2006年03月17日

WBC 3

 あれれあれれ?
 アメリカがメキシコに負けちゃった。信じられんことが色々起こる第一回大会の不思議。

 一旦切れた緊張感取り戻せるのかね、でも。一番国を背負ってなかったのがアメリカチームだったということになるね。みんなリーグ戦の方が「全然大切だもんね」と思ってるのだろう。そもそもメジャーの一番が世界一なんだから、もうそれでいいやん、いらんことせんで。これが本音だろうか。オトナ・やな。松井もオトナ・やったな。イチローはコドモか・そうなると。

 しかし、今回なぜ自分がけっこうおもしろがってWBCを見てたか・と考えてみると、昨日も一昨日も言ったが、「負けたら終わり」なんていう緊張感とプレイヤーの真摯な姿勢にすごく新鮮なものを感じてた・ということがある。サッカーと一緒でオリンピックはプロ・アマ混合みたいな釈然としないチーム編成であるし、変な球場で真っ昼間に試合あったりでなんか盛り上がらない。やっぱ夜がいいよね。ナイターというか、夕方〜夜が野球気分でしょう。

 野球の(正確にはBASEBALLの)W杯一回目としては不備がありすぎるのは否めないとしても、これはサッカーも同じだけど、ナショナルチームだと、あるもんでやらんといかんでしょ。プレイヤーに限りがある。レアルやミランみたいな資金力にもの言わせたオールスターチームなんかとは違って、いる選手だけでやんなきゃいけない。サッカー選手なんてのは国旗を背負って戦うことを至上の誇り・喜びと信じているから、次のシーズン棒に振ってもアズーリやセレソンとして戦う。それが一般的になってることはサッカーが世界的スポーツとして野球を遥かにリードしていることになる。ラソーダ氏なんかは野球をその世界的スポーツにしようと思ってるわけだし、それには各国のベストメンバー選出が前提となる。

 キューバは間違いなくベストメンバーだし、その他の中米・カリブの国もそうだ。韓国は言うまでもない。ということは日本とアメリカだけがベストメンバーを選ばなかったことになる。もっとも野球の盛んな2国が一番WBCにヤル気がなかったことになる。その両国には国を挙げてなんていう「盛り上がり」がなかったということじゃないかな。2大実験国家は国家という枠組の中からも逸脱して、なんか他のものになろうとしていることの表れですね。松井が来なかったこと・これは国境を越える「経済」が松井にとって国より大切だったというわけ。ヤンキースでの地位=仕事=経済活動だからね。

 イチローは刺激が欲しかったね。チームがおもんないみたいだし、個人成績に関しては行くとこまで行っちゃったし、その刺激を理念としての「世界一」に求めた。でも・奇跡的にまだ終わっとらんから、ね。三度目の韓国戦、一回ぐらい勝たないとかっこわりいよ。

 野球はパンパシフィック・ローカル・スポーツであることは否めないし今後それを超えて発展する可能性は低いと思うが、「次の瞬間<<必ず>>何かが起こる」スポーツであることを再認識することになった。ワカモノにはなんか「タルい」のかもしらんが、少々くたびれてきたヒトビトにはそのタメも含めて楽しむのに「無理のない」もんであった。

 WBCのことばかり最近言っているが、ぜ〜んぜん予定外の話で、そんなハプニングけっこう自分でもびっくり。しかし、そういった「寓有性」が生きてておもしろいわけよね。
VFSH0057.JPGつめを切られる
 さて3月も半ばで本日春の嵐である。まだ「仮性包茎」のような春だ。仮性包茎と言えば、うちの「燃えた男」(燃える男ではなく・実際燃えよった)の火傷もだいぶ直ってきたみたいである。時節柄ガスボンベの空気抜く際は火の気のないとこで行いましょう。

posted by 浪速のCAETANO at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック