2011年05月24日

梅雨前・さわやか

 先ほどポテトサラダを作ろうと思い、卵を火にかけて、ちょっとこっちへ来ててもう出来てるやろと思いキッチンへ行くと鍋は水のままであった。

 ガスを止められる・という生まれて初めての体験でした。「ん?」と思い、billを確認するなら、期限が5/23になっていた。だはは。

 しかし、冬のガス代・高い。

 昨日はmuch too busyだったのであって、ほぼ12時間教えっぱなしだったのだ。うー・秘書が欲しい。

 と思って支払いにいき、帰ってきて大阪ガスに電話し、再開をお願いして、「何時頃?」と訊けば「19時頃」というから「なんでやねん」と思っていたら、電話から3分後に「ピンポーン」ときて、「なんでしょう?」とインターフォン越しに応えれば「ガス再開しておりますのでー」だって。

 そんなんだったらさ、待ってよね・一日ぐらい。おれも忙しいのであって・無駄に・という形容動詞ながら副詞的に使われている言葉が枕につくかどうかは置いといてーだ・しかしそのために手帳買ったのだが、そんなあまりに日常を記載する気にならんのね・なんとな
く。

 ああ・今月ももう終わっていく。本日は梅雨直前の「すかっと」な日。しかし、天気図を見るなら停滞前線がそこまで来てる。

 なんか、思うのだが、最近中庸の季節短くない?

 冬の後すぐ梅雨〜夏それも真夏、そしてすぐ冬・そんな印象があると思いませんか。夏になると半パンしかはきたくなくなるのがおれとしては「ちょいと」だ。半パンはなんとはなく「アホ」が強調される・そんな気がしてる。でなきゃ「マヌケ」か。

 今日、天六いったついでに、つば狭のややガウチョ的なストローハットを衝動買いしてしまった。ハットの淵が「わやわや」となっているのが、きっとこれまた「マヌケ」に見えると思うが、新鮮だったからだ。やっぱ夏はハット要る。つば広が欲しかったのだ。今回はマヌケかも知らんが。

 まあ笑ってやってください。おれはイケてる気がしてるが・密かに。

 まだ中間テストが続いている。続いていた。終わったと思ったのは錯覚だった。まあ一学期は最近ずっとそうだったのよね。

 さて、今週末、店でライヴです。ちょっとやりたくなった。

 ゲストが多かろうが少なかろうがどっちでもよくって、でもちょっとやりたい。今回は「投げ銭」ですから、来る方は気軽に来ていただければ。出演は「浪速のカエターノ ,脱国境音楽家 e マルタニカズ」です。三人格。


 愛に悩む青年
posted by 浪速のCAETANO at 15:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック