2008年09月21日

HARSHの前に

 ほんとうの「非国民」的な人々というのは、「親米」の人たちだった・ってのがやっとわかってきたね。それもはっきり・くっきり。

 もうでもアメリカとの「ON THE SAME BOAT」は危険すぎるのであるから、「手を切る」のがいいのだけどね。みんなの、というと曖昧になるから、おれがでいくけど、借金して払った消費税をアメリカ企業を助ける為にドルと交換して「ほとんどあげる」ってどーゆーこっちゃ・という話だよ。その交換レートだって、これからドルの暴落が予想され2/3ぐらいになっちゃったら何兆円をドブに捨ててるのと同じこと。

 こまっちゃったね。自民党の5候補が外国人記者クラブで「あんたらはまじめに選挙活動やっとんか?」と外人記者につっこまれとったが、いや・ほんとにね、そんな感じに見えるということよな。この緊張感のなさ・とはいったいなんでかなあ・と思う。このユルさは。

 まあそのう・ユルさがいい・いい・と主張している身ではあるが、税金を使ってる人間がそんなんじゃ困る。税金使ってキミらが癒されんでもいいんだからね。福田ちゃんというおっさんはその言動の中に「いやね、私もね、あなたたちとね、同じなのよ」みたいなメッセージがあったと思うが、それはものすごい勘違いなのであって、首相の自覚がまるでなかったと思うけれど、だから放り出しが本人の倫理観の中では成り立つみたいな話だと思うが、そんな「もーえーわ」みたいなタイミングで世界ではこんな100年に一度の恐ろしいことが起こるわけだから、ほんとに間が悪い。

 なんだか、例によってピンときてないヒト多いと思われるが、この金融崩壊の連鎖はまちがいなく、津波のように襲ってくる。ん・なんか変だなと思ってるうちに高波が襲ってきてあっと言う間に呑み込まれてしまうだろうと思う。多くの会社が潰れるだろう。その「傾向」は身近に見えつつある。もう、おれはハラを決めた。

 新自由主義の結末はこんなひどいことだった・という話だ。新自由主義者たちが稼ぎまくったツケはそれ以外の人にも等しく回ってくるという不合理で不条理な現実なのだが、同じ空気吸ってるということはしょうがないのかね。

 ベースの大切さを痛感するよね。ベースが確かじゃないものはいずれ崩壊していくということね。人も企業も同じだった。重くてあまりにも「痛い」レッスンだったね。

 飛び石連休みたいだが、なんとなくみなさん「暗い」のではないかな。むやみに「声出していこー!!!」もなんか・である。この暗さもしばらくしたら「目が慣れて」くるのかもしれない。今のうちやれることやっとかないと。あんまり時間ってないんだけどね。

 

 

 

 
posted by 浪速のCAETANO at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ダメダメ社長の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック