2006年02月09日

全員通るかな・より始めて

 龍谷大合格しててJくんはとりあえず浪人は無くなり、あとは立命の発表と今日明日の試験に全力でがんばるだけ。もう溜まりに溜まって下半身重たいWくんは昨日突然現れ、甲南の英語の採点をやらされたが85%の出来。まあこちらも大丈夫だろう。あとは関学の結果待ち。スコーンと抜ける日も近い。大谷を受けたI さんは一つ行くとこあるからもう気楽に結果待ち。そして土佐高のK くんはただいま「放し飼いきんたま」として東京で受験中。まあたくさん受けてるからどれか引っかかるだろう。推薦で決まった女子3人も含め大学受験からは解放の様子である。

 そして明日は私立高校の受験。こっちのばかたちは、一部にややきんちょーも見られるが、受験の仕組みなどをゆっくり説明してあげると、さほど難関でもないことがばかなりに理解でき、そろそろハラも括れてきてる様子。こりないばかのY 部などは「なんか、わくわくしてきたー」などとコーフン気味でみんなからまたしても呆れられよーわからん。面接のある学校もあり、その対応とかも訊かれるからまー答えるんだけど、その中に必ず「この学校の志望動機をどーぞ」という項目があって、しかも併願の私立のアホ校にはいまだヤンキー多数みたいな高校もあり、そんなときは「先輩たちみたいな正しいヤンキーになるためです」とか「ヤンキーの伝統は一つの文化ですからそれを誇りを持って継承するためです」って言え言えと毎年言っているがだれも言ったとは未だ聞かない。そんな、本音を言っちゃ身もフタもないような質問止めればいいと思うんだが、高校も懲りずに毎年訊いてくる。そんな公的な場で「うそ」を言わなきゃいけない、とりあえず、なんてのは、皮肉にもオトナへの通過儀礼の様相である。高校側はなんかギャグのオチみたいなものを期待してるのだろうか? などと思ったりもする。
p_filmo.jpg
 もっともオエーなオトナ情況が蔓延している社会が現実に存在し、それは「マフィアの社会」と言っちゃってもいいと思うんだが、その根拠は公正性(フェアさ)の欠如だけども、これ以上ない公の場(国会審議しかもTV放映付き)で、小学校低学年の学級会においてでも、そんなんおかしいやん、と突っ込まれるような「うそ」「知らんぷり」「おどし」みたいなもので、その場を収める・収めることが出来るなんてのを目の当たりにするということは、なんだか最終的には、エラいヒトが寄ってたかって「チカラ」がすべてであって、その「マフィア社会」を肯定する様子と、日本人独自の親和性を利用しているうすら笑いの小泉くんに対して辛辣な質問の民主党が「なんだか殺伐とした雰囲気」を醸し出す結果となってこれもまたしてやられてる感ありだ。そこだけみたら。

 それは一般のヒトビトにおける「肝心な情報の欠如」が原因であって、それを知るとそれくらい殺伐としてではなく、実は辛辣にクソマジメに政府と対しないとあかんっちゅーこともちゃんと見えてくるんだけど。

 結局ヒトビトはなんだか「不正」とはちがったイメージの世になりそうな期待感が、ん? なんか変だぞ、っともやっとしてたら、それは現実になり、その構図は、新しい風のペルソナを被って法を犯して大金を稼ぐというヒトビトの集団があちこちにいて、やっぱりそれらは現在の権力と結びついていて、LDのことに関して言えば、トカゲの尻尾はとりあえず切っちゃうが、そのお金の流れの最後に行き着く先(現在は連立政権であることをDON'T FORDET!!!)の権力構造までは踏み込まんようにしようね、おれたちオトナだからね、なーんて約束事ができてるみたい。

 沖縄という土地はどんどんブラック化が進んでるみたいだ。「成人の日」になると突然湧いてくるあのイマドキ天然記念物みたいな髪型のあいつらの将来を考えると、あの美しい海とのギャップにアタマがくらくらしてくる。ヤマトの犠牲になってきたウチナーがまたヤマトにいいように使われるのを見るのは心が痛い。

 さほど身も心もブラックにならんでもオトナは成立する可能性だってある。コドモとかワカモノとかの時代にクソみたいな音楽ばっかり聞いて(聞かされてる)からやんけ!!!とクソJ POPにやつあたりしとく。いや、意外にまじて。


 
posted by 浪速のCAETANO at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック