2010年06月15日

可能性

 海外W杯での初の一勝は良かった。選手・監督・関係者おめでとう・と言いたい。おれも嬉しい。横からの崩し・効果的だったし、長友もエトオを止めた。でもなぜエトオはサイドにいたのか? ソングも出てなかったぞ。また・内紛か。そうかもしれない、そうだろう。遠藤・長谷部・安倍も良かった。運動量も高いレヴェルで終始し、あまり落ちなかったように思う。それでも最後の15分は厭な感じもあったけど。勝ちを拾った・とも言えるが一勝は一勝。勝ち点3は勝ち点3だ。

 そしてあるネットのヘッドライン「川島・カメ猛攻に耐えた堪えた耐えた!!!」

 だから、やめなさいって、そーゆーの。「川島・カメルーンの猛攻に耐えたー!!!」でいいぢゃないの。おれがカメルーン大使館員ならその通信社にナタ持って殴り込むが。

 一番勝つ可能性のある試合に勝った。デンマークvsカメルーン戦でデンマークが勝てば三戦目がリーグ突破の決定戦となる。そういうのがいいね。最後までモチヴェイションを持ち続けられる。で・ひょっとしたら勝てる。2勝1敗、または1勝1敗1分けで得失点差のジャッジになる。希望が見えてきたね。目標は「一次リーグ突破」これでいいのね・やっぱり。

 で、やはりデンマーク戦だ。今・日本国中浮かれてると思うが、もう一次突破を狙うならデンマークの研究をすることね。もうオランダ戦は本田以外は退いて9-1にしてカウンターだけを狙う・そんな「徹底」が要ると思う。世界第四位を目指す・でも「どーせ0勝3敗よ」でもない現実的な戦略でやって欲しい。上位常連のチームのメンタリティっていつもそこにしかないのだし。日本サッカーの希望のようなものが「見えた気がした」一夜だった。でもまだそれがほんとの希望かどうかはよくわからない・というのがもう一つの現実。あんなり浮かれないで欲しい。メディアのバカたち。

 さて今夜はポルトガル・コートジボアール・ブラジル・北朝鮮の「死のリーグ」である。だんだん面白くなってきた。

 
6/18(Fri.) RAFFLESIAN COMPLEX VOL.12

GRANDE TRES あるいは おっちゃんらの逆襲。

CAST:
GRANDE TRES(Caorinho 藤原・KING 堀内・マルタニカズa.k.a.浪速のCaetano)
w/キタバヤシジュン、タクサントス、瀬戸一成、木寺勝久

TICKET RESERVE 2000yen+1drink
AT THE DOOR 2500yen+1drink

OPEN 18:30 START 19:00

 オランダ戦の前日でした。景気づけにお越し下さい。来来。

 

 
posted by 浪速のCAETANO at 12:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック