2012年09月17日

他人の同窓会に

 他人の同窓会に乱入してしまった。こう言うと突発的な事故のように聞こえるが、さにあらず。予定してたんだった。

 あおみ店長の世代は、うちの塾でもものすごく盛り上がりヒトも多かった・団塊ジュニア世代であって、その中学校の同窓会に、元生徒たち、どーしてる(どーなってる?)と思い、髭の男を連れて行ってきた。

 もうみんな見てくれはりっぱなオトナだ。当たり前か。そして、そうか、あやつもこの世代だったか・といった再会もあり、三年F組の髭の男もそない違和感なく、馴染んでいた。

 最後のカラオケまでお邪魔してしまった。行く気はなかったのだが「店長命令」により。その後、さすがに「最後の乱れタイム」が近づき、ここ・おれらおよびじゃないよね、と店長を放置して二人で帰る。

 自分の38歳のときの同窓会を思い出したが、あれはトドムンドをやる1年前。時間過ぎるのって早い。ほらほら、キミたちもさ、あっという間におれの年になるのだよ・わかってる? これからなんだかハードな時期が待ってるよん・がんばってね。そんなことを言いたい心境である。もう十年後の同窓会の「惨劇」はびっくりすんでー。これからの十年とはホラー映画の仕込みの時期です・なんちって。

 元生徒たちとうちの店で飲むのを楽しみにしている。
posted by 浪速のCAETANO at 12:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック