2014年06月07日

Psychopath

「psychopath」

サイコパスみたいにハイウェイを走るの。
燃えるような思いと激しい怒りを背負いながら。
賭けてみたいわ、その賭けを取り戻せるかに。
今、心臓発作になりかけてるから。

あなたは「ハニー、心配するなよ。
隔たりってのはまさに吹いてる風みたいでさ。
燃えさしと小ちゃな火を消して、その代わりに
大きなのを燃やし続ければいいんだよ」という。

だからわたしは砂の上に立って、そこで言う。
「今までで最高の日ね」と。それ以上のことはなにもない。

すべてのものが動き続けててもわたしだけは
あなたの焦点の定まらない視界の中に居させて。
みんなが家へ帰ってもわたしのはっきりしない
視界の中にあなたを居させるから。
すべてのものが動き続けててもわたしだけは
あなたの焦点の定まらない視界の中に居させて。
みんなが家へ帰ってもわたしのはっきりしない
視界の中にあなたを居させるから。

by St.Vincent
posted by 浪速のCAETANO at 11:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック