2011年03月15日

今はとりあえず目の前の

 ただただ平身低頭にて、なんとかその場をしのごうとしても、こんな大変な問題は隠し通すのはやっぱ無理で、とりあえず「言うな」といわれてることだけがわかる。東京電力も社内的に大パニックになっているのだね。なんか怒られるのをいいオトナがそんなに怖がらんでも・と思うのだ。ただ、避難所の電気消すとは何事だー。どこまで平和ボケしとんねん。

 でもね、この原発の地震対策はずさんなものではなかったはず。こんな大津波がくるなんてのは被災された津波経験たっぷりの方々でさえ、予想できなかったのだから、「自分のせい」→「真相を出来るだけ隠す」そんな姿勢でなくていいよ・と思う。なによりも大切なのはディスクロージャーで、危機意識をシェアして、少しでも被害を少なく・でしょ。

 今回のことはどれも最初の災害は「誰のせいでもない」から。しかし、そこから先は「誰かのせい」になり得る。

 管くんも、被災後初めての「フォーマルな声明」であるなら、被災者の方々に何か一言言えよ。それから原発の話でもいいんだから。

 ほんと・冷たいというか小ちゃいと言うか。

 しかし、あまりにも甚大すぎるのだ・被害が。それでもできるだけやる・もうそれしかないもんね。しっかりやってほしい。彼らは「政府」に頼るしかないのだから。避難している方は45万人というからこれもまた途方のない数だけれど、それでもやんなきゃいけない。

 21世紀は見事に「分配」の時代になる・もうなった。おれたちも少しビンボーに・不便になって、その分、被災された方々の役に立てればいい。まったくそれはやぶさかじゃない。
 
 それがもし「新しい公共」という、「政府も県もなーんもせんけんね」「あんたらで勝手にやりー」というのに乗せられてっかもしらんけどさ。またそれは後でゆっくり考えようね。

 
posted by 浪速のCAETANO at 16:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック