2008年06月21日

EURO2008決勝トーナメント2

 いやはやトルコ。なにすんねんトルコ。ミラクルトルコ。千林トルコ。

 アッラーの神のお導きか。

 おれは昨日のショッキングが尾を引いてか。3:30に起きれなかった。で、後半の25分ぐらいから見たのだけど、なんだかもわーっとした空気が感じとれ、試合は「消耗戦」の様子。クロアチアが押し気味であった。予想されたことだったが。それでも決め手に欠ける。セルヴェトのいかつい顔がない。痛んでいるのだ。な〜んだ・とやや失望。しかし、モドリッチ、スルナ、キレている。やはり、にっくきドイツをイワすのは、クロアチアの華麗なサッカーの方がいいだろう・と思ってた。グループ・リーグでも勝ってるし。

 なんだかラテン体質には「耐えられない」ような真綿で首締められるような、プラス暑さの進行情況の様相で、「うーん・もうっ」ってなる展開。クロアチアのスタッフにはプロシネツキとアサノビッチがいて、コーチのビリッチも含め、「懐かしい」顔だ。トルコは「インペラトール」である。アブラギッシュなワンマン。対照的だ。

 試合は延長になって、0ー0が続く。延長前半終わって後半へ。なんとなくまた決め手に欠ける展開。ニハトはFKの際にアシを痛め交代。延長後半残り一分、交代で出た腎臓手術2回のクラスニッチがゴール前の競り合いから、アタマで決める。延長後半残り一分よ、残り一分、もう一度いうが残り一分ね。ビリッチの喜びようと言ったら、ダーっとサポーター前まで走っていっとったくらいやもん。ここらへん、つい最近まで「現役」だった癖である。そしてその時点で残り時間ほとんどなし。ロスタイムは一分であった。

 90分闘って決着つかずにさらに延長の前後半15分ずつ、つまりトータル120分闘って、その119分目に点を入れられて、なんぼなんでもそこで誰でも試合は決定と思うよな。時計は120:52ぐらいを指していた。今回レフェリーがプレイ途中でも「はい・そこまで」と終了の笛吹くことが多いから、そこで終わっても誰からも何も文句は出ないのである。ビリッチは最後の選手交代の準備をしてて第四審判に申請していたし。もう誰もがクロアチアのベスト4を確信した時に、トルコのFKをGKがセンターサークル付近まで来て蹴る。それがゴールエリアまで行き、競り合ってこぼれたところをセミフのミドルが決まる。120分58秒ぐらいだった。で、PK戦でトルコは勝っちゃった。

 クロアチアの超コーフンからの超落胆を考えると、やや気の毒だが、これは仕方のないこと。それよりもなによりも、おれたちはトルコのチェコ戦での「奇跡」を見ているわけで、なんかあるかもしらん、とは思うものの、ほんとにこんなことが起こるとやっぱ・びっくらこくわけよね。もうほんまにミラクルトルコ・千林トルコ・である。神がついているとしか思えんでしょ。神というならアッラーでしょう。トルコだから。

 ニハトはちょっと心配だけど、セルヴェトがもう一度見れる可能性があることをおれも神に感謝しよう。といってもアッラーではなく、そこらへんで遊んでる神サンに・だけど。セルヴェト、空中戦で競って、頭突きでクローゼの鼻折って泣かしていただきたい。

 逆境に強い・なんて、言葉にすると簡単だが、行うは難し。それはミラクルトルコにしてみたら、逆境ではないのかも。なんで? そりゃアッラーでしょう・なんつっても。最初おれは、ガッツ方面からの解釈を考えてたし、チェコ戦の模様からはそんな風にも見えたのだが、本日先ほどのあの感じは、それだけとも言えん何かを感じた。ガッツだけじゃ奇跡をそう何度も起こせないと思うからだ。

 いや・ついとるよ、砂漠の神が。EUROというキリスト教圏での差異の中にもひとつ大きな差異を持ち込んだミラクルトルコはやっぱり台風の目になってきたように思う。最近おれは、カトリックにシムパシーをおぼえてて、昨日のポルトガルvsドイツもカトリックvsプロテスタントの構図を感じてた。次はプロテスタントvsイスラームだ。と目線は下世話になってくるのを禁じ得ないが、EUでのトルコの微妙な立場もあるし、ぜひマイノリティーと、異文化同士の融和のためにミラクルであり続けていただきたい。

 早起きはいい。ただもうカラダはずたずたになりつつあるが。

 P.S. ネットも含め、扱いがあまりに素っ気ないのが不満である。オンナ目線でサッカー報道すんじゃねーよ。今大会で一番すごかったよ・この試合。
posted by 浪速のCAETANO at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック