2006年05月31日

早起きが続くか・練習よりはじめて

 気になって早起きして見たが、早起きの介があった。いい試合だったし、過去3度のW杯優勝経験のドイツとドローというのは画期的なことだ。以前ホームでコドモ扱いされた3-0のこと考えると日本代表は確実に強くなってると言える。

 得点はファイン・ゴールだったし、見てて気持ちのいいものだった。しかし、そこからがほんとの戦いかな・とも思う。サッカー発展途上国としてはそれできっといいと思うし、本大会に向けて勇気が湧いてくるし、メディアも盛り上がるきっかけにはなってる。はしゃいじゃうのも見えてるが、サッカーを知らず、報道の権利だけを持ってる「女子アナ」レヴェルのヒトたちが発信して同様のレヴェルのヒトたちが受け手なのだから「それでいい」のだろう。

 もしこれがイタリアならば「なんで2-0から追いつかれたか?」ということこそが話題になるはずだし、「こんなドイツごときに」という枕詞も付いているはずだと思う。

 今のドイツというチームは「昔の名前で出て」いるのであって、今回も「監督はクリンスマン」なだけで、見るべきジョガドールはバラックとGKのレーマンぐらいしかいない。クリンスマンもフェラーもマテウスもメラーもましてやベッケンバウアーのいたドイツとはドイツが違うわけなのだから、今回のW杯は開催国の有利性が決定的じゃない大会になると思う。

 まあ・これならクロアチアの方が強いだろうし、オーストラリアと同じぐらいのレヴェルだと思った。コスタリカの攻めでぼろぼろになるだろう。ニッポンも一次リーグ・戦えるがものすごく苦労するはずだ。そんな女子アナが想像してる以上に「苦労」するわけよね、強豪国であっても。

 しかし、ナカータの存在感は圧倒的だった。彼なくしてはやっぱり攻撃がバラエティに富まない。どうしても当たるなあ俊輔と。ナカータは俊輔・オノの持っていないものを持ってる。それはキャプテンシーということなのだろうけど、まあ今キャプテンは宮本だが、ゲームの中での、サッカーで言う「王様」はやっぱりナカータだった。代表チームではものすごく光る。海外に活動の場を求めていったナカータがそこではホされ、結局一番光る場は代表だったというのはいささか皮肉ではあるんだけど、4年に一回ものすごく評価の上がるタイプ。ものすごく緻密にサッカーを捉えているのが試合見てるとわかる。最後の大黒へのキラーパスもお見事だった。所属チームで浮くのは「人種差別」だからじゃないの? おい黒・とかおい黄色とかで呼ばれることがあるらしいからね、それも監督から、いまだに。イタリアの話だけど。

 F組もこれで面白くなってきたと思う。ブラジルがやっぱりアタマ一つ抜けているし、今のところクロアチア・日本・オーストラリアの順と見る。ということはクロアチアvs日本の試合が二位通過を決めることになるだろう。そして決勝トーナメントではイタリアかチェコが待っているという寸法だ。

<<梅雨だからこそのスパークリングその2.>>por TODO O MUNDO
img10431979863.jpeg
ペルレ・ドタン・ガイヤック2004 F4400
フランス南西部の街ガイヤックからやってまいりました。この泡のひとつひとつには様々なフルーツの味が包まれてて、飲んでるうちに気がつけば踊っていた・・・それが踊り飲み。
踊り飲みしてください。

<注目>
wcup03.gifフランク・ランパード イングランド MF

 

 
posted by 浪速のCAETANO at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック