2014年03月17日

唐突に、アキラ

相撲を見てた。大阪場所。遠藤がおもしろい。

館内アナウンスを聞いてて前々から感じてたこと。たとえばこうだ。東方、関脇豪栄道大阪府寝屋川市出身境川部屋、西方、大関稀勢の里茨城県牛久市出身田子の浦部屋、行司は大丸1大丸1︎代目式守勘太夫、ここまではええのよ。格式も維持してる。笑うとこも一つもない。おれが「?」となるのはそのあとである。

呼び出しは「アキラ」。

ここですよここ。アキラ。

いやー、なんていうか、そこだけ突然軽いというか。ほかにも「ひでお」「じろう」というのもいる。立派な仕事してるよね。あきらもひでおもじろうも。

そこ、いつも「ずる」と滑るなあ、なんて思ってました。ちょっとした「ホモ臭」も感じたりもした。以上。

さて、休日で、でもやんなきゃあかんこともありつつも、思わずU tube巡りで時間を過ごす。過ごしてしまう。

本日の目玉はBOWIEの78年@NHKホール。しっかり「BAND」だった。エイドリアン ブリューもカルロス アロマーも「一員」。エイドリアンのギターはおそらく日本初お披露目だったろう。

もうひとつはおそらくみなさん分かんないだろうと思うが、「Stiff Tour」。DEVUEしたてのコステロやIan Duryが見事にバスで移動してイギリス国内だと思うが、あちこちで演奏する。そのレコードを持っていて、擦り切れるほど聴いたが、みんな映像でも当たり前ながら若くて初々しいし、見事にノーフューチャーを生きる、そんな無鉄砲さとある時に見せる退廃的な態度が、自分の当時を思い出させる。

あといろいろ見て結局仕事できず。まあ休みだからええか。

そうこうしてるうちに、20年振りにDylanの30anniversary concertがBSで。LOUがででいた。ジョニー ウィンターの強烈なHighway Revisited61 何回見ても凄い。ロン ウッドスカしてるねえ、芸能人。リッチイ ヘヴンズのフレット親指押さえも懐かしいね。しかし、これぞトリビュート。見落としてたこともある、当時、22年前。

もうすぐ坊主でもブーイング受けても美しいシンニード オコーナー。衝撃的だったねえ。そしてそれを収めるかのようにニール ヤングが出てくる。師匠ニール ヤング。親指トムのブルースは忘れられん。WELD出した後すぐの頃で、ビグスビイのアームも絶好調というタイミングだったなあ。バックが夢のような。ステイーヴ クロッパー、ドナルド ダック ダン、ツイン ドラムはアントン フィアとジム ケルトナー。もう一曲、All along the watchtower。

でもニール ヤングとMG,sのお二人が一緒にやるなんて考えもしなかったなあ。この後ー彼らをバックにアルバム作るもんね。オーテイスのバックだった彼らがね。おそらく気持ち的に彼らがニール ヤングへ心情的に近づいて行ったってことなのだろう。リヴォン ヘルムとやった頃が最高だった。RCO All Starsだね。

ジョン クーガー メレンキャンプのバックにはアル クーパー、オルガン弾いてたね。How does it feel?

22年前かあ?カウボーイズ始めた頃だったね、ソンナ バナナがあんまりやれなくなって。

Dylan tributeは本日一時間半。後半もありますがおもしろくないです、あんまり。E.C.とかなんの興味もないので。

本日、早めに寝て、明日は仕事しよう、絶対。

posted by 浪速のCAETANO at 01:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック