2011年03月17日

沁みた

「ある日本人のファンから、彼らの美しい国における大災害の後で、私たち(XTC)のファンたちのことを思い祈ってくださいというメールがありました。もちろんそうすることが私の出来る最低限のことです、と言うのは、私はその大災害が私をひどく悲しい気持ちにさせたことだったこともあり、ただただその災害のレポートが見るに耐えないものだったのです。その災害の中での多くの方々の命や財産がなくなったことに思いを馳せることは理解を遥かに超えていたのです。
 私は日本がいつだってそうであるように復興し、また以前の繁栄に戻ることはよく分かっています、しかし、なんという恐ろしい経験をあなたたちは持たなければならなかったのでしょう。
 私の思いはいつでもあなたたちと共にあることをわすれないで。」


 XTCのアンディ・パートリッジからのメッセージ。

 外からの反応で、もすこし客観的に、これは「どえらい災害」なのだなということを思い知らされる。

 不審に思えることがある。

 防衛大臣が幕僚長の顔色窺っていたことだ。みなさんご存知のように、自衛隊の長は防衛大臣であり、その上司は総理大臣だ。そしていわゆる制服組のトップが幕僚長なのだけど、制服組は大臣(文民)に従うことが義務づけられている。これがシビリアン・コントロールで、過去の戦争の反省が少なくともここには生きているはずだったのだけど、軍隊において上司の命に「てゆーかー」とかは言っちゃいけないのよ。それを言っている。こんなときになんだけど、これは結構怖い話だ。幕僚長と言えばタモガミくんが有名になっちゃったけれど、なんかそんな感じが次のおっさんにもある。

 気になったので記しておきたい。

 3.11以降、日本は別人になっちゃったね・なんてことは言われたくないし、おれたちだって被害を被るのだ。その際は「完全なる人災」だ。

 阪神淡路のときは村山政権だった。今回は民主党政権。なんか、「かつて」の政治家でないとこのような「大事」にはダメなのかもしれない・と思う。小沢くんが首相だったら・あるしは亀井ちゃんでもいいのだ。みんな・すごくまちがった選択をしているよ。まちがった判断。メディアに乗せられてしまったあげくがこれ・だったりする。もしそうでなければ、きっと何千人かは助かっただろう・と思う。

 悲しいですね。

 本日、十三まで「シブい用事」でチャリを漕ぐがあまりに寒く、思わず、昼間から一杯熱燗をひっかけてしまったが、「これや・これをみなさんは今出来ない」と思い、唖然とした。その行為とは物理的・精神的その両方入り交じってるんだもんね。そして同時に、港町に無数にあったと思える・居酒屋もまたほぼすべて消えてしまったのだ・ということに気づく。

 ほんと・アホの極み・なのだが、しかし、本日の昼酒は・あまりに沁みた。
 
posted by 浪速のCAETANO at 17:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック