2010年04月17日

三つ子の魂百まで

 ワシントンポストの鳩山ちゃんへの侮蔑記事。

 それを「その通りだ」と報じるNHK。

 なんかおかしい話なのだけど、溺れたイヌ叩き・ということか。アメリカは結局、自民党の日本に戻したい・というわけで、現実に自民党が復活しなくとも、民主党が自民党になればよい・ということだと思う。

 小沢くん叩き・そして今回の二度目の鳩山ちゃん叩き。見事にCIAの戦略は成功しているように見える。メディアの論調はもう決定してしまって、残念ながら鳩山ちゃんの政治生命は終わると思えるが、そんなんでいいのかなあ。

 特に今は、オバマは鳩山ちゃんをというか日本を苛めれば苛めるほど、支持を得るという構図になってるから、だから「トヨタ」も苛められたわけだしさ。

 だからそこに何か「不穏」な空気を感じないのかな・と。

 何か大きなチカラがそこには働いていないのかな・と。

 「いじめ」って苛める側と苛められる側の当事者以外に第三者が必ずいて、その第三者の態度はいじめを解消することも、またいじめを決定的にすることも出来、今は苛められている側の国営放送が、苛めてる側に立って、自国の首相を苛める立場を正当化してる・なんていう奇妙な構図だ。

 ワシントンポストの記事も「下品」なもので、どうもそれを書いたニンゲンは恣意的に書いてると思うが、そんなフェアさを欠いた一記者の記事を、まさしく「天の声」化するのはどうなんだろう。

 ジャーナリズムってないみたいだね。日本も、そしてアメリカも。腑に落ちんのは、日本のメディアが「頼まれもしないのに」アメリカの言いなりになってることね。三つ子の魂百まで・とはこのことだけど、そんなんでいいの?


 こんな「アメリカ人」もいるというのにさ。
posted by 浪速のCAETANO at 17:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック