2011年04月09日

南海高野線よりはじめて

 用事で橋本まで行く。南海高野線。高野山の麓なのだが、一度まだクルマがないときに高野山へ行く際に乗った記憶があるが、詳細はなんにも覚えとらん。

 実質お初といってもよろしかろう。

 いつも近畿・阪和ちょこっと入ってすぐ降りる@美原北・そんでもって富田林・河内長野〜橋本というルートだし、意外に河内長野までは時間が掛かるから電車の方がかなり速いです。

 まあ電車も良し・である。ただし空いてりゃ・ね。

 しかし、少しびっくりしたのだが、河内長野以降の桜が「お見事!!!」だった。枝振りの立派なのがこれでもかこれでもか・と咲いていた。それ見れただけでも「値打ち」ありました。

 帰りはちょいと贅沢して「特急」。喫煙席もあってナイスである。しかし南海は南海。特急に乗る女性アテンダントがいるのだが、「うーん・南海」な彼女であった。橋本からはおれ一人な「理想的」状況。でもなくさないでね・お願いします。

 しばらく、というかほぼ20年の間手帳を持たずに、アタマん中とエトランジェ・ドゥ・コスタリカのカレンダーにちょこちょこっと書いて「スケジュール管理」をしていたのだが、ちょっと小商いが多くなってきて、やっちゃったー・ダブル・ブッキング!!!

 で、高島屋で手帳買ってきた。しかし、システム手帳なるもの・なんであんなダサイのか。おれが買ったのは1/10ほどの値段の・でもまあかわいい・と言ってもギャルの言うかわいい・というものではなく、おっちゃんの言うかわいい・って余計わからへんやん・と言うな。おれなりに「good looking」という意味なのであって、見せたるわ・今度。うらやましがんなよ。

 というわけで手帳を買った。

 以前は相対的大商い(あくまで相対的)だけでよかったから、あとはバンドのリハ日と連載の締め切りぐらいしかDUEがなく、しかし、現在・この世知辛い現在に於いてはもうあれとそれと、あ・これもやんないと「生存」出来ないのである。生活できない・じゃなく「生存」やで。生存の対義語は「死亡」です。わかっとるかー・そこんとこ。

 というわけで買ってきたその手帳に対してはなかなか「ラヴ」なのだった。いいの見つけた・と少し嬉しくなったのだった。ばかか・おれは。

 やっぱし?

 この土日が終わると、結構ケツに火がついてくるなあ。まあ・そのぅ、本日は大学の軽音の同窓会である。先輩ばっかり来るから行ってみようと思ったのだった。やってた音楽も、おれたちの世代を境に「どひゃー」になっていってた。まだ上の世代はBLUES/R&Bやってたからまだ聴けた。まあそれからそういう音楽からも離れ、何度目かの再評価の後、今がある。まあ・とりあえず行ってみようと思う。懐かしい顔もありそうだ。30年ぶり。

 明日は結婚式である。布くん・ヌノくん・ヌーノくんなど芸名で呼んでいた彼がおれの歌にオファーをくれた。ありがたいことだ。で、何やったっけ、彼の本名。明日までに要確認。あ〜んど・ヨメの名前ね。
 
 被災地で辛いことと言えば、やはりその好きな音楽をなかなか聴けないことかもしれない。やはり細分化されたものはなかなか難しかろう・と思う。「スキヤキ」はおれは日本の「ASA BLANCA」だと思うが、それを聴いたら、例えばブラジル音楽ファンならもっともっと・となってしまうかもしれない。まあ・そんな需要(そんなものがあればだが)を満たすものはなかなかないだろうなぁ。

 おれたち音楽家は言葉というか歌詞だけでなく、メロディーやリズムで「泣ける」ので、というか、メロディーやリズムにも「言葉」を見るのであって、最近のあまりに「歌詞偏重」のシロート音楽状況にはやや閉口する一人だからさ。とは言っても「多勢に無勢」というわけでまた地下へ潜る。でも風通しとか陽当たりとかやっぱ悪いのよな・地下って。

 おれたちの世代までがメロディーやリズムで泣けたのだろう。そんなこと言ってもさぁぁ、もうそれからやはり30年。日本のポップシーンは、「ちょちょ・ちょーまってーやー」と言ってる間に出来上がってしまった。もちろん良いものもある。しかし、なんやそれ・もまあまあ多い。かつての「ロックの志」とは相容れない歌詞の数々。そんなときアジアの国だったと再認識する。もちろんそうなのだが、当時のロック状況はそうじゃなかったもん。ここんとこ、年下の人間に力説しても「?」な顔されるところです。デジタル・ネイティヴではなく、JPOP NATIVEだしね。

 行く路には「茨」が敷き詰められてる。しかし、東北のことを思えば、そんなことも言うてられん。


 大学のことを考えてたら、引っかかった。うーん・微妙なところだが、当時の空気を鑑みるにキワキワOKかなぁ?

 いや・やっぱちょいビミョー・ということで「お口直し」。

 
posted by 浪速のCAETANO at 17:26| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック