2008年08月28日

NGOなのに

 アフガンでNGOの伊藤さんが射殺され見つかった。

 アメリカ追従とは、こういうことが起こっても「しかたない・平和のためなのだから」とハラを決め、そしてそのあともそれまでの活動を続けるということなのだろうか。アフガンはイラクではなく、自衛隊は派遣されていない。しかし、タリバンにとっては日本人とはアメリカの「家来」である・という見方をしているのだろう。

 だからといって、誘拐していいとか、射殺していいとか絶対許せない話なのだが、日本がアメリカ陣営にいるということが、この国のトップによって「正式に」なされたアナウンスメントである限り、「敵」と見られても仕方のないことかもしれない。だけどNGOやで。非「政府」組織なのになぜ殺す。クソタリバンであるし、クソアメリカである。すごくもどかしさの残る事件だし、こんなとき「国家」が疎ましい。何故ばか政治家の決断により、たとえば旅行者だとして、日本人であるからテロの対象にならなきゃいかんか・なんてことを考えるとものすごく腹が立つ。

 国は決しておれたちを守っちゃくれない。一番保護が必要である人間を真っ先に見捨てるのだから。

 それにしてもこのバカの緊張感のなさは一体なんなのだろう。http://ichita.blog.so-net.ne.jp/index/3

 これ・外務副大臣。だみだ・こりゃ。志しのある人間に対してあまりに目が届かない、犬死にかよ。あきれてしまう・緊張感のなさであった。

 タリバンと言っても伊藤さんを殺したパキスタン・タリバンはちょっと理屈が通じないとっても卑劣・集団のようだ。ほんとのアフガン・タリバンは「恩を仇で返すようなことはしない」らしい。いや・そうじゃなきゃ9.11の正当化もできない。正当化なんて出来ないと思うが、少なくとも、資本主義とは異なるロジックによって生きているのだから、その正当性は主観的であったとしても、その主張は堂々とするべきだから。

 無条件に「ニッポンニッポン」と声援を送った方々、その声援はこんなところへと吸収されていく可能性が最も大きい・という自覚も必要かとおもいますが。たとえ、意味が違うと言ったとしても、アメリカに追随する日本と、みなさんが応援したニッポンは重なる部分が、たとえアナタが違うと言ったとしても対外的にはある・と言わざるを得ない。それはあなたが「ニッポンニッポン」と応援する様子が無邪気であればあるほど、相手も実に無邪気にその国をアメリカの手先と見なすからなのだ。

 「自由」の意味を60年以上もはき違えたまま、もうそれはいわゆるひとつの「ワガママ」と同義となってしまったこの国で、それは全人類的なネガティヴだと思うのだけど、世界はそれに追随しつつある。日本のようになりつつある。新自由主義を解釈しようとするとそうなる。そんなときその内部にわがままをゆるさない・というか、ワガママが憚れるような自主規制を促すような教えがあることは別に悪いことではないような気がしてくる。束縛と拘束はごめんだが、全員が糸の切れた凧ではやっぱいかんでしょ。

 パキスタン・タリバンこそが今的であり、そんな考えは日本人よ〜ッく理解出来るんじゃないかな。これって不幸なことなんだけどね。
posted by 浪速のCAETANO at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界・地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック