2010年03月18日

muito obrigado

 いや〜、おもしろかったですね、昨夜のラフレシアン・コムプレックス。

 レインドッグス、やりにくいかなと思ってたが、なんのなんの、爆音さえ我慢すればぜんぜんやりやすい。次もここやな・と思った次第。

 すっぽんぽん'ズメグ・アオミ、レスザンゼロミタキ・サカキバラ、ユウミちゃん、ハープの木寺くん、DJ平野さん、サントス、瀬戸ちゃん、エンジニアキイくん、キング堀内、カオリーニョ藤原という黄金のラインナップのミナサマ・アーンド、忙しい中来ていただいたお客様、もひとつ・アーンド、レインドッグススタッフの方々、ご苦労様でした。

 どうして今まで出なかったんだろう。

 次は週末に開催して酸欠ライヴにしたいよね。おれは二階からの眺めがピーピングぽくて「やや萌え」でした。やってるひとがそっち方面無防備で。ん・しかし、ハゲはあかんな。

 雑多なものがいいし、雑多なものがそのままごろんとそこにあるのがいい。みんなかなり好調だったしね。あんなカオリーニョもなかなか見れんよね。一粒で6度おいしい「ラフレシアン・コムプレックス」なのだけど、ほんとに一度みなさん、足を運んでください、未体験の方々。

 さて、今後は4/2、すっぽんぽん'ズとマルタニカズの京都・陰陽(ネガポジ)、そして4/27、サンホールのマルタニカズ・ホストライヴと続きます。これもなかなかわくわくしております。コムプレックスは5月か6月ってことになりますね、そうなると。

 今回は、フライヤーの印刷ミスがおれのモチヴェイションをすっかり削いでしまったが、次はそんなミスをなくしていただいて、しっかり営業して「酸欠」へと繋げたく思います。

 いやー、それでもほんと面白かったし、みなさんに楽しんでいただき、プロデューサーとしては、満足な一夜でした。


 さて、The LABEL RafflesiaのHPへリンクから飛んでいただいてTest Listeningができるようになりました。まずはPARABOLA SPINSとCVS COWBOYSの全曲が聴くことができます。太っ腹です。オリジナルの「手品師の帽子」や「コンドル2」「観覧車に乗って」などとにかくその2アルバムは全部聴くことが出来ます。

 気に入っていただいたら、買って。ワタクシ自らアルファロメオで宅配いたします。
 
 Let's ENJOY!!!


 
 
posted by 浪速のCAETANO at 16:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Rafflesian Complex | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック