2011年03月30日

謝意そして・この期に及んで

 大変疲れたのだが、疲れがいのある大変楽しい一夜となりましたことを関係各位にまずは感謝の意を表したいです。

 そして、この大阪に於いても何かしら「気分は自主規制」なムードに負けずに来ていただいた方々に「貴方はエラい」と言わせていただきたい。

 難しいよね。

 目の前のことしか見えないバカはこの期に及んでも3.11以前と同様な「おれ・別にかんけーねーし」な生活を続けてる。

 心が痛むのはバカじゃないから痛むわけです。普通は元気なくなる。何もしたくなくなる。外へ出たくなくなる・というか外に出ることがなにかしら罪な気がする。ご存知のように「空気を読む」という・そのまま外国語に直訳できないような言葉が(まあそんなのはどの言葉にもあるけどさ)大手を振ってまかり通ってたその流れの今だから、敢えてそこまで行って「楽しもう」とは「勇気」の要る行為だと思うからです。少数精鋭の方々に拍手〜。

 家で金縛りに遭ってた方も「それでフツー」だしね。次は7.15が決まっています。時節柄・次回は「南部」でしょうね。梅雨は明けてるかな。明けてても明けてなくても大丈夫。少しずつ準備をしていこうと思います。

 さて、2・3日、意識を遠ざけていたら、その分事態はさらに深刻になっている。ほんとにこの期に及んでもだが、政府は有効な手だてを打てないままだった。福島県は消滅するのではないだろうか。東京もどうなのだろう。今・東北を見捨てて首都圏だけが回復することはあり得ない・と思う。一蓮托生だと思うし、そうでないといけない・そんな気がしてる。この期に及んでの新自由主義はいい機会だから辞めていただきたいと思う。でないと、既に見捨てられ亡くなっていった方々・放射能に脅えてる方々が「浮かばれない」そんな気がしている。

 半減期が80数年のプルトニウムは1/10になるのに300年近い年月がかかる。今直ちに「反省」しても遅いかもしれないが、そこんとこ間違いなく反省す以外にない。
 
 次のエネルギー・それは自然エネルギーなのがメタンハイドレードなのかわかんないが、その分野のパイオニアになるしか道はないと思う。

 エンドルフィン分泌し過ぎのバカアタマはかように思う。 

 
posted by 浪速のCAETANO at 14:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック