2008年11月15日

SO RELIEVED

 ワインを頼んでワインリストを作っていたらあっという間に「休日」は夕方であった。

 休日とはいえ、ひとり明日の甲南大学の試験の最後の修正にやってくる。

 それは新しい来年からの学部で、マネジメント創造・という学部で「CUBE」なんつって、長文を読んで、英語の質問に英語で答える・というかなりの読解力プラス作文力が問われる試験で、読解はなんとかなるのだが、作文が、困ったものだ。

 ほらアタマに浮かんだことって「もやっ」としてて、それを母国語でもうまく整理しないと書いたり喋ったりできないでしょ。その「もやっ」としたものを、英語の論理性の中に再構成するというのは、高校の英語の中でもやっぱりほとんどのやつが苦手としている。

 英作文を書かせると、まあまあカシコイとされているやつでも、アホの子・な文章しか書けないことも多い。うちのヤツが相対的にアホなのかもしらんが、いや、しかしこれは一般的だと思う。表現とはもっとも集約的でしょ・というか一番最後にある作業だもんね。さんざんインプットした後のアウトプットというか、それがまた他人にとってのインプットとなり延々どこまでも続いていくわけだけどね。

 集中的にそればっかりやるというのは、例えば、「本番は最大のリハ」みたいなもので飛躍的にその能力を高めることにもなる。まあ、その後・のためにもがんばってほしい。

 今、嵐の前の静けさ・という感じだ。どんなマグニチュードの嵐か・とは想像はするが、よくわからない。想像しようにも情報不足だ。こればっかりは「未経験」のことだからね。しかし、その顛末は文章にしたい。せめてもの「一撃」である。2006年の12月のある日からの崩されゆく曾根崎の露地を綴ってみたい。

 ねえ、神戸のティナ姐さん、その際は善きアドヴァイスをよろしくお願いいたします。パンツのアウター化は進んでますか?

 ふと思ったが「パンツのアウター化」って、それは見せパンのかなりの先取り・なのだけど、やっぱり見せる箇所が違ったね。

 なにもかも別もんだった。

 世間一般の休日はアイム ソー リリーヴドだ。

 

 
 

 

 
posted by 浪速のCAETANO at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック