2011年05月18日

いつだって不条理だった

 そこのけそこのけ不条理が通る・といった世の中なのだが、それを批判する言葉たちにもなんだかエネルギーを感じない。

 なんだか卑しさが見え隠れしているからかしら。物欲しそうなのだ。

 大きなものから些細なものまで、そういう空気に覆われ、不条理とは放射線物質と同意であると思う。

 放射線物質を科学・技術の範囲内のものとして捉える考え方が、どうしても「馴染まない」のだ。クルマ・飛行機・核。危険の克服に関しては、前の二つは成し遂げられた感もある。では核もその管理が成し遂げられるのか、時間が経てば・という疑問が湧く。

 なんだかそこにはモラルの欠如がある気がするのだ。それは人間の叡智への買いかぶりと表裏一体なのかもしらんなあ・と思う。

 おれは長崎で育ったこともあり、核の恐ろしさは、被爆者は身内にはいないが友人の身内の話などを割と聞いて育った。そのエグさは言葉にならないものだった。

 一瞬で亡くなった方達よりも、生きながらえつつも苦しむ方々のほうが辛い・と感じた。

 生きるだけでも辛いのに・という話も半分ぐらいは関係している。特に戦後のやたらに「ポジティヴ」な時代には辛い思いをされただろう・とは想像に難くない。

 3/11以降はもう一度そんな時代に戻ったのかもしれない。ガワを飾るアイテムが増えていて、気を紛らすものが多いから、そしておれたちもアホだから、時に3/11以前の世の中がまだ普通に続いているかのような錯覚を覚えるのだけど、そうではない。

 明らかに「破局」に突入してしまったのではないだろうか。今・が破局・なのではないだろうか。破局ってこういうことだったのか。そして破局を共有することもできない・という痒いところに届かない手の存在もある。情報が隠されているからだ。どーせバレるのに。そしてどう考えても悪い方が正解だよね・というコンセンサスもあるのに。

 おれは核の前には「線」を引くべきだと思います。

 人類の叡智も突出した存在の中にはあるだろう。でも、それはまんべんなく広まらないでしょう。かなり専門知識も要るよね。なんか、理解可能にしたとたんに漏れていく何かみたいな・それが「核に対峙する姿勢」なのかもしれないが、それがこぼれていく・そう思う。

 慣れ・ということもあるし。慣れちゃったらいかんでしょう。爆弾ではない利用であってもそれがビジネスの内部ならば・今回は正にそうだけれど、コストの問題でなにかしら安全対策はおろそかになる。

 コストという概念が似合わないのが核なんじゃないのかな。

 役者のミスキャストみたいな、安もんの大河ドラマの・今年は正にそうだけど、致命的な配役のような、いかに研修を積んだところでどうしようもない・そんな絶対的なオペする側の力不足が露呈する場面が必ずある・なんてのが「核」なんじゃないのかな・との印象を持ってる。

 唯一の核被爆国であることと、高濃度核汚染物質垂れ流し・そこの噛み合わせの悪いこと。

 それは破局のステージに既に入っていることの証明ではないんだろうか。

 「関西はさぁ〜」とかいう言い方もできるとは思うが、東日本の惨状を「置いといて〜」経済活動にいそしむ・なんてのもやはりどこかしら引っかかるもんね。おれたちが「普通」にやろうと「努力」する一方、「普通」からさえ遥か彼方に取り残されたみなさんのことはなかなか意識の外には持ってけない。

 それでも普通にやろうとはするけどさ。

 不条理にはそれ以前でもさんざん慣れっこにさせられてはいたけど、顕在化した後ってのはやはり厳しいものがある。

 こんなときは「こうすればいいのよ」ってことはどんなにエラいヒトに訊いてもわかんない。なのに「どーしたらいいですか?」と答えを求める「羊たちの群れ」の多いこと。ほとんどあらゆることに正解などないので、自分で考えなさいよ・と、言いたい。

 あんまりエラいヒトを持ち上げるのも、それはみなさんの思考停止に繋がる。コドモたちが、これ「メリット」ありそうだからやろうかな・なんてのとあんまり変わらん話。今・想定外のことが起こったはずなのに、オトナだって、それ以前の想定の枠組みから自由になってない。エラいヒトに質問してるのがその証拠だったりする。

 そもそも不条理に包まれて生きていたのだよね・おれたちは。現状肯定の言説があまりにも多かったよね・3/11 以前。なかなか信用できる人々っていないです。アッタマ悪いなりに自分で考えるしかない。疑うなんてのは「過去の遺物」となっていた感もある。みんながダメ人間だったということかもしれない。

 質の異なりと等比級数的な量の差がごちゃごちゃになってる。激しい量的な差は質的な差と混同される。が、しかし、対応する人間が、その量的な差に対応できない場合は「質の差」と認識せざるを得ないのではないか。それでヒトや動物の命が救われるなら、おれはそっちの立場を「ウンコ我慢するような顔」しながら選びたい。

 
 不条理的信じられんメンツで不条理を演奏する。

 

 
posted by 浪速のCAETANO at 17:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック