2014年06月01日

slow moon's rose

もう完全に「突然ながら夏」。もう半パンだし、もう戻れない。そんな気がしています。

トドムンドは本日臨時休業で、その代わり明日営業しています。

今週は6日(金)が、盟友カオリーニョ藤原がレコ発LIVEでトドムンドにやってきます。「カオリーニョ藤原の真実」そんなタイトルだったと思います。

そして8日は、中津高架下エイドのイヴェント@ピエロハーバー。こちら関連では「すっぽんぽんズ、ザ モルモッツ、ターボー、久しぶりのキング堀内、浪速のカエターノ」が出演します。ホストライヴのような、ね。しかも入場無料ですので、CHARITYだからね。昼の12時から始まって4時に終わるという「健全LIVE」。気軽にお越しくださいね、どちらも。お待ちしています。

しかし、早くも夏だねこれ。もう「ヨレてます」。そんな時には;

とっても「ヒンヤリ」する曲です。St.VINCENT シンドロームから解放されるのはSLAPP HAPPY ダグマー クラウゼの声に浸る時が唯一。いや、別に解放されるのを望んでるってことでもないんですが。

「SLOW MOON' S ROSE」

銀の格子の上、もうすでに「遅い月の薔薇」が育つ。
そこでは北極の川は凍り付き、
海は凍りだす。そして雪の朝がやってくる。

そして飛び立った鳥たちはうたをもう歌い切り
青いグラスの中に囚われる。
まるで帆船のマストが氷に固定されるように。

その川のそばで、わたしは「遅い月の薔薇」を摘み、
夜が終わるのを鼻の先にある宝石と共に見る。
語り部のカタツムリは跡を遺し、
太陽の下でハンターたちの黒く旧式の銃から逃げて行く。

by ANTHONY MOORE(SLAPP HAPPY)

天六でチャリをパクられて悲しんでます。
posted by 浪速のCAETANO at 14:21| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 Slapp Happy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック