2007年01月03日

後輩達の・・

 まあ健闘虚しく母校は東海大仰星に敗れ、今年もベスト4の壁は高かったのだが、まあユニフォーム同様すがすがしく散りました・最後に2トライ返して意地を見せたとこは良かったんだけどね。試合中2人が東海大仰星の首へのタックルとレイトタックルで使いもんにならんようになり、交代を余儀なくされて、レフェリーから怒られた東海大仰星の選手の「すんませんすんません」にはイタリア及びラテンのサッカーの中で行われるエグいファールの後の「あーワタシなんてことしてしまったんだろう・そんなことする気は露ほどもなかったのに、何かの間違いにちがいありません・おお神様」とレフェリーに哀願するかのような雰囲気もあり苦笑するのだが、大阪人はラテン人であったりするわけよね・やっぱり。そんなこともあり、厚顔度において長崎のヒトって大阪人にはまだまだ足元にも及ばず、それが実はベスト4への条件だったりするのかもね・などと思うわけだった。
 しかし、前回の試合同様おかーちゃんらの「負けるなー」はそこにあり、団長のようなおっちゃんがいて、「・・・くんのただいまのタックルにはくしゅーー」などと煽るものだからおれも「いえー・ぱちぱちぱち」などとそれなりに参加するわけだった。

 野州高校のサッカーというのを去年見ていなくて見たいなと思っていたら今年は負けちゃったみたいね。管理に勝ち続けるのはやはりちょいとムヅカしかったか?

 神戸製鋼の選手の取材とかがあったからかな・ラグビーが面白い・最近。今回のように何かに感情移入できればいいのだが、まだそこは勉強不足。しかし、その気になればあっという間にそれはできる。まあ冬の楽しみがひとつ増えてよかったかな・という次第。

 しかし母校の後輩達、これから受験勉強大変だが、まあがんばってみようかな・とエールを送り、超レアなすがすがしい終わり方をしてみるのである。
posted by 浪速のCAETANO at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック