2011年07月18日

すごいなあ

 いや日本の女子・すごい。ワールド・カップ・チャンピオンって・それ・すごい。

 チリ戦の前に、半寝の状態でみていたが、本編の後半残り10分で追いついたところで、眠気が醒めた。

 延長で再度・追いついた・その技術とメンタルもすごい。

 言われてよく見てみるなら、どの国も、ちょっと前の男子で言うならイングランドみたいなサッカーしてるチームばかりなのだった。

 日本女子はそんなサッカーができるような「背」のジョガドーラは誰一人いず、とするなら選択肢は「所謂いいサッカー」するしかなかった・ということだもんね。

 繋ぐサッカー、相手の裏を取るサッカーだ。

 しかし、そのう沢さんすごい。俯瞰できる目を持ってるし、自分でも決めれるし、女子サッカーの世間的ピック・アップの歴史を考えるなら、ペレでありマラドーナだ。世界中の女子サッカーをやってるコドモたちの間で「あの眉毛」が、カニーヒャのヘアバンドのように流行するだろう(無責任発言)。

 いやしかし、MVPでもあるし、得点王でもあるし、プレースタイルから言うと彼女はマラドーナであるしバッジォであるとするなら、そうか、しかし、マラドーナは「おばさん」だったし、あのバッジォのヘアスタイルはあまりにも「バッジォ」であったことを考えると沢さんの眉毛は「汎用性」に欠ける・そして全世界的な流行は「見送り」となるのだろうか?

 いや・まてよ、フランスやアメリカの「サッカーオタクの女子」の間ではどうだろう。アメリカなんてみんな見てただろう。「敵ながらあっぱれ」な相手チームのスーパースターである。なんとかならないだろうか(なんだそれは)。

 しかし、なんかすごかった。すごかったよ。日本女子。まあ「なでしこジャパン」と言っておこう。

 それは、彼女たちのスタイルが女子サッカーの中で初めて現れた「アルゼンチン」である、ということと、勝負師としての成熟度をすでに持ってしまっている・ということなのだ。あの・2度追いついて・しかも延長で・というのは、そんな試合展開はちょっと前のドイツや、今ならウルグアイ、というような、その根拠を民族の歴史に求めるような(例えばゲルマン魂とか)説明で多くのヒトが「うんうん」と納得してしまうか・大国の間に挟まれて歴史的にものすごく「機を見るに敏」がこれまた歴史的に身に付いてるのね・なんて言われて多くのヒトが「ほーほー」と納得する・そんなパターン以外には考えにくく、しかし、なでしこたちはそのどちらでもない。

 しかし、試合展開はかなりの「成熟度」だったのだ。

 それが不思議だし、大したものだなあ・と思った。

 「素」であり「無」な感じがした。もちろん海外のリーグでも活躍する強者でもあり、そんな経験は全く無視できない。

 できないけれど、ただその経験だけを持って、その成熟は説明できないと思うのだ。

 おれはなでしこたちはキャンディーズではないのか・と思う。

 「なんだって?」

 いや・だから、「なでしこたちはキャンディーズではないのか」と思う。

 キャンディーズとピンクレディの間には「深い断絶」があって、そこは、実は日本人の中に「狙う」という概念が入ってきた瞬間でもある。

 ピンクレディになんの責任もないのだけど、そこから日本人のメンタリティは、「物事に理由づけ」を始めた。

 「なんのために?」である。キャンデーィズの頃までは、「なんだか理由のよくわからない」行動を日本人はよくしていて、そして、周りもそれについてあれこれ言わなかったのだ。

 mid70'sの頃までではないか・と思う。

 なでしこたちには、そんな「純粋性」のようなものを感じた。でも今だって意外にそう言う子たちは多いのかもしれないな。スポーツの現場や芸術とか、女子も男子化してはいるが、男のように「いいオンナといいクルマと・・・」みたいなインセンティヴとなる欲望からはやはり少し遠いはずだ。

 現実にばかり反応するような地域性も限定的だしな。今のおれの周りが特殊なのかもしらんし。その前30年ほどなんて見事な「純粋培養」だったからね・おれも・おれの周囲も。

 その象徴としてのキャンディーズだった。

 震災の・いろんな側面に与える影響って、やっぱり必死で生きている人々により顕著なのであって、感じ・考えることも多いはずなのだ。そのような機会が「おのれの努力」とともに「運命」なんてことも感じ、それは「特権的」であると感じる感覚を持てるなら、そんな条件の中、「素」で「無」な精神になれるのでは・と密かに思うのだった。

 ほら・ゲスなこと考えたり、言ったりしてるヤツってたいてい「ヒマ」やん。

 さて・あほメディアがこれでどれだけあほに騒ぐか・だけど。沢さんはどんなスタイリストが付いてもあの眉毛で貫徹していただきたい。


 プロと言うか「素」というか。


 

 

 
posted by 浪速のCAETANO at 13:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック