2006年05月26日

SHIT!!な消費税にFUCK!!よりはじめて

 もう早めの梅雨と思った方がいいのだろうか。今週末は雨。雨なら雨で作業するしかないのだけど、室内で。これがまたけっこうな量があったりもする。「貧乏・暇がない」の典型だったりする。来週には消費税を「払わないと」いけない。消費税を借金して払う・ってなによ? なんのために店とか塾とかやってんのかわかんなくなってくる。

 景気がいいのは東京・名古屋だけ。関西は「沈んで」る。お金ってあるとこにはあるんだろうけど、みんなもっとお金使って「まわそう」よ。

 ここに3人のオトコがいるとする。A ・B・ Cということにしておこう。一万円札が一枚だけある。今Aくんが一万円持っている。Bくんがシャブリのグラン・クリュを持っている。Cくんは0円で何も持っていないとする。AくんがBくんからシャブリを一万円で買う。シャブリはAくんに一万円はBくんへと渡る。それを見ていたCくんはAくんBくんの中に入り、今度はシャブリをAくんから買い戻し、Bくんへと一万円で売る。そしてまたBくんからシャブリをAくんのために買い戻す。一万円とシャブリはCくんを中心にAくんBくんの間で対称形に動くことになる。そして今度はその速度を大きくしていく。どんどん大きくしていく。もっともっと大きくしていく。ものすごく大きくしていく。一万円とシャブリの「動き」が見えないほどに大きくしていく。そこにDくんがやってくる。その様子を見る。Dくんにはどう見えるか・というとAくんBくんは少なくとも一万円・あるいはシャブリを「常に」所有しているように見えるし、Cくんは一万円とシャブリを「常に」所有しているように見える。という経済のお話でした。もともと2万円相当の価値しかそこには存在しなかったものが、4万円相当の価値があるように見える・という。スピードを無限に近づけたときにはそう見えるしそうなる。だからお金は「まわさない」とあかんのよ。

 TODO O MUNDOでは梅雨の時期だからこそ、うまい、スパークリング・ワイン特集です。定番のヴィンテージからフルーツ爆弾ともいえるような果実味たっぷりの「意外な」泡ワイン、そして微発泡のシャルドネあるいは赤の泡まで選んで揃えてみました。いやな季節だからこそシュワーがよけいに効く!!!ネガティヴをポジティヴに・ね!!!そして一階限定ですが一人でふらっと来てもあれこれ食べて飲めるように「定食」も始めております。ドイツ・ワールド・カップ放映(リアル・タイム/録画)も考えてます。「我が」ポルトガル代表は予選突破できるのか・なんてさ。PORQUE、
TODO O MUNDOはPORTOGUESEで「さあ・みんな!!!」だから・ね。ジョルジュ・アンドラーデは怪我のため(全治6ヶ月だって・しゅん)出られないが、前線の天才3人によるすごいものを見てみたい。初戦のアンゴラは旧ポルトガル領でポルトガル語を話す。そんなこともあって興味は尽きないわけだけど、サポーター・マフラー巻いて店でみんなと見たいもんね。

 さてライヴも近づいてきた。なんかで紛れるもんがないとね、やっとれんからさ。
注目!!!その1robben10.jpg「アリエン・ロッベン、左を切り裂いて、その視線の先にはファン・ニステルローイが」
posted by 浪速のCAETANO at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック