2006年09月07日

マル呑みかー・しかし

 衝撃の映像を見てしまった。写真を拡大したが、なんだかみてはいけないものみたいな気がしてじっとは見れず、「え・どこがとうなっとんねん?」とは思いつつも、おかんのヌードを目の当たりにしたときの感じ・ってなんとなくわかる?

 それはマレーシアのクアラルンプール発。6mのニシキヘビが羊を丸呑みして動けなくなってる・という図だった。羊はほとんど呑み込まれていて、しかし、なんか毛みたいなものが残ってたから、尻尾かな・あれ? いずれにせよとにかく、そのヘビは自分の身体より幅のある羊を呑み込んでいるわけなのだ。羊はアタマからイカれとったからもう窒息死しているだろう。

 でもさあ、どんな情況で呑み込まれたりするのか? カエルはヘビに睨まれると動けなくなるなんてのは聞いたことがあるけど、羊もそうだったんだろうか? しかし、そのう、いかにハラ減ってたとは言え、いかに口が、んがーっと開くとは言え、自分より幅のあるもんを喰おうなんて思うってのがびっくらこく。その食い意地に畏れ入る。そしてほぼ喰いきってしまうという初志貫徹にも畏れ入る。途中で「ん・こりゃちょっとムリかな?」なんて発想はないんだと思う。それかヘビの身体自体が消化管のようだから口に入れたその時から蠕動運動が始まってもう後戻りできないのかもしらんのかも・とも思う。

 頭から喰い始めて、まず窒息させて身体の動きを止めてからゆっくりゆっくり呑み込むんだね。ものすごく理にかなっててそれにも驚く。たまにこんな話は聞くが、実際に見たのは初めてかもしれない。あーびっくりした。しかし、そんな死に方したくないですね。

 まわりで動くものすべてが「喰いもの」であった。そこからヒトも進化してきたわけで、そのあげくに「理性」なんてものを持ったわけだけど、その理性が重たくなってきてる。やむごとなき親王の誕生と親殺し・子殺し・友達殺しが同時多発する日々だから。天皇家も大変だと思う。理想の家族を演じることが仕事なわけで、現在理想の家族なんてない上で、天皇家というみんなの幻想の中にしかそんなものはないわけだから、それが大変だと思う。自分は象徴天皇という存在を否定はしないけれど、ただ万世一系なんてウソはちょっといかんやろなあ。何かが続いてきたのは確かだが、きっとそれは「血」ではないでしょう。続いてきたのは最初は権力でのちに権威を現すなにかだったろうと思う。人は延々物事を考え続けることなんてできないから、システムを作ろうとする。そして一旦作ったシステムを保持しようとする。皇室典範というのはまさにそのことで、そのシステムが幻想を生む。そしてその幻想も物語によって補強される。古事記・日本書紀がまさにそれであって、それはいいように言えば「伝統」とも言えるだろう。でもそのときそのときの権力に都合のいい作り話とも言えると思う。ただ権力の質の変遷が物語の一貫性に影響を与える。時々辻褄合わなくなる。

 それにいちいちめくじら立てて騒いじゃうほど元気でもないのだが、あまりにみなさん手放しで喜んでおられる「慶事」なので、まあそれはそれでいいのだが、その親王が即位する時代のことを想像すると、それは30〜40年後だと思うのだが・なんか社会の変動と世界の変動がなんかものすごいことになってて、皇室自体の存在もまた今とは変わっているはずだからなにかしら不安のようなものを感じてしまう。

 もう人類は理性の頂点を見てしまっている気がしてて、種としての発展進化はもう終わってて、しかしテクノロジーは慣性で発展するものだから、その対象としては次は内へ内へと入って行くしかなく、しかし、内部を客観化するって必ずしも幸福なことではないと思うのよ。ノー天気に今まで生きとったやつが、「キミのノー天気の根拠はここにありました」なんてカウンセリングされるみたいなもので、そうやって人によっちゃ持たんでもいい客観性を持たせられて・みたいな、長嶋茂雄みたいな人はもう現れないというか、B型にとってはさらに生きにくくなる世の中が待ってる。何かに反抗してりゃよかった時代はハルカ昔に終わり、何か小ちゃなモノでもいいから「作る」ことが大切なのだが、でもたまにそんなことがかったるくなり・ジレて先のヘビのようにムチャをしたくなる自分を見る。いかんのだけど・な、これがまた。
posted by 浪速のCAETANO at 12:21| Comment(1) | TrackBack(1) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おああ!
こういうことですね。
ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/788985.html

ぜんぶ凄いけど最後のヤツ凄い。締め殺してからキリン丸呑みですよキリン……。

おれもう外国行かない。
Posted by 怖いもん好き at 2006年09月07日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ヘビが羊を丸呑み!!!
Excerpt: よくもまぁ、食べられたもんだ。 ていうか、そんなデカイもん食べようと思うなよ!!
Weblog: 出会い迷走組曲
Tracked: 2006-09-13 15:09