2010年06月26日

負けるタイミングも大事

 実は今・選挙期間だった。まあ・日本代表が負けてしまってから・かな。

 恐ろしい企みが進行している。しかしその恐ろしさは「ワン・パターン」。新自由主義以外にない。新自由主義と言われて「は?」とハナ垂らすヒトビトがいるとする。簡単に言うなら、お金持ちに・というかお金持ち「だけ」に非常に有利な政治・よね。

 例えば管ちゃんが党の公約を「破って」突然言い出した「消費税10%」、税金をなぜそっちから取る必要があるんでしょうか? お金持ちの所得税をまず取るべきではない? さらに税制全体を見直す・と言っているのだけど、その中に法人税減税というプランがある。会社の税金を安くしましょう・ということね。会社つってもいろいろあるから、超大企業から、潰れかけの有限会社までさ、いろいろ、だから、すでにこんだけみんなが「あいたたた」な中、そしてそのあいたたたは小泉・竹中の「新自由主義」がもたらしたもので、そのおかげでタメのない会社がどんどん倒産し、払えるはずの税金が払えなくなった挙げ句の話だったんだからね。その代わり、巨大企業や公的年金(おれたちの税金)を注入された大銀行は「内部留保」と言って要するに過剰な利益を「貯め」ている。だからおれたちビンボー人の会社や家やイノチの代償がその内部留保と言えないだろうか? せんでもいいような決勝トーナメントで無理に競争させられ大きなものはより大きくなる。小さなものだけでなく中ぐらいのものも消えてなくなる。それが新自由主義。しかも、そのスキームは「教育」までを含んでしまって、ちっちゃな枠の中での「競争」をコドモたちに強いる。で、学のないおかーちゃんがチビっこを「進学塾」に通わせる。これって単なる「フライング」なのであって、よーい・の段階でスタートすりゃ第一コーナーぐらいまでは先頭集団にいることできるよね。で・ドン・が鳴った時からフツーにスタートしたやつでも地力があればバックストレッチぐらいでちゃんと出てくる。地力はないがフライングしてた子はやっぱり「ずるずる」後退していく。変なプライドだけを残して。「昔は賢かった」決まり文句よね。おかーちゃんたちからよく「うちの○○ちゃん、小学校のとき偏差値75あったんですよ」なんてよくこぼされるんだけど、それはあれね、「今の惨状」から察するに、フライングもフライング、そしてそのフライングには当然お金がかかって、そうしてあげることが親の愛情である・という思いがあったのだな、とわかる。愛情の示し方がそんな方法・というような「アタマ悪い」情況がおれたちが親になる頃からどんどん表面に出てきた。なんかヤバいなあ・と思ってた。だからおれたち世代以降の人間はコドモ作るべきじゃないのよ。作っちゃったものはしゃーないけどさ。

 さらに地力があってフライングした子でも、良くて「今の東大生」、悪くするとプライドが精神を歪め、「不同意堕胎」の医者みたいなことになる。枠内の競争しか見えんヒトってワカモノに多い。世間・というか「世界」が狭いのね。当然のことながらそんなやつに「アフリカの惨状」であるとか「分配」であるとか言っても通じない。そんなやつが・ばっかりではないが、公務員試験を受けて毎年毎年官僚になったり、大企業に入ったりしてるわけ。想像力・を犠牲にしないと「今のコドモの勉強」って出来ないのではないだろうか。

 エラい「とんで」しまってるけど・毎度のことながら、新自由主義の弊害は無力な/だからこそ、コドモの精神世界にも影を落とす。コドモって権力に弱い。

 だから、戻るが、税収を安定させるなら、儲けているヒトから取る・これが正しい。資本主義の世の中も、「成功」の後、それを還元するシステムを内包するなら、それはそれで悪くない。ただそのシステムを成り立たせるには「みなさんの同意」が要る。フェアな競争自体は悪くない。そのパフォーマンスに応じて70:30で取り分があるとかそういうのがいいのだけど、今は勝者に100でしょ。いやそれでもいいのだけど、そのうち50は還元する・そんなシステム、あるいはそんな全体的「同意」。それは小さな共同体でなら可能な気がする。しかし、それを拡大していくとどこかで霧散する・そんなイメージがある。また結局、へんな競争意識に巻き込まれてしまうかのような。

 だから、政治・の意味はそんなところにあるような気がする。大きなディレクションを示す・そんなところ。

 それが自分らが作った借金をビンボー人からの増税で補って、自分らだけ生き残る。そんなことをやろうとしてるのが、今の管ちゃんである。ここで困るのは、自民党も民主党も「消費税増税」の選挙だってことよ。だから、NO SIGNIFICANT DIFFERENCE。実質「大連立」だもんね。不毛とはこのことだ。毛が生えん。

 いや・実際に「大連立」するのだろう・と思うよ、参院選後。小沢くん一派を追んだして。そこまではもう見えている。

 今・イメージ悪いヒトビトこそが「反・新自由主義者」なのだ。で、民主党・自民党に選挙勝たせちゃいけない。おれたちにやれることはまだある。選挙区では民主党勝つだろう。でも「比例区」がある。社民党や共産党や国民新党やみんなの党でもいいから、非民・自政党に投票する。新自由主義政党作ればいいんだよ。わかりやすくていいよ・その方が。だから、そうなれば、小沢くんや亀井ちゃんやムネオちゃんたちが「地方と庶民と脱アメリカ/脱新自由主義」の政党を作れば良い。そうなってはじめてアタマ悪過ぎるおおさかのおばちゃんにも「わかりやすい選挙」になる。

 管ちゃんは二重の意味で日本代表が勝ち続けることを願っているだろう。ビミョーです。

 自分でスルーパス出して自分で決める・みたいな。
posted by 浪速のCAETANO at 11:07| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

消費税10% 影響
Excerpt: 消費税10% 医療費や食料費。生きていくのに必要最低限なものだけでも5%維持。... 消費税10% 医療費や食料費。生きていくのに必要最低限なものだけでも5%維持。できれば消費税なし!!に日本がなる可..
Weblog: 真相を知りたい!!ニュース集
Tracked: 2010-06-26 20:10