2008年06月26日

EURO2008 Semi-Final の1

 いやー、惜しかったトルコ。

 アッラーは降りてきかけたが用事かなんかでちょっとどっか行った隙にドイツにやられた。前半から少し「押してた」のがちょっとアッラーに油断させたかな。「意外にやっとるな・今日・ほな・・・」とちょっと砂漠の神も気を抜いたかもしれない。

 ドイツはW杯3度の優勝を誇る「サッカー大国」だ。おもんないサッカーをするが、勝負には滅法強い。そして・でかい。デカイと言えばチェコのコレルもでかいが、クローゼもデカイ。なんだか、いやなデカさである。別にサッカーやんなくてもさぁ・というデカさ。今日もアタマで1ゴール。

 トルコは「最もチビッこ」なチームだったが、足技がうまく、今日なんてレギュラー9人怪我と出場停止で欠いていたにもかかわらず、フェイストゥフェイスではドイツのプレイヤーとのマッチアップ全然負けていなかった。ただ、トルコのゲームは「中年の匂い」がする。常にエネルギッシュなのはコーチの「インペラトール」だけで、ピッチ上はまあなんというか静かなのだ。ヤル気があんのかないのかよー分からん感じ。

 ところが先手取られると、俄然動きがよくなるのだけど、まあこれもなんというか、エネルギーが一瞬薄いセンチメンタリズムの膜で覆われる。そしてその後その感情が「ふっ」と消える。砂漠の神が降りてきた瞬間なのであるが、そこから、正の感情も負の感情もない「無の境地」と言えるようなサッカーになる。ここんとこ、初めて見たサッカーなのだけども、それはもちろんラテン的でもゲルマン的でもないやはり、中東的というよりもトルコ独自のサッカーになるわけ。

 トルコは戒律のさほどキビシくないイスラームの国だからかな・とも思う。他の中東の国はなんかことあるごとにゲーム中に「神」に祈ったり、お礼を言ったりしてる。あれ、なんだかやや違和感があるところなのだが、トルコ・チームはそんなことはない。もっと「俗っぽい」。その俗っぽさにもかかわらず、ヨーロッパの中では数少ないイスラームの国だからこそ、アッラーが「こんにちは〜」する。現実に大きな奇跡を2度、ちっちゃな奇跡ならさらに2度、見てしまったわけだから。

 トルコ・チーム、EUROから去り、セルヴェトも最後は出場しなかったが、すばらしかった。実は2002日韓W杯でベスト8で日本はトルコと当たって惜敗している。それから6年、ものすごい差がついてしまっていたわけだった。

 明日はもう一つのセミ・ファイナルだが、今一番おもしろいサッカーをするロシアがスペインに挑戦する。スペクタクルなサッカーを見たいよね。ワカモノのサッカーを見たい。「田舎の子」の顔したロシアのマラドーナとパヴリチェンコ、スペインではマルコス・セナとセスク、そしてシャヴィとヴィジャに要注目!!!である。
 スペインの「何が何でもオレらのサッカーをする」という「我」が勝つか、というのは6.22の「呪縛」がやっと解けたわけだしね。ただフース・ヒディングはほんとに「何をするかわからない」。そう考えると采配で流れを変えることがほんとにあるわけで、今回ヒディングはものすごく冴えているから、そのマジックも見所だ。スペインはポルトガルに次いで最初っから魅力あるチームだし、ロシアは等比級数的にその魅力を増しつつある。おもしろくないわけがないのだった。
posted by 浪速のCAETANO at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック