2011年05月31日

5月末日に

 もう六月やんか。

 はやいね。

 なかなか世の中チビしいので、この六月はばたばたでガタガタかもしれませんが、やっと白ワイン・泡ワインおいしくなってきた。関係なかったが。

 家でもそんな感じである。一昨夜は鰹のたたきを活用したカルパッチョが美味でした。昨夜は残りのたたきでまた別味のカルパッチョ。ヤリイカのトマト煮とともに、マカベオを飲んでいた。キムラヤさんの胡桃パンにチーズとなかなか至福のときだった。なんか最近「安く」できてる・おれ。

 去年はもうこの頃から「豆腐オトコ」だったのだが、今年は豆腐一辺倒でもないみたいである。こればっかりはわからんものね。何をオノレが喰いたいと思うかを予想するってむずかしい。いや別にそんなもん予想せんでもよろしいのだが、オノレがオノレのために料理をする・ってのが「ものすごく好き」であるからして、買い物に行った先で「一体君はこの数日間何を喰って過ごすのかね?」と言った自問自答をするわけである。必然的に。

 自分の中に「哲学」が生まれる素地があるとするなら、それは「買い物」だろう・と思う。決して髭剃りではなかろう・と思える。

 喰いたいものがあり、そこからフィードバックして買い物をする・ってのは結構退屈なもので、わかりやすく要るもんばっかり買うことになるでしょう。そこがつまんない。

 先に買い物ありき・というのが良い・と思ってる。イマジネーションとかクリエイティヴィティとか、なにを大層なことを言うておるのか・アンタ、と言うなかれ、素材からの発想こそがブリコラージュと言うかびんぼー人の知恵と言うか、だよ。だよん・の方がいいかな。

 おれんちにはほとんどすべてのスパイスはあるし、和洋中の調味料もほぼ揃っている。パスタは通常7種類ほどストックされている。こないだのワイン会の「赤ワイン寿し」好評だったが、まあ、かつての散財はびんぼーである今に生きているなあ・と思う。まあ・わかりやすいびんぼーも「良し」だ。ワインもチリ・アルゼンチンなんて全然旨い。ビバ・新大陸である。ビバ・ラテンアメリカだ。ボテガ種・なんて南米でしか穫れない葡萄のワイン・今回入れました。まあ飲んでみてよ@TODO O MUNDO。

 かつては、曾根崎時代なら、「梅雨をぶっ飛ばせ・泡祭り」なんてのをやっていた。中津でそれ・ってな〜んか・違うのね。そこんとこざ〜んねん・なのだけど、まあ時代も変わったから土地だけのせいでもないが。

 しかし、泡が飲みたければ前もって言っていただければ、それもおれんちにストックありますので。ご予算に合わせて調整するよん。

 昨日も、学校帰りにタバコを買うついでに天満市場へとふらふらと入ってしまい、結果、おれのチャリはかごなしなので、ハンドルにかけてふらふらしつつ帰ってきたが、いい買い物だった。夕方ってのが良かったのかね。しかし、天六っていいな。パラディソね。昔から住みたいすみたいと言っていたなあ。その夢いまだ叶わずながら、大分接近してきた。

 もう毎日、いまだに懲りないバカで「スタートレック三昧」だが、昨日は「ロキュータス・エピソード」だった。ピカードがなんとボーグになってしまうというアレですけど。データが機械としてピカードを最後は救うのだが、まだ第三・四シーズンだからブレント・スパイナーも「アンドロイド然」としている。

 今は平行して「エンタープライズ」も放映されている。ヤンキーな船長ジョナサンとトリップがいい。もちろんトゥポルもいいのだが、これから後半にかけてトゥポルはどんどん良くなっていく。バルカンのオンナは、かつての日本の女みたい・というのは的外れか?

 感情の抑制がもたらすエロスが、「耐えるオンナ」を作り上げていく。感情の抑制の反対は感情の解放だが、まあ周りを見てもすぐにわかるように感情の解放を良し・とするようなオンナにろくなやつはいない。耐えるのエロスとはもはや「過去の遺物」であろうが、日本のSMを構築した最近亡くなられた団鬼六先生はよくそこんとこわかっておられたなあ・と詠嘆する。

 過去の日本って誤解を畏れずに言うなら「男天国」だったのたな・と思う。なんといっても女性に選挙権が与えられたのって第二次大戦後なのだからね。それから65年、現実はこんな感じ・である。かつてのエロスの育つ余地がもうないですね。残念ながら。

 団先生は、それもいいが小向(美奈子)も良い・とおっしゃってた。「かなあ?」とおれは思っていた。死の間近でのエネルギーへの憧憬の成せる業かとも思う。なんか違うよな・とは私見です。

 ばかなこと言ってる場合じゃないぞ。もうすぐみんながやってくる。 


 この季節にこの声。

 
posted by 浪速のCAETANO at 16:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック