2014年05月30日

Everyone's in love with you

<Everyone's in love with you>

キミを友達に紹介するよ。
するとそれがキミを見る最後になるとは。
世界中がぼくのBIG SECRET を知って
そしてみんながキミに恋をする。

キミの微笑みに魅せられ、そして
キミのやることすべてをみんながコピーする。
今キミと一緒に居れたらどんなにいいか、なんて思う。
だけど、みんなキミに夢中だ。

神は与え給う、神の知恵。
それはキミの微笑み。
ま、当たり前のことだけどね、元から分かってた。
仕事場で、人の家で、
ぼくだっていろいろ人に紹介されたりするが、
みんなが知りたいのはキミのことばかり。

クソーと思うが少しだけ誇らしくそんなダブルバインド。
キミを殺したくてKissしたい、そんな。
キミは出合ったみんなのものになる。
みんなキミに夢中なんだ。

神は与え給う、そして奪う。
ぼくはそんなに物分りのいい人間でもない。
甘く、切ない、そして奇妙な感覚。
キミがぼくの友達みんなにしてあげてることなんて許せない、たぶん。

ヤキモチ焼きつつ、でもちょっと誇らしい。
殺したくもあり、Kissしたくもあり。
キミは出合ったみんなのものとなった。
みんなキミに恋してる。
みんな、キミに夢中なんだ。

by David Byrne

translated by marutanikaz
posted by 浪速のCAETANO at 11:14| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞David Byrne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック