2010年06月11日

あっけにとられてる間に

 うちの家は東向きなのであって、昨日今日とさすがに暑い。それも午前中。したがって午前中ははなはだカジュアルな格好で過ごす。どれくらいカジュアルかというと・・・ああ別に説明要らんですね。

 明後日から梅雨入り見たいだ。そして本日からW杯である。そんな中:

 今回の政変は静かな雪崩のような不思議な感覚だ。10日間ほどで小沢くん・社民党・亀井ちゃん外しが行われたわけで、メディアの抑えがちな報道トーンのウラには「喜び過ぎ禁止令」でも出ているのだろう。静かだが雪崩だから「あ・あ・」と言ってるうちに事態はどんどん進行する。こんな時、不思議なことにおれたちは「あっけにとられ」アホになるね。

 巳支の変・のことを思う。鎌足と中大兄による蘇我入鹿暗殺のことだけど、そうか政変というのはスピードなのだな・とわかる。敵が「あっけにとられ」てるくらいでないといけない・ということだね。お見事。

 民主党主流はもう「ウヒヒウヒヒ」と笑いが止まらんだろう。

 おれは「小沢くん・亀井ちゃん・宗男ちゃん・田中眞紀子」で新党作ればいいと思う。イメージ悪いよね。さらに時代遅れ。だからその悪いイメージ・ってのがメディアの捏造なんだって。メディアのバックには経団連と官僚(特に財務官僚)がいて、その背後にはアメリカの影がある。アメリカは日本に「永遠のATM」であることを求めている。

 「小沢くん・亀井ちゃん・宗男ちゃん・田中眞紀子」に共通なワードは何か。それは「地方」だ。ああ・康夫ちゃんも入るね。国民新党と同一会派になったからね。これは橋下くんが言うような「地方」とはやや意味が異なる。しかし、ある時点では協力も可能か・と思う。それは大阪を「第二の都市」と見るか「非東京=地方」と見るか、その視点次第。

 NHKが取材するような田舎の・と言えば語弊があるが、昭和の日本人のハートを鷲掴み間違いなし。当然、憲法25条では社民・共産とも提携できる。しかし、9条に関しては提携しない。当たり前か。

 おれは思うんだけど、なぜ硬直するかなあ・そんなに。国民のための政治にするには、与党・野党入り乱れて一つの法案を決めていくべきだと思う。それにはどの政党にも過半数を取らせちゃいけない。20人ぐらいの政党が10個ほどあって、第三極どころか第五極くらいまであって、それは「不安定」なのかもしらんが、アメリカもどこと繋がったらいいかわかんなくなるかもしれない。それ・いいことぢゃん。

 法案ごとに「連立」をする。「米盲従真性M党」があってもいいわけよ。ユニフォームは星条旗柄のスーツに首輪。「武力革命」を訴える党もあっていい。ゲバラのTシャツ。結構支持者集まりそうよね。民族系右翼もオッケー。党則には「ハンバーガー喰うな」は入れておきたい。「民族独立系のふりした実は親米党」党首はキミしかいない・安倍ちゃ
ん。ホームレスや派遣労働者たちの声を代表する政党がないのが実はおかしいな・とも思ってる。湯浅くん・もう取り込まれちゃったみたいだしね。管ちゃんも派遣村に顔出してたのに、それがこの変容ぶりである。

 参院の結果次第では公明党と連立するのだろうが、オルタナティヴがなくなった今・そうなっちゃうともうサイテーである。

 管ちゃんはリトル小泉になるんじゃないか・と思う。そして・あーおぞましいが、竹中平蔵が「主流」として復活してきたりなんかしちったりするような気がする。来年から消費税10%かよう。タバコだって値上げするくせにー。

 あのさ、「コドモの世代に借金を残す」このキーセンテンスを言われると、対抗する言葉って出てこないでしょう。最後に取っておいた必殺技にも似て・なのだが、おそらく、このキーセンテンスは今後「多用」される・と見てる。呪文みたいに。管ちゃんなんて阪大の教授にそそのかされて、税率上げて経済廻す・などと言っている。国民で生体実験すんのヤメてもらいたい。そんなわけわからんバカ教授の自説にそそのかされんといて欲しいですけど。消費税引き上げ前と同等の購買意欲が国民にあって、同等の購買がなされて初めて増税部分が国庫へ行くわけでしょう。その前段階で削がれた購買意欲のままだったらどーすんのよ。ばっかぢゃなかろか・だ。

 そして実はおれたちがすでに「コドモの世代」でもある。すでに借金は巨額に残っている。国債買ってるのが日本人だからダイジョーブってのはよく考えてみないとわからないけど。カツマー氏が増税に反対していて「おっ」と思ったのだが、米国債を売っぱらって、独立行政法人を廃止して・・と、言っているみたいで、しかし、ここでもまたネックはアメリカ関係かー・と溜め息が出る。

 管ちゃんおよび気持ちワルーい顔の玄葉ってやつが、これから「消費税上げないとこの国潰れますよ」というプロパガンダをメディアを通じて始める。特別会計に手を突っ込むと言ってたにも関わらず、それは放っといて消費税アップなんてまっぴらご免だね。ちゃんとやってよね。見事に「沖縄」の話・メディアから消えたね。


 歌い上げるヒト。トム・ジョーンズのライヴァルみたいな立場だったかな。でもいい曲。元歌は多分イタリアーンだろうね。

posted by 浪速のCAETANO at 13:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック