2010年02月15日

周年御礼

 TODO O MUNDO周年にいろんな立場で来ていただいた方々、要は「現場におった方々」ですけど、ありがとう&おつかれでした。おれも「普段より多め」に演奏させていただきました。

 さてと、ここからだよね、現実的には。

 いろんな発信とオープンマインドが大切かな・とおれは思ってます。いいヤツと出会いたいですね。せっかくの「場」だから。

 まあ将来のことは「未定」であるから、何が起こるか・なんてわからないけれど、結果を怖れず、ベストを尽くすぐらいしかないですからね。できるだけ「明るい思想」でね。

 最近、最後までどうも店にいられない。何故か? わからない。最後までいない方がきっといいのだ・と無意識が告げている。いろいろ気を使う。ヨッパライの不毛の攻撃も後味悪い。まあきっとそんなところなのだろうけれど。酒に関する体力も落ちてきてる。

 昨夜は「YOU STREAM」の実験をやってみた。店内の様子をリアルタイムで配信するのだけど、まあモニター注視しているわけではないので撮られてる側にはそんな自意識もなく忘れちゃってるのだが、まあなにかイヴェントの際には発信をしてみたいわけである。一応ターゲットは世界中なのだが、きっと見る人は一桁人だろう。それでもいいか・と思ってて、しかしその無駄打ちがやや好転されるためには、「ラフレシア」であるとか「トドムンド」であるとか「浪速のカエターノ」であるとか・そんな単語をもっと「流通」させないといけない。

 おれたちのパブリシティべたはなかなか自信があって、そんなことであるから、自己満足に終わる可能性も大ながら、ややヒントになることではある。

 しかし、店やら音楽やらやっていて最近思うことは、このサイテーな時代を共有している人々とはなんとなくコミュニティ的な付き合いにならざるを得ないところがあって、そこはとってもいいことだったりする。もう一歩踏み込んでみたいところでもある。

 さて、これから「バースディ・シーズン」である。たまたまだけど。なにかにかこつけてわーわー騒ぐのはこのサイテーな時代へのレジスタンスみたいな気がしているが、何かの先送りかもしらんが、先送っとくことは基本的に悪くないのである。


 粋な男をいいオンナが歌う。
posted by 浪速のCAETANO at 18:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TODO O MUNDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック