2012年01月13日

たわごとながら

 三権分立を「こんなん形だけやねんけどな」と言って教えなきゃいかんのは非常に恥ずかしい事なのよ。

 小沢くんの裁判、そしてJR西日本の裁判の「無罪判決」は今後、東電にも「無罪」が出る可能性もあるよ・ってことをほのめかすものだから。

 小沢くんは正味の「無罪」だと思う。ただし、あれだけ彼のチカラを削げば、それを企てた人たち・目的達成でしょ。

 政府と官僚は、おそらく、福島のあの地域を「見捨てたい」のだと思う。見捨てれば、お金いらんもんね。事故後の「チェルノブイリ」化・の状態に固定したいのだと思う。ひどい話だ。三陸は天災だとしても福島は間違いのない「人災」なのに・だ。

 JRの事故が、JRに責任がないとするなら、日本はものすごい「野蛮」な国ということにならないか。何百人ものヒトが「事故」で死にっぱなしか。原因つうのがあるだろうよ。原因には組織とか制度とかテクニカルな意味での責任は付いてまわるんちゃうん?それとも死んだ運転手の「責任」とでも言うのだろうか。そんなことにならない?

 一体どれほどのヒトが「メディア」の報道を「斜視」で見ているんだろうか? 「ほんまか〜?」って。

 震災後の様子を見ていると、結局不幸な人が何百万人か増えただけで、なぁんにも変わっとらんということに気づく。

 ヒト・の問題か、制度の問題か? ヒトを変えても余計に悪くなった・ってことは「制度」の問題ではないか・という仮説が成り立つ。

 おれたちに「選挙権」はある。しかし、選挙権しか・ない。選挙が終われば、選挙民は「奴隷」となる・と誰かが昔言っていた。ルソーだったか・と思う。おれは大阪市民であるし、となると橋下くんの奴隷か・それはヤだ。

 昨日・グリーだったっけ、の社長の記事を日経で読んで、少し違和感を感じた。

 彼は、自分たちは石油も鉄鉱石も使わない。「もの」ではないものを作って経済を廻している。それが誇りである・と言っていた。

 なるほど、「地球本体」には迷惑かけとらんよ・と言いたいのだな・と思った。ご立派。

 ただ、生物としての人間の変容には「貢献」しているよね。その変容・はどっちにどう曲がっていくか、わからない「コワさ」を秘めている。

 もちろん、彼の言い分の「化石燃料」や「鉱山資源」を使う事による・例えば「CO2」や「温暖化」の原因からは最も遠い企業・という意味でプライド持ってるのはわかる。だけど、ヒトのアタマん中をそんなに「いらって」いいものだろうか。「ホリック」のコドモ、仕事柄おれは多く知っているがホント「ホリック」なのね。本を読む・とかとは全く違い、それはTVを見ることからTVセットの外側の環境を消し、ヒトを「その世界」に埋没させる・そんな作用があるよね。しかもコドモ〜若者がターゲットであるよね。

 人間関係のちょっとした軋轢が原因で、人間関係そのものを構築できないヒトもまあ増えている。そこんとこ因果関係ってまだ歴史の新しいゲームのせいってのはなかなか言えんとは思うが、殺伐とか孤立とか、「社会性」とはまるで対極にある概念がそこには見えたりしてる。

 それは「慰め」よね。「自ら慰める」いやーん。そっち方面のめんどくさくなさ・もわからんでもないが、「本チャン」の・・・もやっぱりいいもんね。ただ、すぐに・・・・lessにはなるが。EDが何いうとんねん・ってチャチャは今はなしね。

 そう考えると、ゲームやっていようがいまいが、現代の病理は等しくみなさんへと散布されていることに気づくのだけど、つまり等しくスポイルされている我々が「前提」になっとらんのかい?

 ちょっとぐらいスポイルされてて「現代人」という気もするのはわかるのだけど、時代はもひとつ先へと進もうとしてる・そんな気にもなっている。

 おそらく「ダークなSF世界」と「青空の下での昼メシ」そんなものを行き来しながら「おれは」生きていくのだと予想するが、それはテクスチュアのヴァラエティが自分は欲しいからなのだ・とわかっているからそう言えたりもする。

 それを「ダーク(なのは隠しといて)なSF世界」のなかに「青空の下での昼メシ」を含んでしまおうという試みに見えてしょうがないわけなのよ・そのゲーム世界というのが。

 ま・世代的に「アナログ」でした・と言ってしまえばハナシは終わる。しかし、アナログ・デジタルなんて区分ももうさほど意味はない。解析していくなら、みなさん「無自覚にデジタルだった」わけで。

 そのデジタルであったこと自覚しないで「アナログ」だったつもり・ってのが今貴重なのだ・とおれは思う。そこにはなにかしら「余地」なるものが残されている・と思えるから。

 ニッチをどんどん埋めていく。それは現代マーケティングの「大きな市場」を期待できないそんな時代のあだ花ではあるが、でもさ、必要ないものを結局おれたちも買わなくなってきてるでしょう? 倍率を上げて対象を拡大して、また細分化があって、ちっちゃなフィールドをぐいっと広げる。そんなことの繰り返しで「荒野」ができるわけだしね。毛ぇ生えんわ〜・という気がするのだ。


 ダサさが善いわけさ。

 

 

 
 
posted by 浪速のCAETANO at 16:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック