2011年03月10日

わすれないうちに

<<啓蟄にあたり>>

流れ星さえも 君の瞳目指してた

揺れる雲さえも 君のくちびる目指してた

それは突然の光 夢でも見てるような

まっさらの空気 初めて息を吸う

風向きが変わって 予感はあったんだ

でもそれが一体 何のことかなんて

それは突然の熱 身体が浮かぶような

真っ青な空に 初めて声を出す

はじめはもぞもぞ 動いて運がよけりゃ

寝床が見つかる それに立派な羽根が生える

そのときは 大空を 飛んで やがて

そのときは 流れ星 雲より はやく

君の元へ



2011年3月5日17:00頃・きわきわ52歳のうちに。
posted by 浪速のCAETANO at 12:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック