2009年06月20日

消えてしまった日

 店で我に帰ったら、午前六時だった。

 気を失ったぐらいの堕ち方で、自分でもびっくらこいた。やっぱりやや疲れている。コーフン状態の後の疲れ・という感覚。

 そうかコーフンしとったか。

 この生活が日常へとすこしずつ近づいていくわけだろう。

 というわけで、本日はほとんど消えてしまった。もったいないことをした。しかし、消えてしまったものは仕方のないことであるから、ばかはすぐに忘れるのだった。

 明日の準備・というほどの大層なものではないが、歌詞カードぐらいは揃えんとな・と思う。指はやっぱり「軟弱」ではある。じゅんちゃんを呼ぼうかどうか、迷ってる。


MY MASTERの一人・リチャード・トムプソン。いつ・どれを聴いても素晴らしいのだけど、不吉な歌・哀しい歌を書かせたら世界一でしょう。こんなことが日本ではできないなあ。
 
posted by 浪速のCAETANO at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック