2008年06月23日

EURO2008決勝トーナメント4

 これでスペインも負けてしまえば、大会の「華」がなくなる。

 ただ、イタリアもフェイストゥフェイスでは強い。スペインイレヴンへ魔法かなんかかけたみたいに、スペインの動きが悪い。中盤での華麗なパス回しは影を潜め、ものすごく縮こまってるのね。その縮こまり方、見ていて痛い縮こまり方なのだった。

 ピルロもガットゥーゾもいないイタリアは勝ちを諦めたかのような「守る」戦法。それも引いて守るというよりも攻撃のヴァラエティはとりあえずおいといて、積極的に守る。守りで完結するような守り。伝統のカテナチオが復活したゲームだった。攻撃はトーニの頭狙いという単調さ。しかし、これも仕方あるまい・という感じ。クリエイティヴなサッカーって今は無理なのだ・イタリア。

 セスクが入ってからはスルーパスも通るが、それでもイタリア急造CBの「鍵」は固いわけで、ここが「サッカー大国」たる所以か。

 いやーな感じの重たいムードで前後半終了で、お約束のような延長戦。イタリアは後半にデル・ピエーロが入って、何かしてくれるんじゃないか・というスペインにとっては厭なムード。

 でもなんにも起こらず、PKで最後はスペインの勝ち。スペインがさまざまな「呪縛」から解放された瞬間だったのだが「呪縛」というのは恐ろしい。リチャード・トムプソンに「WHEN THE SPELL IS BROKEN(呪縛が解ける時)」という曲があるが、解けるまでがホント・大変。

 しかし、今回のユーロ、なんだか大変である。スペインにとっては敵役のメンツは揃ったが、だけど、もう先を予想すんのヤメた。グループ・リーグと決勝トーナメントがこんだけノリが変わる大会も珍しい。

 セミ・ファイナルはただただ試合を楽しみたい。一番シムパシーを持ってるのはトルコだが、見て楽しいサッカーは今回はちょいと諦めて、トルコがドイツにリードされた時にまたもやアッラーの神が降りてくるかどうか、しっかり見ておこうと思う。ゲームとしてはロシアvsスペインは面白いだろうと思う。

 しかし、見続けるの大変だった。特にここまではずっと続いてたから。しばらくお休みで体調回復を図るのだ。眠たいぜ。
posted by 浪速のCAETANO at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック