2007年03月09日

・・素通り・よりはじめて

 うーむ・現金素通り病だ。

 ヒトは何かが過剰で何かが不足するものだから、ま・しょうがないっちゃしょうがないのだけど。慢性現金が不足しているぜ・万歳(まんせ〜)などと結果的に自らを虚しゅうさせることでも口に出しとかないとモタんのだ・放っといて。

 サーブの車検が通らないらしい。ホイールがフェンダーの幅より出っ張ってるという。前回・前々回それで通ったのだ。なんでまた? 車検が厳しくなったという「噂」は聞いていた。だけどそれは改造車とかさ・そういうもんが対象でしょ。おれのマジメサーブがなんでなん?

 お役所仕事の融通のきかなさは正にビューロウィスティック。前通ったじゃん・なんてのが通用せんわけね。で急遽純正のホイールを探さないといかんことになった。バカげている。サーブオーナーだれか「貸して」くれんかね。

 8vもまたオーディオはカセットである。サーブもカセットで、最近それって珍しいらしく、乗ったやつが「給食費」払えん家庭の子を見るような不憫さで「まだ」カセットテープなんですか? など言われるが・悪い? 悪いのか・なー・悪いんかい?

 音質とかそーゆーことじゃなく「何」聞くかということが大事なわけで、さらにおれのアナログ(CD未発売の)を再生するのに昔からカセット作って編集してたりしてたわけよ。もんのスゴい時間かけてるから、そんな気力は今ないわけ。それに買ったクルマがたまたまカセット付きのやつばっかしで、Mグに見つけたったY10はCDだったけど、ただクルマでCD聞く方がカセット聞くよりエラい・なんて思っとる低能がまだ世の中にはわんさかいて、おれは「音源」が大切なわけで、今はさ、iPod飛ばせばチューナーで拾えてそこそこの音質なわけよ。だから家にあるウン千枚のCDとかクルマで聞く必要もないわけね。わかっとらんのよ・わかっとらん。音質の良さというのは大切だが、それはつまんない音楽でもアレンジで聞かせられると「ほぼ同義」であって、そこんとこは本末転倒です。ギター一本でもいい音楽は成り立つ。そーかー・と今、長渕剛を思い起こした方は風呂場で血管切ったらいいと思う。

 と・いうように物事というのは「通じない」ディスコミュニケーションの時代なのだが、アホに合わせててほんとにいいのかな・ほんとにほんとにいいのかな。

 8vがやってきて、昨日はtutorにも乗って行ってしまったのだが、今まさに調教開始したとこなのでなんとも言えないけど、ま・少々「誇り」に思える・というものだ。乗ってお金持ちっぽいとかそういうことからは遠く、ものすごく速いということからも遠いのだが、やっぱり少々「誇り」に思える・というのが正しい。純正アルファエンジンは75以来2度目、そしてこれが最後の純正である。75はv6だったが今回はツイン・スパークだから軽快。この2つのエンジンがアルファロメオの財産(遺産?)なのだから、よく味わって・と思ってる。サーブはコンヴァーチブルだからドライヴァーズ・カーではないし、ドライヴァーズ・カーがひとつあってもいいもんね。まあ・どこが壊れてくれるか楽しみだが、昨日もディーラーから「でもいいでしょ・そのクルマ!!!」なんて連絡があったが「調子いいよ・今日のとこは・へへへ」なんて答えるわけけだけど、その「へへへ」にイタフラボログルマ13台の含蓄がある。まあでもね・当たりかハズレかは時間が教えてくれる。そのためには「保険」のサーブの車検なんとか通さなきゃ。
240x320.jpg言わばわたしのエンタープライズのようなものね

 
posted by 浪速のCAETANO at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛車精神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック