2009年03月19日

理想を追っかけ

 何かやっとかないと落ち着かないので本日も@Todo O Mundoである。

 今日はイタリアンテイストの白身魚のホイル蒸しでもふるまおうと考えている。店の理想というのがあり、というか、自分が客ならこうイキたい・というのがあって、まあ、そのぅ、個人的な熱狂・からしか物事は始まらないから、それでいいのだ・とバカボンパパ化してしまうのだけど、それは白あるいは泡から始めて、サカナを食べ、ちょこちょこっといろんなものを食べ、そして赤へ移って、肉をちょいと食べ、みたいなコトなのだけど、まだ店の中がばたばたしていて、おれの主旨が未浸透ではあるが、はやくそうしたい。気取ったメシというわけではなく、鉄板の守備範囲の広さをフルに使って、繊細なものから下品なもの(下品とは悪い事とはちょいと違う)まで、セオリーなどなく、順番もなく、ただただ喰いたいものを喰い、飲みたい酒を飲む。そんなのがいいのである。

 だから時間があれば店にいて、焼きたいときは焼くわけなのである。

 オープンキッチンの良さもコワさも、わかるのはまだまだこれからで、夜が更けてきたなら、そこは気楽なバーと化し、強い酒なんかが出て、しかし、また小腹が空いたというのなら、ナシゴレンや娼婦パスタや酒盗パスタやら、ピザやらガーリックライスやら、あるいはエスニックなオムライスをみんなで分けっこして〆たいわけね。

 やはり、そのイメージの源泉はデッドエンドストリートにあり、人が自由になれる場所としての店でないと意味がないと思うのである。今は店の者だけが自由な感じだけど、そんなことをみなさまに浸透していきたいと思うのである。

 中津の街はなかなかに保守的でもあり、しかし、そんな中、水に真っ赤なインクを一滴落とすかの如く、少しずつなにかからなにかへと色をつけていきたいわけであって、デッドエンドストリートの「あの」ニュアンスを出すその日まで精進・というわけだった。

 まあ今んとこ夜まで騒いでも苦情は・ない。これからあったかくなるに連れ、もっといい雰囲気になると信じている。昨日はドアを半開けにしてマリーザ・モンチが中津の通りに漂っていた。今まででは有り得ない「素敵」だった@中津。

 明日はおやすみだよん。今宵マージナルヴィルでお会い出来ればいいでしょうね。
posted by 浪速のCAETANO at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | TODO O MUNDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック