2014年06月05日

The Apocalypse Song

「The Apocalypse Song」

待って。
わたしは光よりも速い。
身体の中の炭素は10億年の時を経ている。
あなたは両眼を縫い目で覆われた状態で目が覚める。
そしてわたしにわたしの身体を与えない。

時が来た。あなたは光。
あなたはみんなを構成するものを怖れているのだと思う。
これまでのあなたの祈りはたった一度の呼吸も同然。
どうかあなたの勝利が続きますように。
そしてわたしには取るに足らないような死を。

時が来た。あなたは光。
あなたはみんなを構成するものを怖れている、おそらく。
だから黙示を繰り返しながら通りへ出てみなさい。
あなたの祈りは狂人が一点を見つめる、そんな風よ。

by st ヴィンセント


梅雨といえどもまだ本格化はしていず(おそらく)今日はクルマで走って快適。江坂まで買い物に行く。本当はも少しDRIVING AROUND北摂っちゅうのをしたかったのだが、そしてHIRO コーヒーでマンデリンのpotをゆったりと飲みたかったのだが、ゴミ出すのを忘れてたことを気づいて、クソ〜と帰ってくる。クソ〜だ、ホンマに。小市民、だはは。

St.Vincentの歌詞にはキリスト教関連のモチーフがよく出てくる。南部出身とも関係あるかもしれない。彼女はis from Dallas ,TX.
posted by 浪速のCAETANO at 14:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック