2006年05月27日

人類は麺類

 スパゲッティーニ・長崎チャンポン・長崎皿うどん・ビーフン・そば・そうめん・讃岐うどん・うまかっちゃん・マカロニ・ペンネ・幸麺・韓国辛麺・焼きそば・カレーヌードル。家にある麺類だった。

 麺好きだ。ちゃっちゃと喰えるのがいいのだけど、この時期は一番の頻度といえば「素麺」だなあ。薄焼き卵・ハム・キュウリ・レタス・煮しいたけ・梅干し・ネギ・わさび・モミ海苔をセッティングして素麺を茹でる。2分ちゅうのがいいじゃないか。もうあっという間である。他のことに気を取られてると、もともと根性のない麺であるので、ふにゃふにゃになってしまう。しかし、慌てるな!!!たとえそうであったとしても冷水で揉みに揉み、水に浸して氷を浮かすと、ちょうどよいちょいヤワアルデンテぐらいに復活するもんね。

 そこから先はもう難しいこと言わずに先に上げたトッピング(いやな言い方ではあるが)と共に無造作につるつるーっと喰えばいいだけである。特別本醸造の冷たい酒なんかあればもっといいが、ビールでも泡盛でもいいっすね。

 そばもじぶんで乾麺茹でたりすんのも好き。精進揚げのかき揚げなど、横で揚げながら、麺を茹でる。こちらは5分ほど。やっぱ・こっちアルデンテがいい。出し巻きなど用意しとくと自分ちが三流の蕎麦屋みたいな感じでよろしい。お金いただいたりしなくていいから、基準はあま〜く。これにも純米の冷えたのなんてあればかなり至福の時である。

 休日の昼間には長崎皿うどんをよく喰う。豚・イカ・エビ・貝・カマボコ(これ・ポイント)タマネギ・キャベツ・にんじん・もやし(これも・ポイント)をジャージャー炒めてついてるだしを水溶きして餡かけにしてパリ麺の上に。これにはビールが旨いけど、泡盛だって。コーレーグスなんてかけてピリ辛も夏の昼間にはいい感じ。汗かいて食べる。

 ラーメン類はなんでもかんでも放り込んで一緒に煮る。小鍋でやる。そしてそのまま喰っちゃう。この自堕落さがいい感じ。学生時代を思い出す。さほど成長しとらんことを自覚しながらね。
 
 ペンネはなんか・たとえばカスーレなど作った時にそれをかけて喰ってしまう。スパゲディにレトルトのカレーなども悪くない。昼メシに時間かけるのってばからしいのだ。晩メシは別よ。

 麺とは言えんがすき焼きや肉じゃがに入ってる糸コンも大好きである。鍋のシラタキとかね。小麦粉はなかなかエラいと思う・昨日今日明日なのだった。自給率あげる努力をするべきだよね。

blade.jpg「うどん・なんか旨そうだったな」
posted by 浪速のCAETANO at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック