2011年11月04日

なんだそれは?

 世間には、本日休暇とって「四連休」なんて不届き者もいるみたいだが、おれはずっと仕事である。ま・いいけどね〜。

 そういうことにはなぜか「くそ〜」とはならない。時間が有限ってことが身に沁みてきたからだろう・と思ってる。

 何かしら社会と関わりを持って、さらに貢献できることなんてオノレの仕事の他には「さほどない」なんてこともわかってきたからだろう。

 まあ・その他の事を腰据えてやろうとするならそうもいかんが。

 そんな値打ちのあることを持つ人間もそういない・そんな気がする。オノレの仕事以上の「社会貢献」という意味に於いてはだ。

 TPP反対の署名が1000万を超えた。衆参両院の反対署名も過半数を超えた。なのになぜ、TPPへと強引に舵を切ろうとしているのか?

 TPP自体、アメリカの対中国戦略でもある。経済の問題に留まるだけじゃない。アメリカによるASEANプラス3(中・韓・日)の分断である。韓国はFTAで引き込まれ、そして日本がTPPのテーブルに付くとなると、これで中国の孤立化が明白になる。

 良くも悪くも、二つの・現在未来の超大国のどちらのヘゲモニーの下に入るか・という選択の意味もある。

 どちらも気が進まん・という気もする。「鎖国」も良いのでは・とおれは思ってる。鎖国という言葉が「アナクロ」であるなら、「保護主義」「保護貿易」ではどうだろう。

 「自由」という言葉におれたちはちーと踊らされ過ぎた。

 グローバルという言葉自体のうさんくささ・ももう一度相対化して考えるべきだ。「ワールドミュージック」という言葉はF○CKだが、その言葉の裏側にちゃんと存在した、各地の「ローカル音楽」・そのすばらしさを知る身としては、表面がグローバリズムに覆われたとしても、その功罪を全世界の人々が知る事により、深いところでの「変化なし」への希望が担保されればよい・と望む。

 「自由」は「むちゃな金儲け」とあまりにも結びつき過ぎた。

 自由は、不自由からの自由・であるべきだった。今は自由が一回りしてかなり不自由になってしまってる。

 福島原発2号機、やばいと思ってる。そしてその発表のされ方・説明のされ方がまたまた以前の感じに戻ってる。東京電力のペースに戻っている。のど元過ぎれば・な日本人には、原発事故の収束・ほんとに向いていない。じゃあ・原発自体も「向いていない」。これから何十年という時間への忍耐が、すごく短いサイクルにならされてしまったおれたちのマインドと遠くに離れてる・ということだ。どうすんの? 政治家もはやくポストを離れたい・そんなのがホンネだろうと思う。そして誰一人責任をとる事はないだろう。では・どーすんの?

 G20で「マニフェスト」にはなかった10%への消費税増税を発表すると言う。なんだ・それは?

 この世は「ギャグ」化していき、そしてやっぱり戦争が待っている。戦争するなら・革命やろ・その前に、なんてことも言ってみたい気がする。無責任発言。


 she never spoke SPANISH to me.

 
posted by 浪速のCAETANO at 14:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック