ー0で勝っちゃった。

 一人5000万の賞金に奮い立ったか。奮い立ちたいなあ。ロシアのマラドーナ・アルシャービンの復帰とパヴリュチェンコの2トップはホマーリョとベベトを彷彿とさせるキレと精度の高いクロスと突破であっさり2点入れてしまう。「・・のマラドーナ」ってのはこと欧州に関する限り、「嘘」じゃない。「東欧のマラドーナ」・ルーマニアのハジは本当に「東欧のマラドーナ」だった。こりゃ「浪速のカエターノ」としてもパンツのゴム締め直さないと・と思わぬオヤジ発言も出ようってものだ。

 いや・その・勢いというのはすごい。そしてその勢いが前の試合までなんにも感じられなかったにもかかわらず、ってのもこれまたすごい。コーチは「ヒディング」。このヒトはやっぱりすごいコーチかもしれない。日本チームも雇えば。

 やっぱり新陳代謝がうまくいってるチーム(国)は結果が出てる。スウェーデンにおけるラーションとかは、重しの意味ですごくいいのだが。彼はほんとにアジのあるシブいプレーをする。

 実力差がW杯よりもないからEUROのグループ・リーグ突破はより難しいのだが、A組のトルコといいD組のこのロシアといい、前回大会のギリシアのような存在になってきた。そしてこれからは完全に一発勝負の完全決着のゲームだから、戦前の予想もそりゃありだが、「やってみなきゃわからん」という話になる。その「やってみなきゃわからん」度もまたW杯よりEUROだ。

 今回、以前のような「完全在日葡萄牙人」ではない自分を感じるのである。どのチームもすばらしいので、ポルトガル負けても最後まで熱いままでいられると思う。以前のイタリアのメンタリティが今回はトルコにあり、スペインとオランダはまるでブラジルとアルゼンチンのようであり、クロアチアはクロアチアであって、ポルトガルは以前のポルトガルとはちょっとちがう。やや個人主義のあかんとこを感じるのだ。精神的バブル・っていうかさ。調子乗ってたらどこかにすぐ負けるよ。今日のロシアならオランダにも勝てそうな感じだもん。今日は今日なのだけどね。ただオランダのディフェンスはそんなに・であるから、チャンスはあると思う。

 2nd ステージのどのゲームも「ちびるゲーム」になる。4試合分ちびってりゃ「それは失禁です」。いいぢゃないか・ダダ漏れでも。アテントがあるぢゃないか。

 あと7試合。スポーツ・イヴェントの中で最も自分にとってEXCITINGなEUROなのだった。誰が何と言おうと。そんなトランスナショナルがいいねっ。ジャパンにしか興味のないもしかしてアナタ。背骨だいぶ右に曲がってるよ。

 
posted by 浪速のCAETANO at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック