2009年03月16日

早起きFINAL

 そんなに深く物事を追求しなければ、そこまで突き詰めて考えずに済む事が、つきつめることによって、思わぬ結論が「自分」に向かってくるなんてことがある。

 やめときゃいいのに・なんて思っているが、興味津々でその中へ中へと入っていき、泣いて帰ってくる・そんな例を何度も見て来た。

 現世利益に反応するだけの知性しかないやつだったらそれでもきっとOKと思われるが、そうじゃないやつにはそこんとこキツい。しかも、世の中と来たら現世利益主義者の塊であったりするから、そんなダメージはカウントされないことにさえなってる。

 さて、早起き最終日。
 
 競争は「意味なし」だが、勝負には勝って欲しい。その場合の勝負とは「オノレとの」勝負である。あー・できない、という弱い気持ちを冷静に、目の前の問題に集中する事によって問題を解き続ける事によってノリを回復させることで克服して、時間を考え、やりきって、その晩のオトナであれば「酒が旨い」なんて一日を期待してるわけである。

 今残っているやつらは22年前、の中三の、ムスメと甥ッ子であった。時は流れる。おれも全力でやるわけである。

posted by 浪速のCAETANO at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック